「ピッタリ」にめぐりあう

  1. 転職/求人情報なら転職ナビ
  2. ハローワークの求人情報
  3. ハローワークの障碍者支援制度
ハローワークを活用する

ハローワークの障碍者支援制度

障がいを持つ人々の中には、こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

「自分は障がい者だから、雇用してくれる会社はないのではないか」
「障害者枠求人があるって聞いたけど、本当に採用されるの?」
「精神障害者なんだけど、採用枠はある?」

ハローワークでは障がいを持っている人の求職活動をサポートするために、数多くの支援が行われています。

ハローワークでの職員の働きかけ

ハローワークの障がい者相談窓口について

現在ハローワークでは、障がい者の仕事を積極的に支援するために、専門の相談員を置いています。そのため、より的確かつ正確な情報を手に入れたり、適切なアドバイスを受けたりすることが可能です。

また昨今では、社会全体の障がいに対する理解が深まりつつあります。そのことから、一昔前と比較して、障がい者の採用枠が多くの企業において拡大しているのが現状です。こうした背景からも、ハローワークは障がい者の支援に積極的なのです。

障がい者枠の意味を考える

企業の求人情報の中に、障害者枠求人というものがあります。これは、「障害者の雇用の促進等に関する法律」によって定められたものです。この法律は、簡単に言うと「障害者であっても職業に従事する機会が与えられるべきであり、またその仕事に対して責任を持って取り組む必要がある」というものになります。

障がい者枠求人に応募することについて

ハローワークでは、特段の理由がなく「障がい者は雇わない」としている求人を拒絶することができます。これに対し、企業側では障がい者の人を雇うことによって、奨励金や助成金を受け取ることができるのです。

障がい者枠求人に応募することができるのは、原則として障害者手帳などを持っている人だけです。尚、ここでの「障がい者」には身体的な障害を持つ人だけでなく、精神障害者も含まれます

障がい者枠で採用されるメリットとデメリット

障がい者枠で採用されることに、不安を持っている人もいるでしょう。やはり障がい者枠での採用を視野に入れるのであれば、そのメリットとデメリットは認識しておくことが大切です。具体的なメリットとデメリットについて、次にいくつかご紹介しましょう。

<メリット>

  • 障がい者枠での採用は手帳を持っている人に限られるため、競争率が低く一般の雇用枠より採用されやすい場合が多い
  • 障がい者枠で入社していると、通院などをするときの休みが取りやすい
  • 障がい者枠を設ける企業では、仕事内容や周囲の理解など、障がい者にとって働きやすい環境である場合が多い

<デメリット>

  • 自分の障がいをオープンにする必要がある
  • 給料が一般の雇用枠よりも低くなる傾向がある

いかがでしょうか。
障害者枠求人が設けられたことで、働きたいという意欲のある人が、これまで以上に働きやすくなったことは事実です。ハローワークからのサポートは充実しているので、一度足を運んでみても良いのではないでしょうか。

注目の求人条件