「ピッタリ」にめぐりあう

  1. 転職/求人情報なら転職ナビ
  2. ハローワークの求人情報
  3. ハローワーク求人への応募方法(求人票の書き方など)
ハローワークを利用する

ハローワーク求人への応募方法(求人票の書き方など)

ハローワークは、「職探し」をするための場所です。自分の希望に合う職業を探し、その企業へ応募するために足を運びます。もちろん妥協をする必要はありませんが、求人情報を見ていく中で、「これぞ!」と思えるものに出会ったとしましょう。「この求人情報に応募したい!」と思ったとき、まず何をすれば良いのでしょうか?

理想的な求人票を見つけたら?

ハローワークで、理想的な求人票を見つけたときの応募方法。一番簡単なのは、そのまま窓口へ行くことです。この段階で、必要なものは、以下の2つです。

①プリントアウトした求人票
②あなた自身のハローワークカード

それ以外に、必要なものはありません。印鑑なども、持参していなくて大丈夫です。そのため、
「いい求人票を見つけたけれど、印鑑がない!」
「身分証明書を持っていないから、引き返す必要があるのだろうか?」
なんていう心配はありません。尚、求人票はハローワーク内でプリントアウトできるようになっています。

プリントアウトした求人票と、自身のハローワークカード。この2点を持っていけば、ハローワークのスタッフが求人企業へ電話をしてくれます。多くの場合、この時点で面接日が決まります。そのため、前もって空いている日程を確認しておくとよいでしょう。

ハローワークの求人への応募時の連絡

「現在無職で、いつでも時間がとれる」という人ならばともかく、「次の就職先が決まった時点で、今勤めている会社を辞めるつもりだ」という人の場合は、面接日の調節が必要になってきます。どうしても先方の日程と自分の日程が合わない場合、有給などを取得することも考慮しておきましょう。

ちなみに、ハローワークカードで「情報を公開する」にチェックを入れた人の場合は、企業側からオファーが来ることもあります。これはあなたの経歴を見て、企業側が「この人がほしい」「この人の資格はウチで使える」「この人の経験や実績、ノウハウをウチで発揮してもらいたい」などと考えてリクエストするものです。

この場合、自分で選んだ求人情報に応募するよりも、ずっと採用の確率が高くなるというメリットがあります。もちろんそれ相応の知識や経験が必要ですが、覚えておくとよいでしょう。その場合、「ハローワークからの郵送」という形で、自宅に求人票が届きます。ただし企業側には、あなたの氏名や住所、電話番号は流れません。あくまで、ハローワークを仲介して紹介されます。

この「リクエスト求人」の場合でも、あなたが取るべき行動は変わりません。リクエスト求人に応じるかどうかを、まずはハローワークに連絡することになります。その後の手順も一緒で、その段階でハローワークの職員が企業側に連絡をとり、面接日時を決めることになります。
自分で求人票を探す際との違いは、「自分のスキルとベストマッチする企業からお誘いがくる」「郵送で郵便物が届く」ということです。もちろん当然ですが、「今までの仕事とは違う仕事をしたい」「条件に合わない」ということであれば、この時点でお断りすることも可能です。

紹介状について

ハローワークで求人票を出している会社の中には、「ハローワークからの紹介状が必須」としてあるところもあります。これは、あなたが確かにハローワークを経由して面接にやってきたということを証明するものでもあります。

紹介状は、応募したい仕事を見つけて窓口に行った際にもらうことができます。紹介状をもらったら、企業での面接で必ず持って行くようにしましょう。忘れた場合、応募が取り消しとなるか、あるいは改めて面接に行かなければならなくなる場合もあります。

面接に行く前に必要なこと

上記で述べた通り、ハローワークで紹介されている求人に応募するだけならば、面倒なことは何一つ必要ありません。また、あなた自身が手を動かして書類を書くということも必要ないでしょう。しかし残念ながら、そのまま何も持たずに面接へ行き、採用されるというわけにはいきません。

ハローワーク求人での面接にあたっての書類作成

多くの場合、面接には履歴書などの書類が必要になってきます。もちろん紙媒体のものを購入しても良いのですが、現在では無料でフォーマットをダウンロードできるサービスもそろっています。プリンターが家にあるのなら、ぜひこれを利用しましょう。

「履歴書なんか久しぶりに書く」
「実は履歴書を書くのは初めて」
「ちゃんとした履歴書を書いて、合格率をあげたい!」

ということであれば、書いた履歴書をハローワークの職員に見てもらうのも1つの方法です。あなたの書き方が本当に正しいのか、間違いはないのかなども確認してもらえます。
尚、まれに企業から「今すぐに面接へ来てほしい」と言われることがあります。そうした事態に備え、履歴書は「応募動機」などだけ空欄にした状態で、複数枚所持しておくと便利です。

注目の求人条件