JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 履歴書はパソコンと手書きどっち?パソコンOKの場合と作成時の注意点

履歴書はパソコンと手書きどっち?パソコンOKの場合と作成時の注意点

JOBSHIL編集部
パソコンで履歴書を作るのはあり?
この記事のポイント
  • 志望企業によってパソコンか手書きかを判断すると良い
  • 履歴書作成でパソコンのスキルをアピールすることも大事
  • パソコン作成の場合はテンプレートの活用がおすすめ

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

「履歴書は手書きがいい」という話をよく聞きますが、そうすると時間もかかるため、間違えたときのことを考えると憂鬱ですよね。
また、自分の字に自信がなくて、手書きでは書きたくないという人もいるのではないでしょうか?

最近は、パソコンで履歴書を作る人も増えていますが、パソコンだと評価が下がってしまうのでは…という心配もあります。

そこで今回は、手書き・パソコンそれぞれのメリット・デメリットや、どういう場合に手書き・パソコンがそれぞれ向いているのかなどを解説します。
パソコンで作る際の注意点も紹介するので、これから履歴書を書こうと思っている方は、ぜひご覧ください。

手書きとパソコン、それぞれのメリット・デメリットを知る

パソコンが普及する前は手書きが当たり前だったので、現在、役職についているような年配の方の中には、手書きを評価するという方も少なくありません。
しかし、今ではパソコンを使っていない職場を探す方が難しいほど普及しているので、履歴書が手書きでもパソコン作成でも気にしない担当者は増えています

正直なところ、それぞれに良さがあるので、手書きかパソコンかは受ける会社や職種、あなたのスキルによっても異なります
まずは、それぞれのメリットデメリットについて見てみましょう。

手書きのメリット・デメリット

手書きを推奨する人も多いですが、メリットばかりというわけではありません。

手書きのメリット
  • 丁寧さや意欲が伝わりやすい
  • 人によってはパソコンよりも高く評価されやすい
  • 文字や書き方から個性が見える
手書きのデメリット
  • 癖が強かったりすると、読みづらいことがある
  • 書くのに時間がかかる
  • 間違えたら基本書き直し
  • パソコンのスキルを疑われることがある

機械的な文字からでは伝わらない気持ちの部分が評価されやすい反面、パソコンに比べて労力がかかるのがデメリットと言えます。
また、字がきれいな人はいいのですが、あまり自信がない人は、読みづらいという評価を受けてしまう可能性があります。

パソコン作成のメリット・デメリット

パソコンで作られた履歴書は、一体どんなメリットが有るのでしょうか?

パソコン作成のメリット
  • 字が綺麗で読みやすい
  • 基本情報などが転用可能で時間の短縮になる
  • 間違えてもすぐに修正できる
  • パソコンスキルを証明できる
パソコン作成のデメリット
  • 無機質なので、感情的な面(意欲)がパッと見で伝わりにくい

作業量的にはメリットの多いパソコンでの履歴書作成。
作る側からすれば楽なのですが、それは採用担当者もわかっているので、手書きの履歴書に「手間をかけてくれた」という印象を抱く人がいるのかもしれません。

これらのメリット・デメリットを基準にしつつ、志望企業ではどちらが評価されやすいのかを考えることが大切です。

手書きが向いている場合、パソコン作成が向いている場合

手書きで書くか、パソコンで作るか、この判断に大きく影響するのが志望企業や志望職種です。
先ほど紹介したメリット・デメリットと次に紹介する向いている企業や職種、状況を合わせて考えて、最適な作り方を見つけましょう。

手書き業務がある職種、老舗企業などは手書きが向いている

手書きが評価されやすいのは、以下の様な場合です。

手書きが向いている企業・職種
  • 長く続いている老舗企業
  • 事務や秘書といった手書きの仕事が多い職種
  • 採用担当者の年齢層が高めの企業

事務や秘書といった職種の場合は、字がきれいなことがアピールポイントの一つになることもあります。
自分の字に自信がある方は、あえて手書きにしてみてもいいでしょう。

IT系や外資系はパソコン作成でスキルをアピールしよう

一方、パソコンのほうが評価されやすいという場合もあります。

パソコン作成が向いている企業・職種
  • IT系などパソコンを多用する企業・職種
  • 外資系企業
  • 採用担当者の年齢が若めの企業

IT系などはパソコンスキルが必要になるため、担当者によっては手書きだとパソコンスキルを疑われることもあるようです。
パソコンスキルが必要な企業では、パソコンで作ってみましょう。

ただ、改行などがしっかり出来ていないと逆効果ですから、レイアウトには最新の注意をはらいましょう。

企業や仕事内容によって向き不向きがあるため、最適な方法を判断して、履歴書を作成しましょう!

パソコンで作る場合の注意点

パソコンで作ると決めたら、あとは楽ちん!と思ったら大間違いです。
意外と決まりが多いだけでなく、適切な書き方をしないとマイナスイメージにつながってしまうこともあります。

パソコンで履歴書を作る場合は、以下の点に気をつけながら作成しましょう。

パソコンで履歴書を作る場合の注意点
  • テンプレートは自分に合ったものを選ぶ
  • フォントは明朝体
  • フォントサイズは10.5ptか11ptのどちらかで統一(名前は大きめに)
  • 郵送・持参の場合、証明写真は印刷してから貼る
  • メールで送る場合、証明写真は履歴書データに画像挿入する

ネット上には様々なテンプレートがありますので、自分の経歴やアピールポイントに合った履歴書を選びましょう。
JOBSHILでもテンプレートをご用意していますので、ぜひ使ってみてください。

証明写真のデータは一部の証明写真機や写真館で撮影すると、手に入れることができます。
証明写真の撮影方法については、以下の記事に詳しく説明がありますので、チェックしておきましょう。

メールで送る場合の保存方法

メールで送る場合、保存したファイルを送る必要があります。
保存する際はファイル名・ファイル形式を注意しましょう。

保存方法の注意点
  • ファイル名は「履歴書(名前)日付」にする
  • 企業に直接送る場合、保存形式はPDFがベスト
  • Excel・Wordで送る場合は、「.xls」「.doc」という拡張子で保存する
  • Excelで送る場合は、A1のセルを選択してから保存する

PDFは改変がしにくいため、誤ってデータを消してしまうといった事故が起こりにくいのでオススメです。
もちろん、企業から指定された場合はExcelやWordで送りましょう。

メールの送り方については、以下の記事を確認しておきましょう。

郵送・持参の場合の印刷方法

郵送や持参をする場合は、印刷する必要があります。

A3サイズで印刷できればベストですが、自宅のプリンタではA4までしか印刷できない場合が多いです。
その場合は、コンビニ印刷を利用してみましょう。

コンビニで印刷する方法は、以下の記事に手順がまとめられていますので、ぜひ使ってみてください。

もし、自宅で印刷する場合は、普通紙よりもいい紙を使うことで丁寧な印象をあたえることができます。

まとめ

パソコンが普及した今では、「手書きじゃないとダメ」という企業は減ってきています。

しかし、だからといってパソコンが正義というわけでもないのが難しいところ。

志望先の雰囲気や仕事の内容を考慮し、どちらが適切なのか判断しましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU