JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 【働く人に聞いた】退職する人からもらって嬉しいプレゼント

【働く人に聞いた】退職する人からもらって嬉しいプレゼント

JOBSHIL編集部
退職時に感謝のプレゼントを運ぶ
この記事のポイント
  • ポイントは「ちょっといいもの」
  • 気を使わせる高価なプレゼントは避ける
  • 貰う側の気持ちを理解して選ぶ

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

退職が決まった際に、「お世話になったあの人に何かプレゼントをしたほうがいいかな?」と悩んでしまうこと、ありますよね。

「何をプレゼントしよう?」
「仲のいい人にだけ渡すのはアリ?」
「上司には絶対渡したほうがいいの?」

など、疑問はいろいろあるのではないでしょうか?

そこで今回は、退職するあなたも、会社に残る人たちも、お互いいい気持ちで退職の日を迎えられるよう、退職の挨拶で渡すプレゼントについて、渡し方や選び方を詳しく解説します!

退職時のプレゼントは必須ではない

退職する際に渡すプレゼントについて考えたとき、最初に気になるのが「そもそも個別に渡すべきなのか」ではないでしょうか。

結論から言えば、渡すことは必須ではありません。
退職時のプレゼントはあくまで感謝の気持ちなので、感謝を込めて渡したい人がいるなら渡すというのが基本です。

しかし、何も渡さないと角が立つのではと気になったり、全員に感謝を伝えたいけれど予算的に難しいということもあるでしょう。

そうした場合は、小分けにされたお菓子を配る方法がオススメです。
個包装のお菓子なら、大勢に渡してもそれほど高い金額にはなりません。

退職時に配るお菓子については以下の記事に詳しくまとめています。オススメのお菓子も紹介していますので、参考にしてみてください。

渡す前に確認しておきたいのが、退職時にプレゼントを渡す風習がその企業にあるのかです。
持っていくことで、会社の風習を壊してしまうこともあるので、前に辞めた人がどうしていたか思い出してみましょう。

一部の人にのみ渡す場合は渡し方に注意

全員に配るなら、最終出社日に挨拶をしながら渡します。
また、直属の上司や社長にだけ個別に渡す場合も、最終出社日に挨拶と一緒でもかまいません。

しかし、同僚となると話は別です。
個別でプレゼントを用意した相手には事前に渡すなど、渡せない人への配慮も大切にしましょう。

ここで、退職を経験したことのあるKさんがどうやって渡したのかを聞いてみました。

私の場合は、仲のいい職場の人と飲みに行ったときに「◯◯さんにはとくにお世話になったから、全員には渡せないのでここで」と伝えて渡しました。
予算の都合上、全員にというわけにはいかなかったので、社内では渡しにくくて…。

このように社外で渡すという手段もあります。
飲みに行ったりすると飲食代もかかるので、ご自身の無理のない範囲で、渡せない人に配慮する方法を選びましょう。

プレゼントを渡す際には、小さなメッセージカードをつけると、より気持ちが伝わりますよ。

「自分では買わないが、あると嬉しい」が選ぶポイント

ここからは、最大のポイントであるプレゼント選びについて詳しく見ていきましょう。

まず、退職時に定番のプレゼントをご紹介します。

退職時の定番プレゼント
  • ちょっといいハンカチ
  • ちょっといいコーヒーや紅茶
  • ちょっといい文房具

少しわざとらしく書きましたが、「ちょっといい」は、意外と重要なポイントなのです。
自分がお金を出すときには優先順位が低いけれど、気になってはいるものは、だれにでもあると思います。
それが「ちょっといい」ものなんです。

「いつもより少し高いコーヒー」や「特別なときに使いたいブランドのハンカチ」などは、自分では買わないけれど、あったらちょっとハッピーになれますよね。
そんなプレゼントが選べると、素敵です。

しかし、コーヒーやハンカチも値段はまちまちで、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。
退職時のプレゼントの予算とは、一体どのくらいなのでしょうか?

プレゼントの相場はどのくらい?

せっかくのプレゼントだから素敵なもの贈りたい反面、悩むのが予算の問題です。

プレゼントする人数によっても1人に使える金額は変わりますし、社長や上司には、少しよいものをと思う人もいるでしょう。

退職時のプレゼントについては、この金額だからダメということはありません。

先ほど紹介した定番プレゼントなどは500円〜1000円くらいの価格帯で買えるので、一般的にはこのあたりで買う方が多いようです。

気持ちの問題なので、人数が多いなら1人100円でもOKです。

また、社長や上司などお世話になった目上の方に渡すときは、少しお高めのものを選ぶ方もいます。
ただ、いくら感謝の気持ちと言っても、高すぎるプレゼントは気を使わせてしまうので、数千円程度で収めたほうがいいでしょう。

では、実際にはどんなものが贈られているのでしょうか?
社会人の生の声を聞いてみました!

聞いてみた「もらって嬉しいものはなに?」

プレゼントは、もらった人に喜んでもらえるのが一番嬉しいですよね。
ということで、今回は編集部で調査した回答を元に、もらったら嬉しいアイテムをご紹介していきます。

貰う人の意見

性別と年齢に分けて、実際の声をいくつかご紹介します。

20代女性:白いハンカチ

私はハンカチが嬉しいですね。たくさんあっても困りませんし、実用性もあります。
とくに白いハンカチはありがたいです。フォーマルな場に行くときにあると助かりますが、自分では白ってなかなか買いませんから。

¥ 1,296円

※現在の金額はこちらからお確かめください

20代男性:IDカードネックストラップ

もらって嬉しかったのは、会社の入館証などを入れるネックストラップです。
もともと会社から支給されているものがあるので、わざわざ自分で買うまではしないのですが…。以前、退職される方からシンプルなデザインのものをいただいて、今も愛用しています。

¥ 2,000円

※現在の金額はこちらからお確かめください

30代女性:デスク用クリーナー

会社で使えるものだと嬉しいです。持っていなければマグカップとか、デスク周りの小さいお掃除用品とか。
会社で使うものなら、多少趣味が合わなくても、便利なら使っちゃうし、可愛い清掃用品だとテンション上がります!

¥ 1,017円

※現在の金額はこちらからお確かめください

30代男性:アマゾンギフト券

定番も嬉しいけど、コーヒーショップのカードやアマゾンギフト券は実用的でいいですね。あとは、少し高いものだとちょっとしたブランドもののペンとか革小物。
客観的にみて足りないものを補ってくれるものは嬉しいです。

¥ 1,000円

※現在の金額はこちらからお確かめください

もらって嬉しいプレゼント一覧

先に紹介した4名以外にも話を聞いたところ、ほかにもこんな意見が出てきました。

ここで、先ほど紹介したものも含めて、もらって嬉しいプレゼントを一覧でご紹介します!

もらって嬉しいプレゼント
  • ハンカチ
  • メモ帳などの文房具
  • ハンドクリーム
  • 紅茶のティーバッグ
  • ドリップバッグコーヒー
  • 小瓶サイズのお酒
  • ネックストラップ
  • コーヒーショップのカード
  • アマゾンギフトカード
  • オフィスで使える清掃用品
  • マグカップ
  • ペン
  • 革小物
  • タッチペン

お酒好きな人ならミニサイズのお酒も喜ばれます。
また、ハンドクリームなどの消耗品は複数あっても困らないので、迷ったときに便利ですね。

そして、今回意見があがったプレゼントをみると、以下のような傾向が見えてきました。

プレゼントの選びのポイント
  • 自分では買わないけれど、あったら便利
  • 実用的
  • ビジネスシーン使える
  • ちょっとだけ高級なもの

これらのポイントすべてに当てはめる必要はありません。いくつか参考にして、素敵なプレゼントを探してみましょう。

まとめ:渡す相手を思い浮かべながら選ぼう

「お世話になった方にしっかり感謝を伝えたい」と思うことは、とても素敵なことですね。

しかし、プレゼントの予算や内容を考えすぎると、何を贈るべきかわからなくなってしまうこともあるかもしれません。
そんなときは、今回の記事を参考にしつつ、性別・年齢・趣味など相手のことを想像しながら選ぶことが大切です。

「自分では買わないけど、あったら嬉しい」

などなど、ご紹介した選ぶポイントを忘れずに、もらった人が喜んでくれるようなプレゼントで、笑顔の退職日を迎えましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU