1. 転職/求人情報ならジョブセンスリンク
  2. ハローワークの求人情報
  3. ハローワークに求人掲載するには?
ハローワークに掲載する

ハローワークに求人掲載するには?

ハローワークで求人募集をする方法は、なかなか煩雑です。まず事業所がある場所のハローワークに出向き、事業所登録を行わなければなりません。尚、事業所登録は初回のみ必要な作業です。


ハローワークでの事業所登録

事業所登録を行ったら、「こういう人材が欲しい」という旨を求人の申込書によって提出することになります。この際、企業の特性を伝えるとともに、自社がいかに魅力的であるか、あるいはいかに働きやすい職場であるかを上手にアピールする必要があるでしょう。求人の出し方を変えて掲載するだけで、応募者の数がまったく違ってくることもあるのです

募集を出すときは、アルバイト募集なのかパート募集なのか、それとも正社員募集なのかをハッキリさせておきましょう。これによって、応募者が戸惑わなくて済みます。尚、アルバイトとパートは厳密に言うと区別されませんが、現在は「パートタイム」という言葉の方が、アルバイトより長い時間働く雇用形態と思われることが多いようです。

ハローワークの審査基準はとても緩く、明らかな虚偽記載などでなければ、断られることはほとんどないと言われています。無事に求人が受理されれば、求人票と事業所確認票が渡され、ハローワークでの求職者募集が始まります。

どうせなら、他のサイトも利用するのが良い

もちろん、ハローワークは優秀な求人手段です。誰でも使えますし、失業手当などを受けるために、失業した人が一度は足を運ぶ場所のため、求人情報も目につきやすいでしょう。特に地場に強い企業であるのなら、地元住民が求人広告を見るハローワークは、メリットが大きいと言えます。

しかし求人情報は、ハローワークにしか掲載してはいけないものではありません。より多くの人々に求人情報を届けるには、ハローワークに限らず、別の手段も利用すると良いでしょう。幅広く求人情報を出せば、それだけ応募者の数も増えるはずです。

また、ハローワークは基本的にその地元の情報しか載せません。しかしその他の求人サイトならば、インターネットを通じて全世界に発信されます。異なる地域に住んでいる人であっても、「仕事が見つかれば転居しても良い」と考えている人がいれば、十分に採用対象者となりえるでしょう。そうした人々にも求人情報を届けるには、求人サイトの利用が有効です。

安心できるサイトを選び

企業側にとっても、そして求職をする人にとっても、一番重要なのは、「いかにして安心できるサイトを選ぶか」ということです。
企業側にとって誠実ではない求人サイトとは、多くの場合、求職者にとっても不利益なものとなります。もちろん、これは逆のことも言えるでしょう。このようなサイトを利用してしまうと、理想的な求職者からの応募も期待できません。

安心できる求人サイト選びについて

安心できる求人サイト選び。その選択肢の一つとして、ジョブセンスリンクが挙げられます。なぜならジョブセンスリンクでは、求人情報を登録しても費用が一切発生しないのです。

求人情報を出しても、応募がなければ意味がありません。コスト面でのリスクを考えれば、無料で求人情報が登録できるという点は、企業にとって大きなメリットといえるでしょう。また、利用する求職者が多い媒体のため、必然的に求人情報をより多くの人々に知ってもらうことができます。

ジョブセンスリンクでは、採用が決まった際にのみ、成功報酬として20%程度の成功報酬が発生します。つまり採用が成功するまでは、一切お金が発生しません。

どんな人が応募してくるのか

ジョブセンスリンクでは、企業側の希望にあわせて求人情報が作成されます。そのため、求人条件に沿わない求職者からの応募を避け、無駄がありません。また、求職者が応募してきた後は、選考などの流れを完全に企業側へ任されます。成果報酬型とはいえ、人材紹介サービスのように、すべて仲介を挟むわけではないのです。つまり採用活動そのものは、自社主体で進めることができます。

成功報酬については、さらに企業側から見て嬉しい配慮がされています。入社から30日以内に採用した社員が辞めてしまった場合は、成功報酬の半額が返還される「半額保証期間」が設けられているのです。早期離職は多くの企業にとって1つの採用課題ですから、安心して採用活動を行えることでしょう。

現在は、さまざまな求人方法があります。それぞれにメリットとデメリットがあり、企業によって最適なサービスも異なるでしょう。どれか一つだけが特別に優れていると決めるのは、大変困難です。ただそれでも、

  • 「決まるまで」はどれだけの期間であっても無料
  • 決まった後も成功報酬が比較的安い

というジョブセンスリンクは、企業側にとって強い味方になるはずです。「とりあえず求人を出してみたい」「無理に採用する必要はないけれど、いい人がいれば採用したい」という場合にも、安心して利用できます。良い人材と巡り会う可能性を広げるという意味でも、1つの選択肢として利用してみる価値はあるのではないでしょうか。

注目の求人条件

求人特集リンク
求人掲載をお考えの企業様へ