JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 履歴書の記入例あり!学校を中退した場合の学歴欄の書き方

履歴書の記入例あり!学校を中退した場合の学歴欄の書き方

JOBSHIL編集部
履歴書にち中退した学歴をどう書くか悩んでいる男性
この記事のポイント
  • 学校を中退している場合は必ず学歴欄に記入する
  • やむを得ない事情やポジティブな理由で中退した場合は、しっかり理由を書く
  • 履歴書は理由必須ではないので、説明が難しい場合は面接で伝えてもいい

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

履歴書に「中退」について記入するときに、「印象が良くないのでは…?」「書きたくない…」と不安に思う方もいるのではないでしょうか?

学歴は正しく書かないとその後の選考にも大きく関わってくる大切な項目です。
そこで今回は、学歴欄での中退の表記方法について詳しくご紹介します!

中退は必ず記入する

中退した事実は、必ず履歴書に記入しましょう。
中退を卒業と書いてしまうなど、学歴を誤魔化そうとすると、学歴詐称になる可能性があります。

しかし、中退と書くことで「印象が悪くなりそう…」と心配になる方もいるのではないでしょうか?その場合は、職歴をしっかり書くことでカバーしましょう。

転職では学歴<職歴が重視されやすい

確かに、中退とだけ聞くと「組織に馴染めないのでは?」など、マイナスに受け取る人がいることは否定できません。

しかし転職の場合は、学歴よりも職歴が重視されやすい傾向があるので、職歴をきちんとアピールすることでそういったイメージを払拭することも可能です。
職歴については以下の記事を参考にして、しっかりと記入しましょう。

もちろん、職歴をしっかりと書くのは当たり前ですが、中退の過去がある場合は、なおさら重要になってきます。

では、肝心の中退についてはどのように表記すればいいのでしょうか?

不利になりにくい中退の書き方

中退の書き方について、まずは基本的な書き方を見てみましょう。

中退の記入例(基本)

平成○年○月 ○○高等学校 普通科 入学
平成○年○月 ○○高等学校 普通科 中途退学

基本は学校名・学科名の後に「中途退学」と付け加えれば問題ありません。
これは大学や専門学校でも同じです。

また、高校を中退した後に、高卒認定(旧大検)に合格した場合は、その旨も記入します。

高卒認定の記入例

平成○年○月 ○○高等学校 普通科 入学
平成○年○月 ○○高等学校 普通科 中途退学
平成○年○月 高等学校卒業程度認定試験 合格

試験名などは上記のように正式名称でしっかり記入しましょう。

しかし、このままだと中退の理由がわからないので、 やむを得ない理由やポジティブな理由での中退でも、マイナスに取られてしまう可能性があります。
そういった場合には、以下を参考に理由を詳しく記入することが大切です。

ポジティブ・やむを得ない事情の場合は理由を書こう

家庭の事情や進路変更などの理由で中退した場合は、中途退学と記載した次の行に理由を書いておくことをオススメします。

理由別に例文を用意したので、以下を参考にしてみてください。

病気療養のため

病気療養のため退学。 現在は完治しており、業務に支障なし。

病気の場合は、完治していること、業務に支障がないことをきちんと伝えましょう。

家庭事情のため

家庭の経済的事情のため、退学
家族の介護のため、退学

家庭にの事情による中退は、自分が原因ではなく、やむを得ない事情であったことを簡潔に説明することが重要です。

進路変更・やりたいことのため

進路変更で別の大学へ入りなおしたため、退学
長期での語学留学をするため、退学

前向きな理由をしっかりと伝えることで、あなたの意志の強さや芯の強さなどをアピールすることも可能です。

でも、中退はポジティブな理由ばかりではありませんよね。
好意的にとらえられにくい理由の場合についてもご説明します。

無理に理由を書く必要はない

中退の場合、絶対に理由を書かなくてはいけないというわけではありません。
プラスに捉えられにくい場合は、あえて理由を書かない、一身上の都合と表現するという選択肢もあります。

ただ、詳しい理由を書かなかった場合は面接で聞かれることもあるので、しっかりと回答できるように準備しておきましょう。

面接での回答方法

面接で中退について聞かれた場合、履歴書に理由を書いているのであれば、その内容について更に詳しく説明すれば問題ありません。
また、プラスにとらえられにくい理由を伝える際には、誤解されないように内容に注意しながら伝えましょう。

面接での中退理由の伝え方
  1. まずは正直に話す(自分に非がある場合は認める)
  2. その経験から学んだことを伝える

言いにくい理由だからといって、嘘をついてしまうのはNGです。

自分の甘えから中退してしまった場合は、自分の非や甘さを認めた上で、その経験から学んだことを伝えてみましょう。
さらに、その頃の自分とは違うことをアピールできると、印象がマイナスになりにくくなります。

また、人間関係などが原因で中退してしまった場合は、辞めた後に勉強していたことや取得した資格などを伝えて、未来のために前向きに頑張っていたことを伝えられるといいでしょう。

まとめ:大事なのは真摯な姿勢で伝えること

中退は学歴としては不利に見えることもありますが、転職で大事なのは今のあなた自身です。
あなたが自分らしさをしっかり発揮できる環境であることを確かめるためにも、採用担当者に本来の自分をアピールすることが大切です。
色々あったからこそ今の自分があるのだと自信を持ち、真摯な姿勢で選考に参加しましょう。

転職は不安なことも多いですよね。一人で不安なときは、お気軽にご相談ください。
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU