1. 転職/求人情報ならジョブセンスリンク
  2. ハローワークの求人情報
  3. ハローワークの給付金まとめ(失業保険編)
ハローワークを活用する

ハローワークの給付金まとめ(失業保険編)

ハローワークでもらえる手当の中でも、最も大きなファクターを占めるのが、「失業給付金」です。これは「失業保険」や「失業手当」とも呼ばれることがありますが、基本的には同じものです。今回は、そんな失業保険のもらい方について見ていきましょう。

失業保険給付、そのために必要な条件

失業保険というのは、単純に「職を失ったり、辞めたりした後にもらえるためのお金」ではありません。
むしろ、「次の職を探すための間の生活費用や転職活動のために必要なお金」という意味合いがとても強いものです。 そのため、失業保険をもらうためには下記3つの条件があります。

  • 求職活動をしており、職に就く意思があること
  • 雇用保険を納めていた期間があること
  • きちんと必要書類をそろえていて、相談を行っていること
  • 職を辞めて一定の期間が経っていること

それぞれの条件について、詳しくご説明しましょう。

面接に行く前に必要なこと

求職活動と言われても、具体的には何をすれば良いか分からないという人もいるでしょう。より一般的な「自己都合によって辞めた人」の例から、詳しく見ていきます。

失業手当を受けるためには、3カ月間で3回の求職活動を行います。そして翌月には2回、さらにその翌月には1回の求職活動が必要です。これはあくまで「最低回数」であるため、現実的にはもっと多くの求職活動を行うのが理想的です。

ハローワークでの仕事検索

では、「求職活動」として認められるのはどういう行動なのでしょうか。

  • 面接などに応募する
  • 講習会や職業訓練を受ける
  • 職業相談を行う

これらが代表例となります。ちなみに、求人情報を探して相談したということでも、求職実績として認められます。

期間・書類・待機期間について

失業手当を受けるための手続きには、雇用保険を納めていた実績が必要になります。その条件は、「1年以上勤めていて、半年以上雇用保険(働いた「時間」によっても左右されます)を納めていた期間がある」ことです。この条件を満たしていれば、アルバイトでも受けられます。

ハローワーク求人での面接にあたっての書類作成

必要な書類は離職票を交付してもらい、雇用保険被保険者離職票を受け取り、かつ受給説明会で雇用保険受給資格者証失業認定申告書を受け取るという複雑な手順が必要になります。この流れはかなり分かりにくく煩雑ですから、あらかじめしっかり説明を受けましょう。 尚、自己都合で辞めた場合は約3~4カ月後から、会社都合の人は約1か月後から給付されます。もらえる金額は、辞める半年前~直前の金額を180で割ったものです。

注目の求人条件

求人特集リンク
求人掲載をお考えの企業様へ