JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 退職届はこれで完ペキ!見本を元に書いてみよう

退職届はこれで完ペキ!見本を元に書いてみよう

JOBSHIL編集部
退職届を書く人
この記事のポイント
  • 退職届の役割を紹介
  • 退職届の書き方を詳しく解説
  • 提出方法とタイミングも重要

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

退職の際には、提出する書類がたくさんあり大変ですよね。

退職届もその1つですが、普段目にする機会が少ないので、形式や書き方がわからず迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「退職届とは?」という基本的な部分から、見本を交えた書き方の解説、提出方法までしっかりご紹介します。
退職届の正しいマナーを知って、スムーズな退職を目指しましょう。

「転職活動は退職後に」とお考えの方は、転職お祝い金がもらえる転職ナビに登録してみませんか?専任キャリアアドバイザーによるサポートもありますよ!

転職サイトの転職ナビでは
専任アドバイザーが無料で転職活動をサポート

会員登録はこちら

退職届とは?退職願との違い

退職届を「辞めるときに提出する書類」と認識している方も多いかもしれません。

もちろん間違いではありませんが、その認識だけだと「退職願」と混同して、誤ったタイミングで提出してしまう危険性があります。

以下の表からも分かるように、退職届の方がより効力が強いといえます。

  退職届 退職願
企業側との合意 合意あり 合意なし
撤回 不可 可能(※)

※ただし撤回すると、その後の業務に支障がでる場合もあります。

そのため、会社と退職日などの合意している場合は、退職届を提出しても問題ありません。

詳しい違いについては、以下の記事をご確認ください。

退職届は基本的に撤回ができないので、提出は慎重に行いましょう。

退職届提出までの流れ

「退職します」と申し出る効力の強い書類ということは、 提出するタイミングが重要です。

手違いが発生しないよう、以下の手順で、正しく提出しましょう。

退職届提出までの手順
  1. 自分で退職までのスケジュールをある程度考える
  2. 退職希望日を絞ったら、上司に口頭相談
  3. 意思を伝えて日程が確定したら、退職届を提出

いきなり退職届を提出するのは、一方的に「会社を辞めます」と意思表示をしている状態です。
もちろん、会社を辞めると伝える際には、周りに流されない固い決意が必要ですが、これでは上司もいい気持ちはしません。

退職届を提出する際には、事前に口頭で相談をすることがポイントです。

その際に、退職届の提出が必要かどうかも上司に聞いておくといいでしょう。
最近では、退職届などの書類提出をしなくてもOKな会社が多いためです。

退職届の提出に必要なもの

退職届の特性はわかりましたが、退職届の現物を見たことがある人は、少ないのではないしょうか?

書き方を知る前に、まずは退職届を提出するために必要な道具を確認しましょう。

退職届の提出に必要なもの

用紙
PCで書く場合:白無地のA4サイズのコピー用紙
手書きの場合:白無地or罫線付きのB5サイズ便箋

封筒
白無地
用紙がA4サイズ:白無地長形3号
用紙がB5サイズ:白無地長形4号

ペン
黒インクのボールペン

印鑑
認印(銀行印・実印・シャチハタは避ける)

白無地に黒インクで書くのが退職届の基本です。

手書きの場合は書き味の良いボールペンを使うと字がきれいに見えることもあります。
自分に合うボールペン選びは、以下の記事を参考にしてみてください。

道具の準備ができたら、いよいよ退職届の書き方について確認していきましょう。

退職届の書き方

退職届を書くときにまず悩むのが、パソコンで作るか手書きにするか、そして縦書きか横書きかについてです。

基本的に、パソコンでも手書きでも問題ありませんし、縦書き横書きもどちらでもかまいません。

ただ、手書きにする場合は、縦書きでB5のサイズの便箋に書くのが一般的です。

パソコンで作る場合は、縦書きでも横書きでも問題ありませんが、自分の名前だけは手書きにして、下の見本の位置に印鑑を押しましょう。

「退職届に何を書いたらいいのかわからない…」と悩む人もいるかもしれませんが、実は書くことはほとんど決まっています。

上の見本画像の内容を、より詳しく解説します。

退職届の内容

①タイトル
他の文字より少し大きめに書きます。

②私議
「私事で申し訳ありませんが」という意味で使う言葉です。

③本文
退職理由・退職予定日・退職するという意思を記入します。
退職理由は結婚などの祝い事以外は「一身上の都合」としておきましょう。

④提出日
基本は会社に提出する日、郵送の場合は発送日を書きましょう。

⑤所属名前
部署名と名前を丁寧に書きます。印鑑も忘れずに押しましょう。

⑥宛名
勤めている企業名と最高執行責任者(一般的には代表取締役社長)を書きます。

⑦以上
横書きの場合は、最後に「以上」と書くことで、「これで内容は全てです」という意味で使われます。

注意したいのは、それぞれの項目を書く順番です。
先程の見本を見て分かるように、縦書きと横書きではか微妙に書く順番が違うので、以下の順番で書きましょう。

記入する項目の順番
  • 縦書きの場合
    ①→②→③→④→⑤→⑥
  • 横書きの場合
    ①→④→⑥→⑤→③→⑦

退職届が完成したら、次は渡すときのマナーを押さえておきましょう。

退職届の渡し方

書き終わったら最後は渡し方です。
退職届の宛名は会社の代表としていますが、手渡すのは直属の上司です。

以下の図を見ながら、書類を三つ折りにして、方向を間違えないように封筒に入れましょう。

封筒の表には、大きめの字で「退職届」、裏には自分の所属部署と氏名を書き、封をせず持っていきましょう。

ただし、のりやテープつきの封筒を使う場合は、封をしてかまいません。

郵送の場合は、退職届の上に添え状を重ねて一緒に折り、封筒には表に住所・宛名、裏に差出人と発送日を書きます。

添え状は以下の例文を参考に作成しましょう。

 
添え状例文

平成◯年◯月◯日

◯◯株式会社
代表取締役社長 ◯◯ ◯◯様

◯◯部◯◯課
[名前]

退職届送付のお知らせ

拝啓
●●の候、貴社ますますご発展のこととお喜び申し上げます。

さて、表題の通り、以下書類を同封いたしますので、ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。

敬具

退職届・・・ 1部

以上

送付状の目的は、どんな書類が何枚入っているのかを伝えることなので、書類の内容に間違いがないようしっかり記入しましょう。

渡す相手は直属の上司が基本ですが、受け取ってくれない場合は、更にその上の上司に話をするなど、他のやり方を考えてみましょう。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

会社都合の退職の場合は理由を詳しく

会社都合の場合に、会社から退職届を書くように言われた際には、1点注意してほしいことがあります。

理由はなるべく詳しく(事業縮小のため・営業所閉鎖のためなど)書くということです。

「一身上の都合」と書いてしまうと、自己都合の退社になってしまい、失業保険などに影響を及ぼす可能性があります。

企業が書類を用意してくれる場合もありますので、書類にサインをする前にしっかりと内容を確認することが大切です。

まとめ

転職・退職と忙しい中で退職届を提出するのは大変ですが、実は、内容はそれほど難しくはありません。

今回ご紹介した書き方・送り方を参考にして、丁寧な退職届を提出し、円満でスムーズな退職への第一歩を踏み出しましましょう。

退職や転職は不安が多いからこそ、専門のキャリアアドバイザーが相談にのってくれる転職ナビに、ぜひ登録してみてください。
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU