JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. STORIES
  2. ものづくり好きを応援。ゼロから一緒にエンジニアを目指そう!|スタッフサービス・エンジニアリング【PR】

ものづくり好きを応援。ゼロから一緒にエンジニアを目指そう!|スタッフサービス・エンジニアリング【PR】

JOBSHIL編集部
スタッフサービス・エンジニアリング髙梨さんと転職ナコウド岩田

転職するにあたって、あなたが大事にしたいことはなんですか?

好きなことを仕事にしたい

手に職をつけて、自分の価値を高めたい

安定した環境でキャリアアップしたい

そんな想いがあるあなたには、今回ご紹介するスタッフサービス・エンジニアリングのことをぜひ知ってほしいです。

「漠然としていても構いません!ものづくりが好きで、成長してみたいと思うのであれば、面接で率直な気持ちを聞きたいと思っています。」

そんな風に話すのは、スタッフサービス・エンジニアリングで採用を担当している髙梨季見さんです。

プラモデルを作ったり、簡単なホームページを作ってみたり…

ささいなことでも、誰もが一度はものづくりを楽しんだ経験があるのではないでしょうか?

そんなものづくりの分野で未経験からあなたが活躍できるチャンスが、スタッフサービス・エンジニアリングにはあるのです。

その秘密は、一人ひとりに専属のカウンセラーが付き、 理想のエンジニアになるためのサポートをしてくれるから。

夢を叶えるための仕組みを、転職ナビのキャリアアドバイザー転職ナコウドの岩田が取材しました。

登場人物紹介

スタッフサービス・エンジニアリング髙梨季見
採用担当の髙梨さん
スタッフサービス・エンジニアリングの採用担当。未経験の若手にチャンスを提供するべく、日々面接者の本音と向き合う。
転職ナコウド岩田
転職ナコウド岩田
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく楽しいアドバイスで、求職者さんを内定までサポートすることを大事にしている。

誤解しないで!正社員雇用の常用型派遣とは?

僕は転職ナビで求職者さんへのカウンセリングを担当しているのですが、スタッフサービス・エンジニアリング(以下:SSE)さんのことをもっと多くの求職者さんに知ってもらいたくて…。そのために、今日はこうしてお話を伺いに参りました!
はい!気になることは何でも聞いてくださいね。
スタッフサービス・エンジニアリング

エンジニアに特化した人材総合サービスを展開する企業。

社員であるエンジニアを契約関係のあるクライアント企業に派遣するのが主な事業内容。

カウンセラーとのキャリア形成面談やe-ラーニングなどの自己学習などにより、エンジニアとして成長できる環境に力を入れている。

ではさっそくですが、SSEさんの雇用形態である常用型派遣について教えてください。派遣という言葉のイメージだけで、足切りなどの心配をしてしまう求職者さんもいるので…。
そうですよね。実際に面接をしていても、派遣は正規雇用ではないというイメージから、ご家族に反対される応募者さんも少なくありません。でもご安心ください!常用型派遣は正社員雇用なんです

なるほど。SSEさんで正社員として採用し、クライアント企業さんにエンジニアとして派遣する形式をとっているんですね。
そうなんです。クライアント企業様に出向しているとはいえ、SSEの正規雇用エンジニアとして働いてもらう以上、年間休日も125日を確保しています。また、3か月に1回、エンジニア経験のあるカウンセラーが個々の社員と面談をして、その人がゆくゆくはどういうエンジニアになりたいのか、そこに向けてどう勉強をしたらいいのかをアドバイスしていきます。
SSEさんの魅力はまさにそんな「社員一人ひとりと向き合った手厚いサポート」ですよね。そこをもっと深く教えてください!

