JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 押印は必要?履歴書に印鑑を押すときの疑問を解決しよう

押印は必要?履歴書に印鑑を押すときの疑問を解決しよう

JOBSHIL編集部
履歴書に印鑑を押している画像
この記事のポイント
  • 履歴書に、印鑑を押す欄があれば必ず押印する
  • シャチハタや実印はNG。認印を使う
  • 手書きの場合、押印は書く前に行う

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

履歴書には、「印」という字が書いてあったり、「印鑑」という欄がある場合もあり、その場所に印鑑を押すことをはわかっていても、
「どんな印鑑がいいのかな」
「失敗したらどうしよう…」

と不安になりますよね。

また、印鑑の欄が無くても押すべきなのか迷う方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、履歴書に押す印鑑について、押した方がいい場合と押さない場合や印鑑の種類、きれいな押し方、失敗したときの対処法について詳しくご紹介します!

印鑑をきれいに押して、見ばえのいい履歴書に仕上げましょう!

印鑑欄がある履歴書・ない履歴書

昔は、ほとんどの履歴書に印鑑を押す欄がありましたが、現在ではほとんど見かけなくなりました。
実は、1997年に「押印見直しガイドライン」という発表があり、履歴書を含むいくつかの書類は、押印を廃止していいことになったのです。

ですが完全に廃止されたわけではないので、現在は印鑑を押す欄のあるなしで2パターンが存在しています。

印鑑欄があれば必ず押印

では、印鑑の欄がない履歴書でも押印したほうが印象がいいのでしょうか?

結論から言えば、印鑑の欄がなければその必要はありません

印鑑を押すのは、あくまで指定の欄があった場合のみ。
ただし、その場合には必ず押印しましょう。

印鑑欄がないけど、押印するように言われたら?

印鑑の欄がない場合でも、志望企業から押印をするように言われることがあります。そんなときは、以下の図のように名前の横に押印しましょう。

押印し忘れたら?

「押印欄があるのに、押し忘れてしまった!」という場合は、送付先の企業に早めにその旨を連絡して謝りましょう。
面接や面談で企業を訪問する機会があれば、その時に印鑑と朱肉を持って行くことをオススメします。

印鑑を押すために必要なもの

印鑑を押すためには、印鑑本体だけがあればいいわけではありません。
きれいに押すために、以下の4つを用意しておくといいでしょう。

押印に必要な4つの道具
  • 印鑑
  • 朱肉
  • 押印用ゴムマット(なければノートやメモ帳)
  • 印鑑掃除用品(ブラシ・楊枝・印鑑ふきなど)

まずは一番大事な印鑑について、説明していきます。

印鑑といっても種類が豊富で、どれを使うべきか悩みますよね。
履歴書に使うのは認印(にんいん・みとめいん)という印鑑です。
認印とは、承認したという印に押す印鑑のことで、朱肉をつかって押印するタイプの印鑑を指します。

履歴書に使用する認印の選び方は、以下を参考にしてみてください。

履歴書用印鑑の選び方
  • 朱肉を使って押印するタイプの印鑑を使う
  • 銀行印・実印・訂正印は使わない
  • 12㎜以下の気持ち小さめな印鑑だと印象がいい

これらの条件に沿って履歴書用の認印を選びます。
100円ショップでも買うことができるので、就職・転職の際には1本用意しておくと安心ですね。

また、大きい印鑑を押してしまうと、中には「偉そうだな」と感じてしまう人もいるので、念のため気持ち小さめの印鑑を押すことでリスクを回避することができます。

その他については、朱肉はもちろんですが、よりきれいに押印するために、押印用のマットや印鑑ふきなどを用意しておくのがオススメです。

道具が準備できたら、早速押してみましょう。

きれいに押すための手順

まず、模範的な押印はこちらです。

向きがまっすぐで、かすれず濃い目に押印されているのが、きれいな印と言えます。

本番用の履歴書に押す前に、まずは別の紙で試し押しをします。
きれいに押すためのポイントはこちら。

きれいな押印のための手順
  1. 印鑑についているゴミを取る
  2. 紙の下にゴムマットを敷く
  3. 朱肉はポンポンと軽くつける
  4. 向きを確認してゆっくりと紙につける
  5. 押し付けながら「の」の字を書くように圧力をかける
  6. 丁寧に離す

流れ作業にせず、一つひとつの作業を丁寧に行うことも、きれいな印を押すコツです。

押印のOK例、NG例

うまく押印できなかったときは、「これは失敗なのかな…」「やり直さないとだめかな…」と判断に困りますよね。
そんなときは以下の失敗例を参考にしてみてください。

失敗だと思ったら、基本的には最初からやり直しましょう
とはいえ、履歴書をパソコン作成した場合は、印刷しなおせばすぐに押印し直すことができます。

押印の失敗ですべて書き直し…なんて事態を回避するために、手書きで履歴書を作成する際には、先に印鑑を押してから書き始めるようにしましょう。

手書きの履歴書で押印を失敗してしまったけれど、書き直す時間がない場合は、失敗した印と一部を重ねて押印します。
そして、別の開いているスペースにきれいに印鑑を押し直しましょう。

こうすることで、重なった印鑑は無効になります

ただ、見た目は美しくないので、あくまで最終手段と思っておいてくださいね。

他の文字が黒なので、朱肉を使っている印鑑はとても目立ちます。
見ばえが悪いと第一印象に影響することも…。美しい押印で、志望企業への誠意が伝わるように心がけましょう!
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU