JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 【見本を参考に書けばOK!】退職願の書き方マニュアル

【見本を参考に書けばOK!】退職願の書き方マニュアル

JOBSHIL編集部
退職願の書き方で悩んでいる男性
この記事のポイント
  • 退職の意思は固いが、会社との合意が取れていない場合に提出するのが「退職願」
  • 白い無地の用紙・封筒に黒インクで記入する
  • 書く内容は形式化されているので、正しく書くことが大事

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

退職の手続きは、なにかと不安が多いですよね。

その中でも迷うのが、退職願についてです。
いざ書こうと思っても、書き方がわからないという場合も多いのではないでしょうか?

今回は、退職願とはどういう書類なのか、どうやって書けばいいのかなどを見本を交えながらご紹介します。
大切な書類なので、正しく書いて提出しましょう。

退職願は退職を打診するための書類

退職願は、会社に退職したい(労働契約を解約したい)と願い出るための書類です。
つまり、退職の意思は固いが、まだ会社との合意が取れていない場合に提出するのが「退職願」といえます。

自分から退職したいと申し出るための書類なので、提出するのは基本的に自己都合で退職する場合です。
自己都合や会社都合の説明は、以下の記事にまとめてありますのでご覧ください。

退職届、辞表との違い

退職願には、退職届と辞表という、性質の似た書類が存在します。

退職届・辞表と退職願の大きな違いは、撤回できるかできないかという点です。
退職願はあくまで「お願い」なので、場合によっては撤回することができます。

ただし、退職願を撤回できたとしても「退職しようとしていた」という事実は知られているので、その後の仕事がやりにくくなる可能性があります。

退職願を提出する際には、撤回しない強い決意で、提出するようにしましょう。

退職願を提出するために用意するもの

退職願の内容を解説する前に、まずは退職願を書くために必要な道具を確認しておきましょう。

用紙・便箋

退職願を書く場合の用紙・便箋は以下のポイントに沿って選びましょう。

退職願の用紙・便箋の選び方
  • サイズはA4またはB5
  • 白無地(手書き用便箋の場合は罫線OK)
パソコンで作る場合はA4、手書きの場合はB5の便箋が一般的です。

封筒

郵送の際はもちろん、手渡しする場合も、退職願は封筒に入れて持っていきましょう。
封筒選びのポイントは以下の通りです。

退職願用封筒の選び方
  • 白無地
  • 用紙がA4サイズなら長形3号
  • 用紙がB5サイズなら長形4号
手渡しの場合は、郵便番号の枠がない真っ白な封筒を選ぶようにしましょう。

印鑑

印刷の場合でも、印鑑は必須です。
印鑑は認印を用意し、にじみやかすれがないよう丁寧に押印しましょう。

認印の説明やきれいな押し方については、以下の記事でご確認ください。

筆記用具

手書きの場合は、筆記用具選びも重要です。
退職願は、黒のボールペンか万年筆で書きます。

印刷する場合も、色は黒の単色で印刷するようにしましょう。

以下の記事では、書きやすいオススメのボールペンを紹介していますので、参考にしてみてください。

それでは、ここからは退職願の正しい書き方について紹介します。

退職願の書き方

まず、書くべき内容について確認しておきましょう。

下の見本を参考にしてみてください。

退職願見本

画像の番号の部分にそれぞれの内容を書いていきます。

ここで気をつけたいのが、横書きと縦書きの場合の書く順番です。
縦書きと横書きでは書き方が違いますので、それぞれに合った順番で書きましょう。

記入する項目の順番

縦書きの場合
①→③→③→④→⑤→⑥

横書きの場合
①→④→⑥→⑤→③→⑦

横書きと縦書きのどちらで書くべきか迷った場合は、縦書きで書くことをオススメします。

それでは①から順に詳しい書き方を見ていきましょう。

①タイトル
まず最初に、他よりも少し大きめの字で「退職願」と書きます。

②私議
これは、私事ですがという意味で使われます。
相手をたてるために、あえて下に書くのがマナーです。

③本文
本文では退職理由・退職予定日・退職したいという希望を伝えます。
退職理由は「一身上の都合により」と書けば問題ありません。
希望を伝える書類なので、文末は「お願い申し上げます。」と書きましょう。

④提出日
書類を書いた日ではなく、会社に提出する日付を記入します。

⑤所属・名前
名前だけでなく、所属部署も正式名称で記入しましょう。
縦書きの場合は名前の下、横書きの場合は名前の右横に印鑑を押すこともお忘れなく。

⑥宛名
宛名は所属している会社の最高執行責任者(一般的には代表取締役社長)の名前を書きます。
敬称は殿を使い、省略をせず、企業名まで正確に書きましょう。

⑦以上
横書きの場合、「この書類はここで終わりです。」という意味で「以上」と入れましょう。以上がないと「まだ続きがあるのかな?」と受け手が誤解をしてしまうことがあります。

書くことは決まっていますので、形式に従って抜けのないように書きましょう。

封筒に入れて提出する

退職願を自分で用意して職場に持っていく場合は、封筒に入れて提出するのが一般的です。
封筒には、表に退職願と大きめに書き、裏には所属部署と自分の名前を書きます。

退職願を入れる封筒

名前などを記入した封筒に、退職願を三つ折りにして図の方向で入れます。

封筒への入れ方

手渡しの際は基本的に封をする必要はありませんが、のり付き封筒の場合は封をしましょう。

Q&A:退職願を受け取ってくれない場合どうする?

退職ではイレギュラーな事態が起こることもあります。
特に困るのが退職願を受け取ってもらえない場合です。

会社の人に相談したのですが、書類を受け取ってもらえず困っています。
退職交渉は「誰」に「どこ」で伝えるかが大切です。
あなたを評価する立場であり人事権のある人に、会議室などオフィシャルな場所でしっかりと話すことが大切です。
人事権のある直属の上司が受け取ってくれない場合はどうしたら・・・
直属の上司の方が受け取ってくれない場合は、さらに上の立場の方に相談しましょう。それでも難しい場合は、以下の記事に対処法をまとめているので、参考にしてみてください。

まとめ:退職願は形式に沿って丁寧に

書類と聞くと身構えてしまい、「しっかり書かなければ」と不安になることもありますよね。

自分の意志を伝えるための大切な書類だからこそ、難しく考えてしまうかもしれません。

しかし、退職願の内容はほとんど書くことが決まっているので、それほど大変ではありません。
紹介した見本を参考に正しい退職願を作成して、これまでお世話になった会社への敬意をあらわすようにしましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU