JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 正社員採用が叶う?フリーターだからこそ書くべき職務経歴書のポイントまとめ

正社員採用が叶う?フリーターだからこそ書くべき職務経歴書のポイントまとめ

JOBSHIL編集部
フリーターから正社員になりたいと思い、職務経歴書作成に悩む若い男性
この記事のポイント
  • フリーターでも正社員採用の求人にアピールする方法はある
  • 採用担当者に正社員として活躍できるイメージをさせよう
  • 困ったらプロのアドバイザーに頼ってみるのもアリ

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

アルバイト経験しかないけど、そろそろ正社員として採用されたい。

そんな想いを抱いて転職活動をしようと思っている人にとって、早い段階でハードルとなることの多い職務経歴書の記入内容。

正社員じゃないのに、わざわざ職務経歴なんて書く必要あるの?

そもそも、フリーターから正社員として雇ってもらうなんて難しいんじゃ…

と弱気になってしまう方も少なくないのではないでしょうか?

しかし、採用担当者が職務経歴の何を見ているかを判断できれば、フリーターからでも十分にアピールポイントのある内容を盛り込むことは不可能ではないんです。

今回は、一般的な書き方に加え、フリーターならではの職務経歴書作成のコツについてご紹介します。

フリーターからの正社員採用って実際厳しくない?

アルバイト経験しかない人がまず最初に抱く不安の多くが、「フリーターでも、正社員として採用されるのって現実的なの?」といった点ではないでしょうか?

しかし、世の中には社会人経験ゼロ・未経験でも正社員として募集している企業は意外と少なくありません。

実際、JOBSHILを運営する転職サイトの「転職ナビ」でも、そのような求人がたくさんあります。

例えキャリアがアルバイト経験のみでも、書類選考の時点で「この人とはまずは実際に会って話してみたいな」と思ってもらうことこそが、内定への第一歩です。

そんな風に思わせるには、いくつかのポイントがあります。
この記事でフリーターならではの職務経歴書のコツを抑えて、キャリアアップの夢を叶えていきましょう!

フリーターでも職務経歴書の提出が必要な理由

そもそも正社員としての経験がないのに、アルバイト経験を職務経歴として堂々と書いていいの…?などといった不安の声もよくありますが、過去がどんな雇用形態だったであれ、職務経歴書の提出には意味があります。

なぜなら、職務経歴書の役割は、採用担当者があなたの実務スキルや、今後会社で活躍してもらうためにどんなポテンシャルがあるのかを、あなたの過去の経験から判断するための材料だからです。

しかし、残念ながら、正社員経験のある人に比べて、フリーター経験のみの人は少なからずマイナスなイメージを抱かれる傾向にあります。

そこで採用担当者に「この人は正社員でも活躍してくれそうだな」と思ってもらうためには、志望企業が求めているのはどんな人材なのかを研究し、自分の中の該当する部分を重点的にアピールすることが重要です。

ここで、フリーターが職務経歴書を記入するときに気をつけておきたいことを次で具体的に解説していきます。

職務経歴書でフリーターが伝えるべきこと

正社員の経験がない場合でも、アルバイトでの経験を評価してもらいやすい職務経歴書の書き方はあります。

そんな、フリーターの方ならではの職務経歴書でのアピールポイントはこちらです。

アピールポイント
  • 正社員でも通用するスキルがあれば明記する
  • 仕事に対する意欲の高さをアピールする
  • すぐに辞めそうと思われないための配慮をする

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

  

正社員でも通用するスキルがあれば明記する

アルバイトで身につけたあなたのスキルが志望企業の業務に活かせるようであれば、その旨をしっかりとアピールしましょう。

前職の雇用形態が正社員ではなかったとしても、即戦力になる人材は企業にとってもありがたい存在であることに変わりはありません。

PCスキルや資格などの職務経歴書の資格欄に書けるような内容のほか、以下のように職務内容の欄でスキルをアピールすることもできます。

具体的な行動や、結果に結びつく数字などを盛り込むことで、より説得力のある内容にするよう心がけましょう。

  
  

仕事に対する意欲の高さをアピールする

正社員経験のある人に比べて実務的なスキルをアピールすることが難しい場合は、仕事に対する意欲的な姿勢を伝えることでカバーしましょう。

フリーターでもアピールしやすいポイントを以下にまとめてみました。

アピールポイントの例

・課題解決能力

仕事の中で生じた課題や問題を解決しようとする力

・責任感(当事者意識)

アルバイトでも、正社員と変わらぬ責任感で仕事に取り組む意識

・成長意欲(向上心)

技術の向上やスキルアップ、より効率を上げようとするなどの意識

・仕事に対する考え方

あなたが仕事の中で大事にしていること、働く上でのモットーなど

  
  

すぐに辞めそうと思われないための配慮をする

それゆえに採用担当者が「フリーターから正社員になってもすぐに辞めてしまうのでは…」と不安を抱くケースもあります。

そのような印象を払拭するために、複数のアルバイトを経験している場合はいちばん長く働いた経験について詳しく書くとよいでしょう。

  

職務経歴書の書き方

ではここで、具体的な職務経歴書の書き方についても簡単にご紹介します。
職務経歴書のサンプルはこちらです。

書くべき項目は上の図のように①〜⑧の内容です。
それぞれの項目に関する詳しい解説や書き方のポイントについては、以下の記事を参考にしてみてください。

また、職務内容の書き方は、以下のように雇用形態がアルバイトであることを明記しましょう。

また、複数のアルバイトを経験している場合でも、志望企業の業務内容にそぐわなかったり、期間があまりにも短かったりする場合はあえて記載しないのもひとつの方法です。

とはいえ、ひとりで職務経歴書を作成するのはやっぱり不安ですよね。
そんなときは無理をせずにプロの力を借りることも内定に近づくポイントです。

不安な人はプロのキャリアアドバイザーに相談してみよう

転職サイトが運営するキャリアカウンセリングのサービスを活用すると、職務経歴書に関する相談だけでなく、よりスムーズに企業とのマッチングをサポートしてもらうこともできます。

ひとりで悩んでいてもなかなか前に進めないときは、気軽にできる無料の電話カウンセリングなどを受けてみましょう。

私たち転職ナビでは、フリーターや未経験から正社員採用を行っている求人情報を多数扱っています!あなたの希望にマッチした企業をご提案することも可能です!

まとめ:結局は「会ってみたい」と思わせることがコツ

書類選考後の面接に進むためには、職務経歴書の内容を採用担当者が確認した際に「この人には一度会って話をしてみたいな」と思ってもらうことが重要です。

フリーターから正社員になるのは、決して不可能なことではありません。実際に、転職ナビでもそのようにして大きな企業で活躍している人も多くいます。

ポイントは、相手にあなたが入社して活躍している姿をイメージさせること。
今回ご紹介した内容を元に、あなたの強みを企業にしっかりとアピールしていきましょう!

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU