「ピッタリ」にめぐりあう

  1. 転職/求人情報なら転職ナビ
  2. ハローワークの求人情報
  3. 新卒やニートや高卒など様々なハローワークユーザー<ヤングハローワークやマザーズハローワーク>
はじめてのハローワーク

新卒やニートや高卒など様々なハローワークユーザー<ヤングハローワークやマザーズハローワーク>

ハローワークと聞けば、「転職」や「失業者」というイメージが強いかもしれませんので、学生などにとってハローワークはあまり縁のない場所のように思えますが、意外なことにハローワークは様々な人に利用されているのです。様々な人に利用されていますが、意外なユーザーの例をいくつか挙げてみましょう。

新卒でも使えるハローワーク

通勤ラッシュの風景

あまり認識されていませんが、実は新卒の学生でも、ハローワークを仕事探しに利用することができます。ただし気を付けておきたいのは、一般にハローワークで扱う求人のうち、新卒者向けの求人は少ないということ。もちろん、新卒でも希望すれば面接を受けることはできますが、求人側は新卒の応募を想定していないので、採用に至る可能性は低いでしょう。

そんな新卒の方々には、「ヤングハローワーク」がお勧めです。もちろん、大学だけでなく高卒でも大丈夫です。このヤングハローワークとは、概ね29歳までの若い世代を対象として就職を応援するためのもの。若い世代向けの求人が多く出ており、新卒応援の体制も万全です。
ただしヤングハローワークは、一般的なハローワークに比べて数が多くありません。東京や北海道、長崎、鹿児島など数カ所にありますので、まずは近隣で探してみましょう。

ニートも第2新卒もOK

就職を考える際にハードルになるのが、年齢と学歴、職歴でしょう。就職活動に失敗した方やニートを経験した方などは、その経歴から「門前払いを受けるのではないか?」などと尻込みしてしまいがちです。

しかしハローワークは、どんな方でも門前払いされることはありません。ニートでもフリーターでも、本人に「働きたい」「仕事を探したい」という意志があれば、誰でも相談できます。もちろん、第2新卒でも大丈夫です。

ただし、いくらハローワークが就職を手助けしてくれる場所と言っても、何もせずに仕事を見つけてくれるわけではありません。ハローワークで相談する前に、自分がどんな仕事をしたいのか、また、勤務場所や雇用形態、業種などについても、ある程度のビジョンを持っておくことが大切です。

自信がない人は…

例えば一度も就職したことがないなど、自分に何ができるのか、あるいは何をしたいのかが分からないという方もいるでしょう。そういった方の助けになるのも、ハローワークの役目です。
ハローワークにはキャリアカウンセラーが在籍しており、仕事や働き方についてアドバイスを受けられます。このカウンセラーとの会話で、自分にできることを探すのも一つの方法です。今を変えるための第一歩として、まずハローワークに足を運んでみましょう。

また、地域によっては臨床心理士がカウンセリングしてくれるハローワークもあります。心理カウンセリングは、主に就職・転職活動に対する不安やストレスを解消することが目的です。活動中はどうしてもストレスが溜まりやすく、また、自分に自信が持てなくなってしまうことが多いため、その対策として臨床心理カウンセラーが配置されているようです。
ただし、在籍しているカウンセラーの人数、あるいは心理カウンセリングの有無はハローワークによって異なります。また、心理カウンセリングを受けられる曜日・時間が決まっている場合もありますので、あらかじめ調べておきましょう。

子供と一緒に行ける?

子供がいると、仕事探しはなかなかスムーズにいかないもの。保育園は仕事が決まってからでなければ入れないことも多く、とはいえ民間の託児施設は高額です。そうなると子供を連れて行くしかないですが、ハローワークに子供を連れて行っても良いのかは、やはり悩むところでしょう。

ハローワークで失業保険の申請をする

結論として、子ども連れでハローワークに行くことは可能です。ただしハローワークには他にも多くの求職者がいますので、子供が騒ぐなどして周囲に迷惑がかかることもあるでしょう。

また、ハローワークに子どもを連れて行くと、「子供を預けられない」と見られてしまうかもしれません。一般にハローワークの求人は、原則として「すぐにでも働ける人」のためのものとなっています。そのため、預け先がないと応募できる求人が限られてしまう可能性があるのです。

そんな子連れママには、「マザーズハローワーク」がお勧めです。マザーズハローワークは、その名の通りママのためのハローワーク。子育てしながらの就職・転職活動を応援してくれます。また、キッズコーナーが設置されているので、子連れでも落ち着いて仕事を探せる安心感もあるでしょう。
尚、名称では「マザーズ」となっていますが、パパの利用も可能。子育てしている人であれば、誰でも仕事探しができる場所です。

中高年でも大丈夫!

転職活動を行う際には、年齢が気になる方も多いはずです。

「中高年になると仕事が無いのでは?」

と、不安になる方もいらっしゃるでしょう。しかしハローワークでは、中高年などシニア世代の利用も歓迎しています。ハローワークによっては、シニアコーナーなどを設けているところもあるようです。

ハローワークでの技能訓練

仕事内容は様々ですが、中には多くの経験を必要とするような中高年にこそ向いているものもあります。シニアコーナーは、こうした求人を主に斡旋している場所です。

企業あるいは求人ポジションによって、必ずしも若いことが良いとは限りません。年齢が高いからと諦めず、まずは相談してみると良いでしょう。過去にもたくさんの転職事例がありますから、それらの情報をもとに親身になって相談に応じてくれるはずです。

すべての人の就職を応援する

ハローワークは働きたいと願い、仕事を探す全ての人を応援しています。そのため利用制限はなく、10代~80代まで様々な方々に利用されている場所です。ハローワークは国が管轄する機関であり、誰もが平等に利用する権利を持っています。ですから、どんな境遇の人でも気負わなくて大丈夫です。

ただしそう言っても、年齢や子供の有無によって相談する相手や場所は少し変わってきます。それが、先に挙げた「ヤングハローワーク」や「マザーズハローワーク」などです。もちろん一般のハローワークでも、女性・シニア・新卒などコーナーが分かれています。自分が該当するコーナーで仕事を探すのが、早く求人を見つけるためのコツといえるでしょう。

注目の求人条件