「ピッタリ」にめぐりあう

  1. 転職/求人情報なら転職ナビ
  2. ハローワークの求人情報
  3. ハローワークの職業訓練まとめ(医療事務編)
ハローワークを活用する

ハローワークの職業訓練まとめ(医療事務編)

医療事務は、資格の中でも人気の高い資格の一つです。専門的な分野であり、安定した収入を得ることもできます。求人があれば、すぐにでも応募したい仕事といえるでしょう。そのため、転職にあたって医療事務資格を取得したいと考える人も、少なくありません。

医療事務のメリット

これは医療事務に限ったことではありませんが、自治体によって扱われている資格には差がありますつまり、どこの自治体のハローワークに通うかによって、職業訓練の講座も変わってくるのです

医療事務は病院が勤め先ということで、子育て世代や介護世代について理解を求められるケースが少なくありません。病院がない地域は珍しいため、もし転居した場合でも就職先を見つけることが容易です。
社員採用の場合、残業や早出がある可能性は高いものの、月収は20万円を超えるケースが大半でしょう。

介護職員初任者と介護福祉士との違いについて

パートの場合は時給が850円程度からのスタートですが、残業などはほとんどありません。

ハローワークの職業訓練を受ける場合、約3か月程度の勉強期間で医療事務資格が取得できます。しかも教材費のみで学べますので、非常に魅力的でしょう。比較的短期間で、一生使える資格を手に入れられるのです

医療事務は、なぜ取得が難しいのか

多くのメリットを持つ医療事務ですが、取得を目指すに当たってはいくつか注意点があります。

まず、競争率が高いこと。人気の講座であれば、当然ながら選考が行われます。そのため、選考対策はしっかり行っておく必要があるでしょう。
また、資格を取っても、採用では経験者優遇としている企業が多いという点もあります。医療事務だけではありませんが、まったくの初心者と経験者がいれば、経験者を採用したいというのが企業側の本音です。そのため、資格を取ってもなかなか就職先が決まらないケースもあるでしょう。競争率が高い場合、年齢不問と求人票に書かれていても「年齢が高めなら経験者を、若い世代なら初心者でも」と考えている企業も多いのです。

介護職員初任者と介護福祉士との違いについて

これらの点を払拭するためには、何よりも自分自身がしっかりと努力し、対策を練って熱意をアピールしなければいけません。「勉強するのは学校に入ってから」「会社に入ってから」というのでは、選考段階で落とされてしまいます。面接対策をきっちり行い、履歴書もよく確認して、万全の姿勢で選考に臨むようにしましょう。それが、競争率の高い医療事務を、ハローワーク経由で取得し働くことのコツです。

注目の求人条件