手話通訳者の転職/求人情報|職種大辞典

職種大辞典

中小企業診断士・CAD・ベンチャーキャピタル・・・職種大辞典でお仕事の種類を徹底解説。あらゆる職種を紹介します!!

手話通訳者

手話通訳者の職業紹介

手話通訳者とは、聴覚障害者のためのコミュニケーションツールである手話を用いて、聴覚障害者と健聴者(耳が聞こえる人)との会話を通訳し、聴覚障害者をサポートする職業です。 聴覚障害者に対しては健聴者の話し言葉を手話や筆談、身振り、口話などあらゆる手段を使って伝え、また健聴者に対しては、聴覚障害者の手話を読み取り、話し言葉に置き換えて伝えます。

手話通訳者になるには

手話通訳者になるためには、資格が必要というわけではありませんが、各都道府県で実施されている手話通訳者養成の講習会を受講したり、地域の手話サークルで手話を学び、聴覚障害者との交流の中で手話通訳の経験を積んでからこの職業に就く人が多いようです。 資格試験としては、厚生労働大臣認定の「手話通訳技能認定試験」があります。聴覚障害者情報文化センターが実施しており、合格後、登録した者を「手話通訳士」と呼んでいます。また、この他にも、全国手話研修センターが行う「手話通訳者登録試験」や各都道府県が行う「手話通訳者認定試験」などがあります。

手話通訳者の労働条件

手話通訳者の職場は、各都道府県庁や市町村役場、手話通訳派遣センター、障害者福祉センター、社会福祉協議会、聴覚障害者団体などがあります。また、派遣センターなどに登録して非常勤で通訳活動をしている登録手話通訳者もいます。 手話通訳は、聴覚障害者の日常生活のあらゆる場面に必要とされますが、まだ手話通訳士や登録者の人数は多くありません。公共施設などが整備されつつあることから、今後も需要が増えると思われます。

一発検索

一発検索で探す

職種
年齢
勤務地
給与

会員ログイン

ピックアップ企業

注目の積極採用企業!

株式会社エムプラス
株式会社リビングボイス

もっと見る

ジョブセンスリンクへのご意見、ご感想

利用されて使いにくかった点やご意見、ご感想をお聞かせ下さい

退会やメールに関する質問はこちら

求人特集リンク
求人掲載をお考えの企業様へ