JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 履歴書はA4?B5?自分にとってのベストサイズを徹底解説!

履歴書はA4?B5?自分にとってのベストサイズを徹底解説!

JOBSHIL編集部
履歴書のサイズで悩む男性
この記事のポイント
  • 履歴書はA4とB4どちらのサイズを選んでも問題ない
  • それぞれの向き不向きを知って、自分にあった履歴書を選ぶのがベスト
  • 印刷する場合は、見開きで

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

履歴書を買いにお店に行くと、さまざまな履歴書が並んで置いてありますよね。
また、無料の履歴書をインターネットでダウンロードしようと検索すると、サイズが異なるものが並んでいることもあります。

このように選択肢が増えると、「どのサイズの履歴書がいいの?」とわからなくなることも有るのではないでしょうか。

そこで今回は、履歴書のサイズを選ぶときのポイントについて解説していきます。

履歴書のサイズはA4とB5の2種類

実は、履歴書には2つのサイズしかありません
ひとつ目は最近使う人が増えてきたA4サイズ、もうひとつは昔から使われていたB5サイズです。

どちらを選ぶのが正しいのか悩む人もいるかもしれませんが、実はA4でもB5でも問題はありません
ただ、あなたの現状や応募する職種などによって、より適したサイズあります。

ぞれぞれの特性を知り、より印象良く自分を伝えられる履歴書を選びましょう。

じゃあ、どんな履歴書を選んでも有利不利というのはないんですね?
サイズは2種類ですが、内容は多種多様です。職歴欄が多いもの、自己PRがないものなどがあるので、サイズよりも項目に注意が必要です。以下の記事に、内容別で最適な履歴書の選び方がまとめられていますので、チェックしておきましょう!

では次に、サイズ別の特徴をみていきましょう!

A4を使ったほうがよい場合

実はB5は日本独自の規格であり、国際基準はA4サイズ。
その為、外資系企業に応募したり、英語で履歴書を作成する際は、A4サイズを使用するのがベストです。
A4を使うのに適しているのは以下のような場合です。

A4サイズの履歴書が向いている人
  • 文章に自信がある
  • 外資系に応募する
  • 英語で履歴書を書く
  • 書きたいこと・書くべきことが多い
  • パソコンで作成する

その他、パソコンで応募書類を作成をするときはA4印刷が多いので、履歴書も合わせてA4で作成したほうが、サイズが合ってスマートですね。

B5を使ったほうがよい場合

以前は使われることが多かったB5サイズの履歴書。

B5はA4に比べて小さいので、記入スペースも必然的に狭くなります

同じ文字量でも空白ができにくいので、転職活動よりも比較的書くことが少ない、アルバイトやパートの応募時には便利です。

履歴書を印刷する際に気をつけること

履歴書を郵送したり、面接時に予備で持っていく場合は、印刷をする必要があります。

市販の履歴書を買ったことがある人はわかると思いますが、市販のものはA42枚のA3サイズです。
自分で印刷する場合も、できれば同じようにA3サイズで印刷するようにしましょう。

しかし、家庭用プリンタのほとんどはA4サイズまでしか印刷できません。
そんなときは、コンビニ印刷がオススメです。

各コンビニでの印刷方法は以下の記事にまとめてありますので、お近くのコンビニで印刷してみましょう。

やむをえずA4サイズ2枚で印刷する場合は、読む人に手間をかけないように以下の点に気をつけることが大切です。

  • クリップで止める(ホチキスはNG)
  • ページ番号を履歴書の下につける

相手がどういった方法で履歴書を管理しているかわからないので、かさばらず外しやすいクリップでまとめます
また、紙が2枚以上になる場合は、印刷する前に必ずページ番号を入れることが大切です

まとめ

どちらのサイズの履歴書を使っても基本的には問題ありませんが、せっかくなら最適なものを使いたいですよね。
採用担当者により良い印象を持ってもらうためにも、この記事を参考にしてみてください。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU