転職ナビ

【 無料 】 業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト

まずは会員登録

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. ビジネスマナー
  2. 今さら聞けない!履歴書用の封筒に関する4つの悩みを解決しよう

今さら聞けない!履歴書用の封筒に関する4つの悩みを解決しよう

JOBSHIL編集部
履歴書や封筒を間違えて書いてしまった女性
この記事のポイント
  • 封筒に入れる前に、同封書類の誤脱・日付の間違いがないかをしっかりチェック
  • 封筒は角2、白、中身が透けない厚紙の封筒がベスト
  • 建物名や地名は省略せず、正式名称で書こう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

せっかく良い履歴書が書けたのに、履歴書を入れる封筒でイメージダウンしたくありませんよね。
しかし、履歴書用の封筒については意外と細かい部分で迷ってしまうものです。

「宛名の正しい書き方がわからない…」
「付属の封筒は三つ折りしないと入らないけど、折っていいの?」

と、今さら人には聞きにくい疑問で困っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、履歴書用封筒の選び方から、宛名書き、封筒への入れ方など基本から1つずつご紹介します。
履歴書だけでなく、封筒でもビジネスマナーをアピールしましょう。

封筒に入れる前に!同封書類の最終チェック

今回は封筒の話がメインとなりますが、転職活動において、書類選考の主役は履歴書をはじめとする応募書類です。
封筒に入れる前には、必ず書類の最終チェックをしておきましょう。

応募書類最終チェック項目
  • 誤字脱字はないか
  • ふりがなやその他項目に空欄はないか
  • (株)などの略称が使われていないか
  • 写真は曲がっていないか
  • 年の表記が統一されているか
  • 入学・卒業・入社・退社の時期に間違いはないか
  • 枠外の日付は、持参日または郵送日になっているか

履歴書や応募書類に不備があっては封筒をしっかりしたところで意味がありません。
ここまでがしっかり出来たら、今回のテーマである封筒について見ていきましょう。

悩み① どのサイズがベスト?封筒の選び方

文房具店や100円均一に行くと、大きさ・色・素材の違う様々な封筒が並んでいて、どれを使えばいいのか迷います。
履歴書を送る際に印象が良い封筒とはどういうものなのでしょうか?

履歴書用封筒のポイント
  • 色は白
  • 中身が透けない厚手の紙質
  • A4が折らずに入る角2サイズがベスト

封筒の色は白がベストです。
履歴書を入れる場合、「履歴書在中」という朱色の文字が目立ちますし、なにより茶封筒よりも丁寧で上品なイメージを与えることができます。
ただ、白は透けやすいので、中の文字が透けないような紙が厚い封筒を選ぶようにしましょう。

サイズについては、履歴書が折らずに入るものがベストです。
通常の履歴書はA3を二つ折りにしたものか、A4を2枚というもの多いですから、A4が折らずに入る角2サイズであれば問題ありません。

買った履歴書に小さい封筒がついていました。三つ折りにして入れたらダメなのですか?
三つ折りで封筒に入れても、それを理由に落ちるということは少ないでしょう。しかし、折らずに入る封筒のほうが、いちいち履歴書を開いたりする手間もなく、採用担当者の印象もいいはずですよ。

悩み② (株)はNG?宛名・差出人の書き方

封筒を選んだら、次は宛名・差出人の正しい書き方です。

書き方について知る前に、まずはペンについて知っておきましょう。

封筒は雨に濡れる可能性があるので、油性ペンを使います。
角2サイズの封筒と細いペンではミスマッチですから、ボールペンであれば0.7mmや1.0mm、またはサインペンなど、少し太めのペンがオススメです。
宛先が消えてしまうと、届かない、封筒が汚れてしまうといった可能性があるので、水性ペンや消えるペンを使うのは避けましょう。

持参する場合

宛名は郵送時に書くものですから、持参する場合は必要ありません。
持参する際は、以下の図のように、表に「履歴書在中」、裏に差出人の名前を書いて持っていきましょう。

郵送の場合

履歴書を郵送する際には、表面に宛名と「履歴書在中」という記載、裏面に差出人を書きます。

それぞれに注意点がありますので、見ていきましょう。

表面の注意点
  1. 個人宛は「様」
  2. 部署宛は「御中」
  3. 「様」と「御中」は併用しない
  4. 住所や会社名は省略せず、正式名称で書く
  5. 左下に「履歴書在中」や「応募書類在中」と朱色で書く
裏面の注意点
  1. 左下に書く
  2. 住所は省略せず、マンション名まで記入する

宛名は、採用担当者が最初に目にする部分ですから、失礼のないように丁寧に書きましょう。

悩み③ 入れる順番は?封筒への入れ方

封筒の書き方も大切ですが、書類の入れ方にも気にすべき点がいくつかあります。

封筒に入れる際のポイント
  1. 書類は履歴書を一番上に、職務経歴書→その他書類と重ねる
  2. 書類はクリアファイルに挟んで入れる

書類を入れる順番は図を参考に入れていきます。

郵送の場合は、重ねた応募書類の上に添え状(送付状)を添えて、クリアファイルにはさみ、封筒に入れます。
封筒に入れたら、しっかりノリ付けをして、〆と書いておきます。

添え状の書き方については、以下の記事で詳しく説明がありますので、確認しておきましょう。

持参する際は、添え状は必要ありませんので、履歴書が一番上になります。
封をせず、そのまま持っていきましょう。

悩み④ 封筒に入れたまま?速達?提出時のマナー

封筒にすべての書類を入れたら、あとは提出するだけです。
しかし、ここでも気を抜いてしまうのはNG。提出時こそマナーが問われる場面が多いので、注意が必要です。

持参する際のマナー

持参する場合は、渡す時に封筒、クリアファイルから取り出して、目を見ながら渡しましょう。

持参の際のマナーについては、以下の記事にまとめてありますので、訪問前にチェックしておきましょう。

郵送の際のマナー

郵送の際に怖いのが、金額の不足や手違いで相手に届かないなどの事故です。

自分で切手を貼って投函してしまい、企業側にお金を払わせる事になってしまったら…
相手のポストに入ったものを間違えて違う人が持っていってしまったら…

と思うと寒気がします。

この2つを防ぐためには、窓口から、速達での発送がオススメです。
窓口でなら金額を確認してもらえ、速達なら原則手渡しなので担当者の手元まで届けてくれます。
多少の手間はありますが、郵送時の失敗は不採用の原因になることもありますので、なるべく安全な方法で送るようにしましょう。

まとめ

履歴書とセットで扱うことの多い封筒は、応募書類の一つと考えて、疎かにしないことが大切です。

当たり前に思えても忘れていることも多い、封筒の扱い。
細かいマナーや心遣いを忘れず、印象良く履歴書を届けましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU
転職ナビ公式アプリを使ってサクサク転職活動