採用面接からカウンセリングがはじまっている!? 夢を応援する徹底したサポート体制

クライアント企業様の豊富さも、SSEの強みです。ひとことでエンジニアといっても、機械を直接触ってモノをつくっていく仕事や、プログラミングなどのパソコン作業がメインの仕事など、本当に多種多用なんですよね。
だから、具体的には何がやりたいかまだ分からない人でも、ものづくりへの関心が見えるのであれば、「うちにはこれだけ選択肢があるから、どんなチャレンジをしてみたいか一緒に考えましょう!」と提案できるんです
SSEで募集している職種の一部
  • 機械エンジニア
  • 化学・バイオエンジニア
  • 電気・電子エンジニア
  • CADエンジニア
  • ソフトウェアエンジニア
  • 生産技術エンジニア
  • 評価エンジニア

            など

ふむふむ、ものづくりの分野って幅広いですもんね。
多くの企業様との取引があるのは、SSEさんに対する信頼の現れでもありますね。
弊社はリクルートグループという大きな組織の一員でもあるので、クライアント企業様の信頼につながっている部分も大きいです。
そんな豊富な選択肢の中から、どんなジャンルのエンジニアになりたいのか選んでもらいたいからこそ、採用面接では応募者さんへのカウンセリングをかなり大事にしています。
採用するかまだ決まっていないのに、カウンセリングをするんですか??
はい。エンジニアとしてのスキルを身に付けたいと思って面接に来てくださった方には、SSEで働くイメージをなるべく具体的に持ってもらいたいんです。
なんという心強さ…!でも面接を受ける側としては、迂闊な質問をしてマイナスなイメージを持たれてしまい、落とされないかと不安になりそうです…。
SSEの面接は、何でも気軽に話せる場だと思ってもらいたいです。些細な不安があれば、それを払拭することも私たち採用担当の重要な役目だと思っています。
先ほど少し話にも出ていましたが、実際に転職ナビの求職者さんの中には、ただ漠然と「ものづくりに携わりたい」と思っている方も多いです。そんな迷いがある状態でも、本当に面接に行って大丈夫なのでしょうか…?
ものづくりへの漠然とした興味がある場合は、そこから一緒に深掘りしていくので安心してください。
例えば、プラモデルを作った経験や学校で絵を書いた経験、CADを使ったことがあるか、などから、その人が本当にやりたいことを面接で見つけるお手伝いをしています。
そうか…そうやって面接とはいえ、対話を大事にしているのですね!では、実際に入社してからはどんなサポート体制になっているのでしょうか…?

プロのサポートで大手メーカーの正社員になれることも

まずは、SSEに入社した後にサポートを受けた未経験の方のキャリアアップ事例をご紹介しますね!
キャリアアップ事例①

販売員→機械系エンジニア

入社当初:携帯電話の端末の施策、評価業務

現在の仕事:電気系設計技術者としてエレベーターの制御盤設計、配線図作成を担当

キャリアアップ事例②

27歳までフリーター→電子回路設計エンジニア

入社当初:液晶バックライトの試作評価や試作ラインの管理業務

現在の仕事:鉄道関連の信号機器メーカーで、自動列車停止装置の基盤ユニットの電子回路設計を担当

おおお!まったくの異業種から、専門的なエンジニアへの華麗な転身事例ですね…!
これは決して珍しい成功事例などではなく、SSEのエンジニアの中ではよくあるキャリアアップの形なんです。
そうなんですか??だとしたら、これからSSEでエンジニアとしてキャリアアップしたい人にとっては、すごく嬉しいお話ですね。
例えば、その人が将来的にプログラミングをやりたいのであれば、会社として「プログラミングで使う言語をまず勉強しましょう!」と提案します。このように、実務で必ず使うスキルを伝えて、頑張る覚悟があるかを本人に確かめるところから一緒に始めていきます。
目的別で学べる研修・教育制度

通信教育講座(約150講座)

・テクニカルスキルアップ
・語学力アップ
・資格取得

e-ラーニングシステム(約120講座)

・機械理論、電気の基礎
・ExcelやWord、PowerPoint
・実機で学習できるCATIA講座

技術専門提携スクール(全国70か所以上)

・CAD:CATIA、Solld Works、AutoCADなど
・C言語やJAVAなど

SSEでは、さまざまなジャンルのエンジニアとしてスキルアップするために、こんな風に多数の教育制度を用意しているんです。
夢を実現するためにどんな道筋が待っているのかをプロに提案してもらえて、そのための講座まで用意されているなんて…エンジニアとして成長したい人にとっては、至れり尽くせりの環境ですね!
このように、SSE社内で徹底した教育サポートを行っている点が、クライアント企業様からの信頼につながっているとも言えます。その分、大手企業とのつながりも多いのが魅力かもしれませんね。
それって、求職者さんにとってはめちゃめちゃ魅力的ですね!例えば自動車が好きでも、自動車メーカーに直接雇用されるのは結構ハードルが高いけど…。SSEさんでしっかり自分の夢を伝えることができれば、派遣先としてそういったメーカーのものづくりの一員として関わることができるんですね!
それは、充分にありえますね。ちなみに、出向先の企業に実力が評価されると、SSEから「卒業」する形で、メーカーの正社員に転職することも可能なんです。
でも、有能な人材がSSEさんからいなくなってしまうってことですよね?会社にとっての損失にはならないのでしょうか…?

がんばっておいで!と送り出す関係性を大事にしたい

もちろん、大事な社員がいなくなってしまうのは、損失じゃないと言ったら嘘になります。 とはいえ、スキルのあるエンジニアであればあるほど、直接雇用したいと思うのはクライアント企業様にとっては必然ですよね。
だとしたら、社員がそんな人材になるまでの道筋も含めて、応援したい気持ちがSSEにはあるんです。本人が希望したり、企業から直接雇用したいという要望があったりすれば、弊社としては「がんばっておいで!」と気持ちよく送り出しています。
なるほど…なんだか、ジーンときちゃいました。
引き抜かれた先で、今度はその人が派遣のエンジニアさんを管理する立場になることもあるんですよ(笑)そんな風にして、卒業生からSSEに発注が来るなどといった副次効果も生まれているんです。
なるほど!良い循環がそうやってできているんですね!
ところで今までのお話を聞いていると、スキルアップの意欲が強い人ほど評価されるイメージが強いのですが…。安定してのびのびと働くためにエンジニアになりたいというのは、ワガママになるのでしょうか…?
いえいえ!そんなことありません!弊社では、エンジニアとして安定しながら長く働いてもらう仕組みづくりも大事にしているんですよ。

成長も安定もあなた次第。安心して未来を委ねてください

求職者さんのお話を聞いていると、ステップアップだけじゃなくて、エンジニアとして手に職を付けて、長期的に安定できる職場を求めている方も多いんです。
大丈夫です。それも含めて、SSEではエンジニアとしてその人がどう生きていきたいのかを大事にしていますから。
エンジニアとして…どう生きたいか……!(かっこいい)
資格を取るなど、どんどん挑戦して成長していく人だけでなく、粛々と作業をこなす様子がクライアント企業様に信頼されて、長年同じ現場に配属されている人もいます。 あくまで給与は成果至上主義というわけではなく、エンジニアとして勤続していることも加味した評価軸となっているんです。
社員のスキルアップを一緒に目指していくけれど、そうでなくても安定した給与をもらえる仕組みも整っているんですね。
まさに、自分次第で「エンジニアとしてどう生きていくか」を選んでいけるということか。
現在はエンジニアの需要が高い時代です。だからこそ、未経験からスタートのエンジニアでも受け入れてくれる会社さんは増えてきているんですよね。ものづくりに興味がある人は、今が携われるチャンスだとも言えます。
では最後に、SSEさんの採用に応募しようか悩んでいる求職者さんに、ひと言お願いします!
はい。採用担当をしていて感じるのは、「何か新しいことを始めたい、でも何をすればいいか分からない」と迷っている方の多さです。
でもそれって、転職活動をしている人にとっては当たり前のこと。自信をなくさないでほしいです。まずは面接に足を運んで貰いたい。そこから一緒に悩んでいこうよ。という気持ちで私たちは待っているので、気軽に応募してくださいね。

正社員として勤めながら、整備されたサポート体制の中で未経験から成長できるスタッフサービス・エンジニアリング。

今回の取材で転職ナコウドが感じたのは、一人ひとりを理想のエンジニアとして羽ばたかせてくれる、懐の広さでした。

髙梨さんの言葉にもあったように、まずは面接で、ものづくりへの素直な興味と少しの迷いを伝えてみてはいかがでしょうか?

構成:JOBSHIL編集部 撮影:横尾涼

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU