JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 【採用担当者の印象UP!】履歴書の志望動機が書きやすくなる5ステップ

【採用担当者の印象UP!】履歴書の志望動機が書きやすくなる5ステップ

JOBSHIL編集部
履歴書の志望動機をどうやって書けばいいのか悩む男性
この記事のポイント
  • あなたがやりたいことと会社でできることのミスマッチがないか見られている
  • 業界・会社・職種の3つの視点から志望動機を考える
  • 企業とあなたスキルの共通点を見つけてどう活かしたいかを伝えるとベスト

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

志望動機は書類選考において採用担当者が特に気にする部分の一つですが、うまく書けずに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?
履歴書の限られたスペースで「この会社に入りたい!」という気持ちを伝えるのは、たしかに簡単なことではありません。

しかし、一見難しく思える志望動機もいくつかのポイントをおさえれば、格段に書きやすくなるのです。

今回は、志望動機を書きやすくする5つのステップを紹介します。

志望動機のコツを覚えて、定型文や例文の改変ではない、あなたの言葉で採用に近づきましょう!

①面接官が知りたいことを理解する

書類・面接と全ての選考で常に考えておきたいのが、面接官がその質問から何を知りたいのかということです。
今回のテーマである「志望動機」では、以下の3つがポイントとなります。

「志望動機」から面接官が知りたいこと
  • 志望度は高いのか
  • やりたいことと会社でできることがマッチしているか
  • あなたの人柄や考え方

志望動機ですから、「この会社に入りたい!こんなことをしたい!」という思いを書きます。

その内容から、どう考えても志望動機が低い、その内容が企業の考え方とミスマッチだと感じられたら、内定を出してもお互いにとって良い結果を生みません。
そう思われないように、企業研究を繰り返し、志望動機に説得力をつける必要があります。

それでは、具体的にはどうしたらいいのでしょうか?
正攻法を知ることも大事ですが、まずはやっていはいけない失敗例をご紹介します。

②志望動機の失敗例を知る

履歴書に志望動機を書く際にやってしまいがちな失敗としては以下の様なものがあげられます。

履歴書の志望動機でやりがちな失敗
  • 「感動した!」漠然とした答え
  • 「勉強したい!」受け身な姿勢
  • 「休みが!給料が!」待遇気にしすぎ
  • 「私がいれば百人力!」謎の上から目線
  • 「通勤が楽」立地気にしすぎ

漠然とした答え

履歴書の志望動機欄はスペースが限られているので、簡潔に書こうとするあまり「社訓に感動しました」「社長の考えに共感しました」といった漠然としたことを書いてしまいがちです。
「この会社だからこそ入りたい」という具体的なポイントを見つけて語ることが大切です。

勉強したいという受け身の姿勢

勉強したいだけだと、「勉強するためにうちの会社に?」と思われてしまうことも。今すでに勉強をしているが、更にスキルアップを目指したいといった主体性のある内容で書くようにしましょう。

待遇ばかり気にする

給料が良い、休みが取りやすいなどの理由をオブラートに包まず話してしまうと、仕事に対する姿勢を疑われてしまうこともあります。
もちろん待遇も動機の一つですが、できれば仕事に対する希望などを話したほうがいいですね。

上から目線の自己アピール

アピールすることに夢中になって、志望動機がおろそかになってしまうというのもよくあることです。
自分に自信がないのはNGですが、ありすぎても引かれてしまうことがあります。面接官が知りたいことをもう1度思い出してみましょう。

立地を気にしすぎる

家から近い、地元に貢献したいというのも間違いではないのですが、仕事に関係した志望動機のほうがより良い印象を持ってもらえるでしょう。

これらのNG例に気をつけながら、志望動機を考えていきましょう。

③3つの視点で志望動機を考える

いよいよ、志望動機を考えていきます。

志望動機は履歴書に書くだけでなく、面接でも聞かれる定番質問です。
履歴書と面接で矛盾がないようにするために、志望動機を考える際は以下の3つの視点から、それぞれ志望動機を考えておくことをオススメします。

志望動機の3つの視点
  1. 会社の志望動機
  2. 業界の志望動機
  3. 職種の志望動機

この3点にわけて考えたものを「どうしてこの業界を選び、この会社でこの仕事をしたいのか」と再度くっつけると、説得力があり、矛盾のない志望動機をつくることができます。

では、具体的にどういう手順で志望動機を考えればいいのでしょうか?

