「ピッタリ」にめぐりあう

  1. 転職/求人情報なら転職ナビ
  2. ハローワークの求人情報
  3. ハローワークの職業訓練まとめ(介護編)
ハローワークを活用する

ハローワークの職業訓練まとめ(介護編)

高齢化社会と言われるようになった今、介護業界は常に人手不足です。そのため、福士や医療に関連する資格を取っておくと、就職先に困ることはほとんどありません。このような現状を鑑みて、ハローワークでも福祉系の資格を扱うようになりました。

どんな資格があるのか

介護系の職業訓練としては、介護職員初任者研修などが有名です。かつてはヘルパー2級という資格がありましたが、これは2013年の4月に廃止され、4月以降はこの名称で呼ばれるようになりました。また同様に、介護職員の基礎研修も終了しています。

介護職員の初任者研修という言葉からも分かるように、今まで介護職の経験がなくても、1か月程度の学習で資格を得ることができます。基本的な職務の概念から学んでいき、130時間の講義を受けた上で、修了試験を受けることになります。この修了試験に合格すれば、介護職員として働くことができるようになるわけです。

介護福祉士との違い

介護職員初任者と介護福祉士との違いについて

よく誤解されがちですが、介護職員初任者研修は介護福祉士とはまったく違う資格です。より正確に言えば、介護福祉士の下位資格となります。

介護福祉士になるためには、実務者研修が必要です。この実務者研修には、本来ならば450時間を要します。ただし初任者研修を修了している者であれば、320時間の研修でクリアできます。

介護資格の強みとは

介護資格を取得する強みというのは、基本的には働き口に困らない点にあるでしょう。多少ブランクがあったとしても、介護施設では採用されることも多く、非常につぶしが効く職業だと言えます。
また、すでに介護系の資格を取っている人の場合は、ハローワークでもすぐに仕事が見つかるでしょう。ハローワークへ足を運ぶと、介護求人の案件がいかに多いか、その数に驚くはずです。

さらに介護系の仕事には、次々とランクアップを目指せるというメリットもあります。先に触れた介護職員初任者研修は介護系の資格として一番下位の資格ですが、次に実務者研修、そしてその次には介護福祉士、さらにその上にはケアマネージャーがあります。

介護職のキャリアアップ、キャリアパス

より上位の資格取得を目指すことで、できる仕事が増えていきます。当然それに伴い給料も上がっていくでしょう。

これから先、介護系の資格はますます重要になってくることが予想されます。そうした需要に加え、スキルアップしていくという面白さもあるため、ハローワークが斡旋する職業訓練の中でも、介護職員初任者研修はかなり有用性の高いものと言えるのです

注目の求人条件