JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 履歴書の職歴欄で迷う「退社」と「退職」、どっちが正解?

履歴書の職歴欄で迷う「退社」と「退職」、どっちが正解?

JOBSHIL編集部
この記事のポイント
  • 履歴書では「会社を辞めた=退職」で表現するのが一般的
  • 記入する場合は、どうして退職したのかも簡単に伝える
  • 転職回数やブランクで印象が良くないときは、さらに詳しい退職理由を書いてもいい

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!
履歴書で会社をやめたって書くときは「退社」でいいんだっけ?それとも「退職」?

履歴書は、表現ひとつにも気をつかうので、細かい部分でも悩みますよね。

今回は、「退社」と「退職」どちらの表現を使うべきかや、会社を辞めた場合の職歴の書き方例をご紹介します。
表現に気にしながら、少しでもわかりやすい履歴書にしましょう!

基本は「退職」でOK

この2つの場合、履歴書では「退職」のほうが一般的です。
ただ、実は「退社」も間違いではありません。

では、どうして「退職」のほうが好まれるのでしょうか?
その理由は、それぞれの言葉の意味にあります。

退職の意味
  • 現在の会社・職業から離れること
退社の意味
  • 勤めている会社を辞めること
  • 1日の仕事を終え、退勤すること

このように「退社」には2つの意味があるため、会社を辞めたことを、より明確に表現できる「退職」が好まれています。

職歴欄での退職の書き方

退職といっても状況は人によって違います。ただ単に「◯◯株式会社 退職」と書くのではなく、どうして退職したのかも簡単に伝えるのがオススメです。

企業名+以下の表現を用いて、退職時の状況をわかりやすく伝えましょう。

自主退職 一身上の都合により退職
会社都合の退職 会社都合により退職
契約満了の退職 契約期間満了のため退職
勤務中(退職日決定済) 現在に至る(〇月〇日退職予定)
勤務中(退職日未定) 現在に至る

基本は上記の書き方で問題ありません。
ただし、転職回数が多かったり、病気などでブランクのある場合は、「結婚に伴い退職」「病気療養のため退職(現在は完治)」などあえて理由を伝えることで、イメージダウンを防ぐことができます。

退職以外の職歴欄の書き方にも、何かポイントってありますか?
職歴欄の書き方は、以下の記事で詳しく説明しています。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回の「退社」「退職」のように、どちらも間違いではないものもあれば、誤解されたり、失礼になってしまったりする表現もあります。
細かい部分まで気を使うことで、誤解されずわかりやすい履歴書に仕上げていきましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU