1. 転職/求人情報ならジョブセンスリンク
  2. ハローワークの求人情報
  3. ハローワークの求人申込方法や必要なもののまとめ
ハローワークを使うには

ハローワークの求人申込方法や必要なもののまとめ

ハローワークといえば、多くの人が「仕事を探せる場所」という認識を持っているでしょう。しかし、まだハローワークへ行ったことのない人にとって、ハローワークで仕事を探す方法は未知の領域です。そこで、実際にハローワークで行う手続きなどについて、ご紹介しましょう。

まずは求職登録

求職活動を行うためには、まずはあなた自身のデータを求職者登録しなければいけません。登録の仕方は、求職申込書を作ることから始まります。この求職申込書とは、簡単にいえば「私はこういう条件で働きたいです」という希望を伝えるためのものです。
記入するべき項目は、

  • 名前、住所、電話番号などの基本的なデータ
  • 職種や収入の希望、休日の希望、あるいはそれ以外の条件や職業形態
  • 今まで勤めていた会社での記録

などが挙げられます。

これを受理してもらうと、ハローワークからカードが発行されます。これが「ハローワークカード」求職、求職番号が入っています。パソコンなどで求職情報を探す場合には、この求職番号検索を使うことで効率よく職探しができるわけです。企業は求人申込書をハローワークに提出することで、求人登録を行っています。この「求職番号検索」ですが、よく「求人番号検索」という誤った名称で覚えられていることもありますので、注意しましょう。

インターネットで職探しをしていて「この求人を紹介してもらいたい」という案件が見つかったら、そのページを印刷するか、求人番号を控えて窓口に行きましょう。求人について、詳しく案内してもらえ、誰でも簡単に申し込みが可能です。こうした一連の流れが、最も簡単なハローワークの使い方といえるでしょう。

必要書類とその違い

ハローワークで失業手当や国民健康保険の手続きを行う場合、「離職票」と「離職証明書」という書類が必要になります。この2つは響きこそ似ていますが、中身は異なる書類です。

仕事をしている期間が一定以上で、また働いている時間も規定以上だった場合、失業手当が給付されます。失業手当とは、離職後の仕事ができない期間に資金給付を受けられる、離職手当のようなものです。この失業手当をもらう手続き書類として必要になるのが、「離職票」です。企業などによって「離職届」と呼ばれる場合もありますので、注意しましょう。退職手続きを行う際に、離職票の発行を求めておくのが安心です。

では、離職証明書とは何か。これは以前勤めていた会社が発行する、「この人は雇用保険から外れましたよ」という事実をハローワークに伝えるためのものです。雇用保険から国民健康保険に切り替えるときに必要となります。「保険の切り替え」に使うものですから、当然ながら退職理由に関わらず発行されます。

尚、もう1つ類似した名称の書類に、退職証明書というものがあります。これは勤めていた会社を辞めただけでなく、新しい会社に勤め始めたときに提出する必要が出てくる可能性がある書類です。

必要書類、提出書類を確認する理由

必要なものや提出書類は、個人の状況によって大きく変わります。いくつもの似たような書類があるため、分かりにくいと感じる方も多いでしょう。

ハローワークでの必要書類

しかし、こうした書類による手続きをきちんと行えるかどうかで、本来受け取れるお金を受け取らずに過ごしてしまうこともありえます。そのため煩雑に感じても、書類や証明書をしっかりチェックし、確実に手続きを進めていく必要があるのです。

尚、自己都合で退職した場合には、どれだけスピーディーに手続きを行っても、失業手当が給付されるのは3カ月以降です。(会社都合の場合は1カ月後から)そのため、手元に退職手当や退職金を残しておき、3カ月間の生活に困らないようにしておく必要があります。

ハローワークと紹介状

ここまで、利用者側が提出する書類について見てきました。しかし逆に、ハローワーク側から利用者に発行してもらう書類もあります。そのうちの1つが、「紹介状」です。

この紹介状とは、あなたを企業に紹介するための書類です。会社までの地図や面接日などが書かれており、「ハローワークがこの人を紹介しましたよ」と書類を通じて伝えます。
紹介状は、求職活動の実績などを記録する意味でも非常に重要なものです。求人企業と利用者、そしてハローワークとを繋ぐ書類ですので、大切に扱いましょう。

常に持ち歩きたい便利なもの

必ずしもすべての書類に求められるわけではありませんが、「印鑑」「身分証明書」は常に持ち歩いておくと便利です。

常に持ち歩きたい印鑑

書類の中には押印を求められるものが多く、印鑑を持っていれば、すぐにその場で押印できます。もし印鑑がなければあらためて印鑑を持参する必要が生じ、とても非効率です。

また、免許証などの身分証明書も、本人確認をする上で非常に重要です。身分証といってもいろいろありますが、運転免許証のように写真と名前の入った書類が好ましいでしょう。財布や名刺入れなどに、いつも入れておくと安心です。

注目の求人条件

求人特集リンク
求人掲載をお考えの企業様へ