ハローワークを使うには

ハローワークはどこにある?はしごはOK?

「ハローワーク」という言葉を知っていても、利用したことのない人にとっては、実態がなかなかつかめない場所でしょう。なぜなら、多くの人は失職して初めてハローワークを利用するからです。そこで、よく抱かれがちな「そもそも、ハローワークというのはどこにあるの?」「どうやって利用すればいいの?」という疑問に、お答えしましょう。

ハローワークはどこにある?

ハローワークというものは、限られた場所にだけあるのではありません。全国に点在しており、県庁所在地などにはほぼ必ずあります。そのため、もちろん住んでいる場所によって違いはありますが、都道府県をまたいでハローワークに通わなければならないようなことは、まずないでしょう。もし住所が分からなかったとしても、電話をすれば道なども教えてくれます。そのため、ハローワークに通うことに難しさはありません。

ただし、中にはハローワークが置かれていない地域もあります。この場合はどうすればよいのでしょうか?

自分が住んでいる市町村にハローワークがない!

「遠く離れた県庁所在地にはハローワークがあるけれど、自分が住んでいる町にはない」
「失職してお金もないのに、遠くまでバスや電車で通うのは金銭的につらい」
「家事をしつつ職探しをしているので、それほど遠くまでは行けない」

こんな悩みを抱えている人にとって、非常に心強い味方になるのが「ふるさとハローワーク」です。このふるさとハローワークとは、一般的なハローワーク(厚生労働省では「公共職業安定所」と記述されています)がない市町村において、ハローワークの代わりの役割を担うものです。

ふるさとハローワークは、「●●地区職業安定所」「●●市ふるさとハローワーク」「●●ワークプラザ」のような呼び方をされることがありますが、これらはすべて同じものです。

ふるさとハローワークと普通のハローワーク

ふるさとハローワークと普通のハローワークに、何か違いがあると思う方もいらっしゃるでしょう。しかし現在、ふるさとハローワークと普通のハローワークで閲覧できる情報や、できることに違いはまったくありません。

パソコンを介して情報を共有するため、求人情報にも原則違いはないでしょう。また、仕事の紹介や面接の取り付けなども、きちんと行ってくれます。ふるさとハローワークは「ミニハローワーク」とも呼ばれますが、その内容は、普通のハローワークと変わりないのです。

ハローワークのはしご、良い?悪い?

ふるさとハローワークのように、一言で「ハローワーク」と言っても、いろいろなものがあります。そうなれば、「複数のハローワークに行っても良いのか?」と疑問に持つ方がいらっしゃるかもしれません。つまり、ハローワークの“ハシゴ”です。 結論から言えば、これはOKです。当然、その施設によってスタッフは違います。そのため、1軒目のハローワークではスタッフとの相性が悪かったという人でも、2軒目では自分にぴったりなスタッフにあたるかもしれません。 また、何よりも各ハローワークによって、「混雑する時間」というのは大きく変わってきます。そのため、「ここが一番近いけれど、自分が行きたい時間はいつも混んでいる」という状況を解消するために、ほかのハローワークに足を運ぶという人もいるのです。結果的には、いくつかのハローワークに行った方が、効率よく仕事を探せるかもしれません。

職業安定所が空いているのに、電話が繋がらない

ハローワークで希望の仕事が見つかれば、まずハローワークの担当者から企業に連絡してもらうことになります。しかし、ハローワークが空いているにも関わらず、なかなか企業に電話が繋がらないということがあります。

ハローワークに電話が繋がらない

ふるさとハローワークと普通のハローワークに、何か違いがあると思う方もいらっしゃるでしょう。しかし現在、ふるさとハローワークと普通のハローワークで閲覧できる情報や、できることに違いはまったくありません。

パソコンを介して情報を共有するため、求人情報にも原則違いはないでしょう。また、仕事の紹介や面接の取り付けなども、きちんと行ってくれます。ふるさとハローワークは「ミニハローワーク」とも呼ばれますが、その内容は、普通のハローワークと変わりないのです。