企業研究

まずはじめに行いたいのが、業界・企業研究です。

業界研究は四季報の他に、競合他社のサイトなどでチェックしてみましょう。
企業情報はホームページや求人原稿だけでなく、社長のインタビュー記事や商品が取り上げられている記事、社員のブログやSNSなどから情報を収集しましょう。

自分の経歴・スキルの洗い出し

自分の経歴や仕事に使えそうなスキルを、できるだけたくさん書き出してみましょう。
自分一人で考えるのが難しければ、友人や家族に聞いてみると、思いがけないスキルが見つかったりもするので、一人で悩まず周りに相談してみるといいでしょう。

企業と自分の共通ポイントを見つける

企業研究で得た企業の情報と自分の経歴・スキルを整理したら、その2つから共通点を探してみましょう。

例えば、新しいことにチャレンジしていく社風なら、細かい作業が得意というスキルよりも行動力があるというスキルのほうが共通点が多いでしょう。
やみくもに自分のいいところをアピーするするのではなく、その企業で自分を活かすにはどのスキルがぴったりかという視点で共通ポイントを見つけていきましょう。

この段階では、箇条書き程度でかまいません。自分の中で伝えるべきものが決まったら、わかりやすくまとめていきましょう。

④伝わりやすくまとめる

3つの視点をもとに志望動機を考えていきますが、限られたスペースしかない履歴書に全て書くことは出来ません。
絶対に伝えたい部分と、面接でもいい部分を取捨選択して、わかりやすくまとめる必要があります。

まとめ方のポイントは、伝えたい内容の優先順位を決めて、伝えるべき事項をきちんと入れることです。

伝えるべき事項
  • 応募企業ならでは、その企業にしか無い魅力・特徴
  • 経験・スキルが活かせる部分
  • 入社後のキャリアプラン

まずは、どうしてその企業を選んだのか、これをしっかり伝えます。そしてその後、自分の経験スキルをどう活かせるか、最後に入社後にしたいこと。
この順番で伝えるとわかりやすく伝えることができます。

それでは、それに沿った例文を見てみましょう。

志望動機例文

私が貴社を志望する理由は、2つあります。
常識にとらわれない商品展開に魅力を感じたこと。そして、個人営業での経験を活かせると考えたからです。

貴社の〇〇は、競合商品に比べて〇〇な部分が非常に優れていると感じ、企業理念にも「革新」の文字があり、その姿勢に大変共感いたしました。
前職の営業の仕事で身につけた、トークスキルを活かし、この商品をより多くの人に広めたいと思い、貴社を志望いたしました。

企業の魅力と自分の魅力をどちらも入れて、志望動機を作っていきましょう。

⑤志望理由の最終チェックをする

書き終わったら、最終チェックをしてから提出しましょう。
誤脱などの基本は履歴書全体でチェックをしてほしいですが、志望動機の欄では以下の項目に気をつけながら最後の見直しを行いましょう。

最終チェックポイント
  • 企業が求める人材を理解した上で書けているか
  • 経験・スキルが活かせることを伝えているか
  • 企業の特徴を理解し、その企業だから入りたいという気持ちが伝わるか
  • はっきりとした将来のビジョンあり、その会社で実現可能か

これらの4つがきちんとできていれば、説得力のある志望動機欄の出来上がりです。

なんで他社ではなくこの会社のこの職種を選んだのかを、自分の能力と照らし合わせながらしっかり伝えましょう。

まとめ:大事なのは自分の言葉で伝えること

履歴書は思う存分考えて書けますが、面接ではそうは行きません。
うわべだけの志望動機では、面接の時に矛盾が生まれてしまうことも少なくありません。

履歴書に書く段階で、面接まで見越してしっかりとした志望動機を考えておくことで、矛盾なく、説得力がある志望動機を伝えることができますから、しっかりと自分で考えた言葉で伝えましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU