転職ナビ

【 無料 】 業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト

まずは会員登録

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 編集部コラム
  2. フラットでオープンだから個人が活きる。ISAOの思う仕事観とは

フラットでオープンだから個人が活きる。ISAOの思う仕事観とは

JOBSHIL編集部
株式会社ISAO代表の中村圭志と人事の石原裕介
この企画は?

多くの社会人が人生の大半を費やすことになる、仕事

例えば仕事を人生と捉えると、転職は転機ともいえるはず。
そんな観点から、その人や会社の転機と仕事観にまつわるあれこれを、
平成生まれで運営するJOBSHIL編集部が取材します。

「バリフラット」経営の仕組みによって、社内に部署も役職もなく、完全にフラットな状態で円滑な組織が成り立っている株式会社ISAO。

前編では、代表の中村圭志さんと人事の石原裕介さんに、その秘訣について伺いました。

後編では、お二人が考える「フラットでオープンな組織」のあり方と、全ての求職者さんが転職をする上で大事にしたい、仕事への考え方について伺います。

登場人物紹介

中村圭志
中村圭志
1993年、豊田通商株式会社に入社。輸入ハードディスクやベンチャー事業を経験後、2004年から欧州の支店で一部門を別会社化・代表を務める。経営は人を幸せにできる仕事であると気づき、経営のプロとして生きていくことを心にきめる。2010年、ISAO代表取締役に就任。
石原裕介
石原裕介
音楽ストリーミング配信や通信カラオケなど、エンターテイメント領域で複数のサービス立ち上げを経験した後、2013年にISAO中途入社。法人営業や中期ビジョン策定リーダーを務め、2017年から採用リーダーを兼務。世界に向けてたのしいをうみだしとどける【ヤバイ奴採用】を熱く推進中。通称ドレッド人事。

情報=パワー。全員が同じ情報を持つことで、会社の戦闘力を高める

一 これまでのお話を聞いていると、「バリフラット」経営では、個々の社員の経験値やスキルがそもそもの評価に紐付いていきそうな気がするのですが…。
例えば、20代の若手社員にとっての「バリフラット」のメリットは、どんなところにあるのでしょうか?

一般的な会社では、20代の新人が社長と同じ情報を持てるかというと、普通は持てないですよね。多くの会社は、役職の階層ごとに「情報統制」をすることで、権力構造を維持しているんです。

一 なるほど。確かに、より権力のある役職の人ほど、会社の重要な情報を知っている印象があります。

そうなんです。だから、階層の下の方にいる若手社員は、社内の情報が充分に無いせいで、力が発揮できないことが非常に多いんです。
例えば部長に新規事業のアイデアを提案しても、「いいとは思うけど、君はこの情報を知っているかい?ウチの会社は今、こんな状況なんだよ。」と、新規事業立ち上げの障害となる新たな情報を提示されたりするんです。
若手にとったらたまったもんじゃないですよね。
中村さんも「情報というのはパワーだ」とよく言っていますもんね。
そうそう。情報を持っていることだけで会社のヒエラルキーの上位にいる人は、この情報統制をオープン化することで、だんだん無力化していくことになります。
逆に新人や若手にとっては、情報が入ってくる分、それだけチャンスをつかみやすくなるんです。
そうなると、そもそも組織の中での階層や役職はそんなに重要じゃなくなってきますよね。

一 だから、「オープン」と「フラット」がセットになってこその「バリフラット」経営なんですね。

そうですね。そもそも戦うべきは会社の中ではないので、会社全体として、どうすれば全員が最大限のパワーを発揮できる状態で戦えるか、というのが重要だと思うんです。
その点で、比較的フラットで情報がオープン化されている状態が、これからの組織のあり方だと僕らは思っています。大事なのは、会社としてそこにどう踏み込むのか、というところです。
会社に勤める側としても、誰かに指示された仕事をこなすのではなく、「自分が何のために何をするべきか」を考えながら働くことが重要だと思います。

一 なるほど。「自分が何のために何をするのか」というのは、転職を考える上でも重要になりそうですね。

はい。採用面接のときは、応募者の方に対して特にそれを意識して深掘りしています。

大事なのは、後ろ向きな転職理由から自分の生きる意味を見出すこと

一 とはいえ、転職を考える人の中には、少なからず後ろ向きな理由があると思います。
そういう人に対して、お二人から言えることはありますか?

今働いている環境が良くないと思ったときに、そこから出ようと思う人と、そこを変えようと思う人の二種類に分かれると思うんです。その点では、自分の周りの環境をより良いものにする努力は基本的に必要だと思います。
ただ、多くの会社で、これ以上変えられないどうしようもないものがあるのも事実。
過去の成功体験に縛られて、今の状況に合った仕組みに柔軟に対応してくれないとか、そこまできたなら、自分の価値観に合った会社に転職するのはありだと思います。
前の会社でどういう風に成長できたか、この先の数年間で、自分はどういうふうに成長していきたいのかが話せる人は強いですよね。
後ろ向きな理由で辞めたとしても、前向きな意思をもって次の会社に転職していくことが必要だと思います。

一 自分自身の振り返りができいて、次の会社でどう成長したいのかが定まっていることが、転職では大事だということですね。

あとは、その人自身の人生に対するリーダーシップも大事だと思います。
面接時には、「自分がどう生きて、世の中にどんな価値を生み出し、そのために自分の何を成長させなければいけないのか」という、その人なりの生き方に対する考えを知りたいですね。
面接では、その考え方が自分たちの会社と合うかどうかを見ています。

一 会社の考えに対する共感についてお話が出たので、「バリフラット」のこれからについて少し伺いたいのですが、今後は、バリフラットの体制が社会に浸透することを目指しているのでしょうか?

僕らは、会社としてのミッションやビジョンに向かっていくために、形式として自然に組織が「バリフラット」に向かっていったというだけなんです。
でも、良いと思うことを実践した結果「自然にこうなった」というのは、社会に対して大きなメッセージを持っていると感じています。
僕らが本気で良いと思っている「バリフラット」な働き方を取り入れたいと思ってくださる組織を支えていくために、仕組みやサービスを作っていきたいとは思っています。

一 より良いものは何か、となったときにそうやって最善策を作り出していく社風が、ISAOさんでバリフラットが生まれた背景なんですね。

きっかけは、振り返ってこそ気がつくもの

一 では最後に、お二人にとって「きっかけ」とはどういうことかを教えてください。

きっかけっていうのは、なにかの行動の初めにきているものですよね。そして、「きっかけ」と「機会」は似ているけどちょっと違います。それに気づかなければ通り過ぎてしまうのが機会。反応して、アクションを起こしたものが、後に振り返ったとき、きっかけになるのではないでしょうか。
だから、機会に反応できるアンテナの貼り方や、フットワークの軽さが大事だと思います。

—「機会」を「きっかけ」に変える力が大事ということですね。

僕も似たようなことを考えています。人って、そのときどきで「どうしたら良いか」を考えるんですよね。そこで決断をして、行動するじゃないですか。
その「考えなきゃ」って思ったことが、後から見るときっかけだったなと思うんです。
だから大切なのは、きっかけを見つけようとするというよりは、何を選択することがベストなのかを日々考えていくことだと思います。転職も結局は選択のひとつですしね。

会社としてのパワーを最大限に発揮するために生まれた「バリフラット」経営のお話にとどまらず、転職を考える際に大事なことを、経営者と採用担当の視点から語っていただいた今回のインタビュー。

たしかにきっかけとは、後から振り返ってみてこそ分かるものなのかもしれません。 今後の仕事について考えているあなたにとって、この記事がなにかの「きっかけ」になることを願っています!

▼前編記事はこちらをどうぞ

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU
転職ナビ公式アプリを使ってサクサク転職活動