JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 履歴書の免許・資格欄で実力アピール!免許記入の注意点

履歴書の免許・資格欄で実力アピール!免許記入の注意点

JOBSHIL編集部
この記事のポイント
  • 免許を正しく記入すれば自分のスキルをアピールできる
  • 同じ名前の免許でも種類によって内容が違うので、種類や級まで正確に入れる
  • 仕事に関連する免許を優先するが、運転免許だけは必ず記入する

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

履歴書の免許・資格欄をきちんと書けば、あなたのスキルをアピールすることができます。しかし、正式名称は漢字が並んでいて難しかったり、一種・二種など同じ名前の免許でも種類が複数あったりと、書き方に迷うこともありますよね。

そこで今回は、履歴書に書くとアピールになる代表的な免許について、履歴書に書く際の記入方法や注意点をご紹介します。

志望企業の内定に近づくために、あなたの実力を正しく記入するポイントをおさえておきましょう。

履歴書や職務経歴の書き方にはルールがたくさんあるものの、誰に聞いたらいいか分からない…、そんな時は、転職ナビ専任アドバイザーが転職活動のプロとしてお答え致しますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

転職サイトの転職ナビでは
専任アドバイザーが無料で転職活動をサポート

会員登録はこちら

免許と検定の違い

免許・資格欄には、免許だけでなく検定の結果も書くことができます。履歴書に書くことの多い検定には、英語検定や秘書検定などがあります。

では、検定と免許は何が違うのでしょうか?

検定とは

特定のスキルがあることを裏付けるもの。
例:英語検定・簿記検定など

免許とは

特定の行為を、国や地方公共団体が許可すること。
例:運転免許・看護師免許など

このように、免許は「特別に許可されたスキル」、検定は「自分のスキルの度合い」を示します。

持っていることで活躍の機会が増える免許。しかし、同じ名前の免許でも種類によってできる仕事が変わります
「◯◯免許必須」と書かれている求人に応募するときには、種類まできちんと書くことで、誤解を受けずに正当に評価を受けることができます

免許を正確に伝えるにはどう書くべきなのでしょうか?
まずは、免許・資格欄の書き方からチェックしていきましょう。

免許・資格欄に記入するときのポイント

履歴書の免許・資格欄では、以下のポイントを気にしながら記入しましょう。

 
資格・免許欄の書き方ポイント
  • 資格・免許名は正式名称で書く(略称で書かない)
  • 基本は取得日順だが、仕事に関係ある順でもOK
  • 取得年月日の表記は学歴や職歴部分と統一する
  • 書ききれない時は、仕事に関係ある資格を優先する
  • 運転免許は必ず記載する
  • 名称が変わった資格は「取得時の名称」を書く
  • 資格がない場合は「特に無し」か「取得予定」を書く
  • 資格・免許欄に以上は不要

採用担当者に自分のスキルをアピールするためには、取得順がいいのか、関係順がいいのかなど、伝わりやすさを一番に考えて記入するようにしましょう。

履歴書の書き方が合っているのか不安…、という場合には、誰かに添削してもらうのがオススメです。こちらの記事では、履歴書を添削してもらう相手の見つけ方などを紹介しています。

主な免許の記入方法と注意点

間違わず書くためにも、まずは免状や免許証で自分の持っている免許について、しっかり確認しておきましょう。
今回は、履歴書に書くとアピールになる代表的な免許を中心に、履歴書への記入方法と注意点をご紹介します。

紹介する免許一覧
  • 運転免許
  • 教員免許
  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャル・プランナー(FP)
  • 危険物取扱者
  • 電気工事士
  • 看護師
  • 調理師

では、ひとつずつ確認していきましょう。

運転免許

18歳以上の多くの人が持っている運転免許証ですが、実は15種類もあるのです。(2017年11月現在)

一般的なものは第一種と呼ばれていますが、タクシーやバスの運転でお客さんを乗せる場合には第二種という免許が必要です。

また、道路交通法の改定に伴い、それまで普通免許と呼ばれていたものが中型、準中型表記に変わっていることもあります。

詳しい書き方や正式名称は以下の記事にまとめてあるので、書く前に確認しておくと安心ですよ。

教員免許

教員免許にも複数の種類があります。

教育機関 履歴書への記入例
幼稚園 幼稚園教諭一種免許状
小学校 小学校教諭一種免許状
中学校 中学校教諭一種免許状(社会)
高校 高等学校教諭一種免許状(英語)

学校区別の他に、4年制大学卒は一種、短大卒は二種、大学院卒の場合は専修など、卒業した学校によっても分類があります。
中学校・高校に関しては、教科ももれなく記入が必要です。

教育機関や塾などへの転職を希望する場合は、選考に影響する可能性があるので、特に注意しましょう。

また、大学で教職課程を履修して免許取得見込みの方は、以下のように記入します。

履歴書への記入例
高等学校教諭第一種免許状(国語)取得見込み
取得見込みと取得済では大きな差があります。ただ、もうすぐ取得できるのに書かないのはもったいないですから、現状を明記して記入しましょう。

宅地建物取引士

宅地建物取引士(以下、宅建)は試験に合格しただけでは名乗ることはできません
まだ宅建登録をしていない場合は「宅地建物取引士試験合格」など、現状をはっきり記載しましょう。

現状 履歴書への記入例
試験合格 宅地建物取引士試験合格
実務講習済 宅地建物取引士試験合格(実務講習受講)
登録申請済 宅地建物取引士登録(登録申請中)
登録済 宅地建物取引士登録(登録済み)

また、宅建については近年「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」に名称変更がされました。
名称変更前に取得した場合は取得時の名前を書くため、分かりやすいように以下のように記入しましょう。

履歴書への記入例
宅地建物取引主任者(現:宅地建物取引士)登録
宅地建物取引士は、登録していないと不動産契約時の重要事項説明ができないため、申請がどの段階なのかもしっかり記入しましょう。

ファイナンシャル・プランナー(FP)

ファイナンシャル・プランナー(以下、FP)の書き方は、他の免許と違って「◯級」が最初につきます

履歴書への記入例
◯級ファイナンシャル・プランニング技能士
真ん中の「・」を忘れずに書くのがポイントです!

電気工事士

その名の通り電気工事を行う人が持つ資格です。
電気工事士は一種と二種でできることが異なるので、忘れずに明記しましょう。

履歴書への記入例
第一種電気工事士

看護師

看護師免許は病院だけでなく、これから利用者の増加が予想される在宅医療や福祉系の施設でも活用できます。

看護師免許には大きく分けて「看護師免許」「准看護師免許」の2種類があります。
さらに、看護師免許にプラスして「認定看護師」や「専門看護師」の認定を取得をしている場合は、認定を受けている分野まで詳しく記入しましょう。

種類 履歴書への記入例
看護師 看護師免許
専門看護師 専門看護師 (がん看護) 認定
認定看護師 認定看護師 (救急看護) 認定
准看護師 准看護師免許

調理師

免許の定義からは外れてしまいますが、飲食店や介護施設・給食調理のキッチンで働くからと言って、調理師免許が絶対必要というわけではありません。
しかし、持っていることで選考で有利になったり、責任ある仕事を任せてもらえる可能性は高くなります。

履歴書への記入例
調理師免許

まとめ

免許は、転職においても大きなアピールポイントになります。
正確に記入して、しっかりと志望企業に伝わるように心がけましょう。

免許を取るのは簡単ではありませんよね。あなたが頑張ってきた証である免許をしっかりアピールしましょう。転職ナビの専任アドバイザーである私たち転職ナコウドは、あなたが一生懸命書いた履歴書をじっくり添削するので、ぜひお問い合わせください。
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU