JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 印象UPは服装から!面接時のスーツ選びを徹底サポート

印象UPは服装から!面接時のスーツ選びを徹底サポート

JOBSHIL編集部
スーツを着用した男女
この記事のポイント
  • 面接のスーツ選びは、頭のてっぺんからつま先まで気にする
  • サイズ感や、ちょっとした汚れがイメージダウンに繋がる
  • 入社後に、大切なお客様に会いに行くならどんな格好をしていくかを、イメージしよう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

「面接では、第一印象が大切」

面接を取り上げた記事などでよく見かけるこの言葉。

「第一印象と言っても、スーツなんてどれも似たようなものじゃないの?」
「スーツのどこに気をつければいいのかわからない…」

このように考えている方も多いのではないでしょうか?

新卒時のリクルートスーツと違い、転職時の面接ではコレと決まったスタイルがあるわけではありません。
選択肢が広がり、自分らしさをアピールしやすくなった一方で、スーツの選び方や着こなし方は、新卒以上に厳しい目で見られていると意識することが大切です。

どんなデザインや色ならOKなのか、判断がつきにくいことも多く、お悩みの方も多いはず。

今回は、転職時の面接で着用するスーツ選びから、スーツに合わせる小物、髪型、ネイルと、頭のてっぺんからつま先まで、余すところなく紹介します。
この記事を読んで、自信を持って面接に臨みましょう!

転職用スーツの選び方

まずは、転職活動で着るスーツはどういう基準で選べばよいのかを紹介します。

ひとくくりにスーツと言っても、「色・柄・形」の違いがあり、どこまでがOKでなにがNGなのかわかりにくいですよね。
スーツ選びに迷ったら、以下のことを意識して考えてみましょう。

 
転職用スーツの選び方
  • 小物使いから清潔感まで細かい部分も「気にし過ぎかな…」くらいがちょうどいい
  • その会社に入社した後、大切なお客様に会いに行くときにどんな格好をするかを考える
  • 企業や業界によって服装をあわせる

一番のポイントは相手を意識することです。
「このスーツを着ていったら相手はどう思うか? 」を第一に考えて選ぶようにしましょう。

具体的な例は、写真も交えながら、後半で解説していきます。

転職用スーツのNGポイント

スーツの選び方は、先程解説しましたが、転職時の面接でスーツを着用する際には、「これをやってしまうと評価が下がってしまうかも…」という気をつけるべきポイントもいくつかあります。
といっても、難しいものではありませんので、安心してください。

 
転職でのスーツNGポイント
  • リクルートスーツ
  • ヨレヨレのスーツ
  • サイズが合っていないスーツ
  • シミなどの汚れがついたスーツ

ヨレやシミなどの汚れはクリーニングに出すことで、解消できます。
頻繁に出す必要はありませんが、汚れやシミが付いたり、ヨレが気になってきたら、クリーニングに出すといいですね。

リクルートスーツしか持っていないのなら、できれば新しいものを買ってください。
買う時は、リクルートスーツに見えやすい黒無地は避けるか、店員さんに転職活動用途伝えてアドバイスをもらいましょう。

スーツのお手入れ方法

スーツは、毎日洗濯ができる私服とはお手入れの方法も異なります。
日常的なお手入れとしては、以下のような方法がありますので、ぜひ実践してみましょう!

 
スーツのお手入れ方法
  • 着用した日は、風通しの良いところに形を整えて掛けておく
  • 豚や馬の毛のブラシでホコリやゴミを払う
  • アイロンのスチーム機能でシワを伸ばしておく

スーツは着たらお手入れをする。
これを徹底することで、清潔感のあるスーツを保つことができます。

写真で解説!転職時の面接用スーツ男性編

ここからは、写真も交えて、転職時の面接で着るスーツについて解説していきます。
あなたの持っているスーツは大丈夫か確認してみましょう。

メンズスーツは濃い目がGood

まずはメインのスーツから、チェックしてみましょう。
転職活動でスーツを着用する場合は、スーツの色は濃い目が良いとされています。
では具体的にはどんな色を選べばいいのでしょうか?

色・柄

スーツの色は黒・ネイビー・濃いめのグレーがベストです。
無地ならまず間違いないですが、柄があるものを選ぶ場合は、薄めのストライプを選びましょう。

転職時の面接で着るスーツを着用した男性2人

逆に「これはちょっと…」というポイントもありますので、選ぶ際には注意しましょう。

メンズスーツNGポイント
  • 目立つストライプやチェック柄
  • 明るいグレーやベージュ・白などの色
  • 目立つラインや色が入っている

面接の際のスーツはあなたの個性を出すものではなく、相手に失礼のないように着るものだと考えるようにしましょう!

ボタン

スーツのデザインによってボタンの数が違いますが、二つボタンか三つボタンであればどちらでも大丈夫です。

気をつけたいのが、ボタンのどこを留めるのかということ。

スーツのボタンを留める位置

写真のような2つボタンの場合は上のボタン、3つボタンの場合は真ん中のボタンを留めるようにしましょう。
「一番下のボタンは留めない」と覚えておけば、大丈夫です!

フラップ

フ・・・フラップ・・・とは?
フラップは、スーツのポケットについている蓋のような部分ですよ!
フラップというポケットの雨蓋

フラップはポケットの中にホコリやチリが入らないようにするための雨蓋なので、屋外では出して、室内ではしまっておくのが正解です。

しかし、これはあくまでフォーマルな場の場合。
ビジネスの場ではそこまで厳密ではありませんので、左右でちぐはぐになっていなければ出ていてもしまっていても大丈夫です。

ワイシャツは白無地!

転職時の面接でもワイシャツは白無地にしましょう。
ジャケットを羽織ると見えるのは前面と袖口ですから、その2箇所には特に注意が必要です。

袖は、スーツから1センチくらい出ているのがベストです。
出ていないのはかっこ悪いですし、長すぎるものは野暮ったい感じを与えてしまいます。

スーツから出るワイシャツの袖口

襟については、台襟が高いものや、襟にステッチが入っているものは避けたほうがいいでしょう。

面接で着用するワイシャツの襟元

※台襟については、こちらのサイトで詳しく説明されています。 Q.台襟って何?

ネクタイはあなたらしさを表現

ネクタイは男性のスーツスタイルで色味を入れられる数少ない部分です。

青系は若々しさや知的なイメージ、赤系は元気・やる気といったイメージを与えます。
あなたが面接官にどう思われたいか、肌の色と比べながら選びましょう。

ただ、自由と言っても奇抜過ぎるものはNGです。
柄は小さいドットや、ストライプ、チェックなど派手すぎないものを選ぶようにしましょう。

ではココで問題です!
以下に10本のネクタイが並んでいますが、あなたならどのネクタイを選びますか?

面接でつけるネクタイはどこまでOK?

1本選びましたか?

実はこの中には、面接には不向きなネクタイも含まれています。

 

答えはこちら!

ネクタイのOK例NG例

OKは面接でも問題なくつけていけるネクタイです。
NGは右から ニットタイ(素材がカジュアル)、冠婚葬祭用、色柄が人を選ぶものが並んでいます。
ChallengeはNGとは言えませんが、デザインや柄がカジュアルであったり、人によっては少し派手に感じるものを並べています。

迷ったら、OKの部分のような定番の色柄を選べば問題ありません!

ワンランク上のかっこよさを狙いたいなら、ネクタイの幅に注目!
ラペル幅、ネクタイ幅、襟の幅それぞれの一番太い部分を統一させると、素敵に見えますよ。
スーツのラペル幅とネクタイ幅の関係

※ラペル=スーツの下襟部分

コートはチェスター・トレンチ・ステンカラー

冬場の必需品といえば、コートですよね。
面接会場に入る前にコートを脱ぐので、着用時の姿を見られることは少ないですが、会場周辺で企業側の人と合わないとも限りませんので、気は抜けませんね。

ではスーツに合わせるコートはどのようなものがいいのでしょうか?

色は、スーツと同じように黒・ネイビー・濃いグレーがベストです。
スーツと合わせるコートと言えば、チェスターコートやトレンチコート、ステンカラーコートですね。
または、スーツ用のダウンコートもOKですが、私服用のダウンコートは着ないようにしましょう。

スーツ用のコートを着た男性
写真はチェスターコートですが、私のおすすめはステンカラーコートです。 ステンカラーは襟元までボタンがあるので、シャツやジャケットとのコーディネートを気にする必要もありませんし、チェスターのベルトのような付属品が無いので、楽チンですよ!

バッグはA4が入る自立式を選ぶ

街でスーツ姿の男性を見ると、色々なバッグを持っていますよね。
転職面接でおすすめなのは、ブリーフケースと呼ばれるバッグです。

自立型の茶色いバッグと男性の足元

面接に持っていくバッグはビジネス用がいいので、A4の書類が折らずに入るサイズがベストです。
ブリーフケースはその名の通り書類を入れるカバンなので、ぴったりですね!

色は、黒・ネイビー・茶などが一般的で、素材は、革製やナイロン製を選びましょう。

また、面接の際は床に置くこともあるので、自立型であると便利です。

靴・ベルトは色を合わせよう

靴とベルトは、色を合わせて選ぶようにすると素敵です。
色は、黒やネイビー、茶色をおすすめします。

靴は前日に磨いておきましょう。
専用のブラシやクリームで磨くのが一番ですが、新聞紙で磨くだけでも十分綺麗になりますから、きれいな靴で面接に臨みましょう。

靴とベルトの色を合わせている男性の下半身
どちらも革製品ですから、ひび割れなどの劣化がないか、チェックしておくのも忘れずに!
ベルトがひび割れていたら、新しいものを買いましょう。

時計のベルトは革かシルバー

最近ではスマホを時計代わりに使う人も多いですが、面接中にスマホや携帯電話をポケットから取り出すわけにはいきませんよね。

ビジネスシーンでは、やはり腕時計が必需品です。
転職面接時の腕時計には、革ベルトのシンプルなものやシルバーのものがおすすめです。
革ベルトの色は、靴やバッグといった小物に合わせると、スマートですね。

革ベルトの腕時計
プライベート用と仕事用は分けるようにしましょう。
仕事用はシンプルであることが一番です。ブランドロゴが目立つものなどは避けましょう。

靴下は黒かネイビーがベスト

靴下は見えにくい部分ではありますが、座るとパンツの裾があがって見えますよね。
色は黒やネイビーなどの目立たないものがベストです。

ネイビーの靴下を履いた男性の足元
肌が見えないほうがいいので、アンクルソックス(くるぶし下までの靴下)などはNGです。
また、白いソックスは足元だけ浮いてしまうので、こちらも履かないようにしましょう。

髪型

いくらかっこよくスーツを着ていても、髪型がだらしないと台無しです。

 
髪型チェック項目
  1. 前髪が目にかかっていないか
  2. 耳が出ているか
  3. フケが目だっていないか
面接用の髪型をした男性

スーツで面接に行く場合は、髪色自由でない限りは、色は黒にし、ワックスなどの整髪料できちんとセットしましょう。

髭・眉・爪を整えて更にかっこよく!

最後に、細かい部分の身だしなみも確認していきましょう。

まずは、ひげ。面接では必ず剃りましょう。

あとは、余裕があれば眉を整えてみましょう。顔がすっきりして、凛々しい表情になります。
あまり細くしすぎず、自然な眉からはみ出している部分(特に写真の丸印の部分)を整えるだけでも、印象が変わりますよ!

丸印の付いた眉と目のアップ

爪も忘れてはいけません。男性で爪が長いのは不潔なイメージを与えてしまいます。
爪の白い部分が3ミリ以内になっているのがベストです。

以上、転職時のメンズスーツの選び方、着こなし方についてでした。
知らないことや新しい発見もあったのではないでしょうか?

次は、レディーススーツについて確認していきましょう!

写真で解説!転職時の面接用スーツ女性編

女性のスーツは男性に比べてデザインも豊富です。
インナーやスーツの形も選択肢が多いので、自分らしさを出しやすいという利点がある一方で、何を着ればよいのか迷ってしまうこともありますよね。

迷っている方は以下のポイントを確認しながら、面接の服装を考えて見ましょう。

レディーススーツは選択肢がたくさん!

女性の場合は、定番の、黒やネイビーのほかに、明るいグレーやベージュなどを選ぶことができます。
ではまず、NGポイントから見てみましょう。 

レディーススーツNGポイント
  • 白や原色のスーツ
  • 膝上丈のスカート
  • 派手な柄入りスーツ

迷ったら、黒やネイビーなどの暗めの色を選べば間違いありませんが、女性らしいイメージにしたいのであれば、薄めの色にしてもいいですね。
色は明るいものでもかまいませんが、原色系といった派手な色や柄入りは好みが分かれやすいので避けましょう。

パンツスーツとスカートは使い分けよう

パンツスーツとスカートスーツを着た女性

結論からいえば、パンツスーツでもスカートでも大丈夫です!
あなたの好みで選んで問題ありません。

パンツスーツは活発なイメージ

パンツスーツの裾丈

パンツスーツは活発なイメージを与えやすいので、営業職などを志望される方におすすめです。
裾の長さは、ヒールの付け根から1センチくらい下がおすすめです。上の写真のように足首が覗く程度であれば問題ありません。

スカートは女性らしさを演出

膝丈スカート

スカートは女性らしさを演出してくれますから、秘書や事務などを志望される方に人気があります。
スカート丈は膝丈がベスト。形は、控えめのフレアスカートかタイトスカートがおすすめです。

志望業種や企業の雰囲気に合わせて、使い分けましょう。

派手な色柄のインナーは避ける

女性の場合、スーツのインナーは白でなくても大丈夫!
パステルカラーなどの淡い色やストライプなどスタンダードな柄なら、問題ありません。

また、素材や形も、襟付きシャツ、シフォン系のブラウス、無地のTシャツなど、選択肢が豊富です。
お好きなものを選んでいただいて大丈夫ですが、胸元の開きすぎには注意しましょう。

ストライプのシャツを着た女性

どれにしようか迷ったり、心配な場合は、襟付きシャツを選べば問題ないでしょう。

迷ったら襟付きシャツをおすすめしましたが、黒の無地のスーツと、白の襟付きを合わせるとリクルートスーツっぽく見えてしまいます。
その場合は、ストライプや薄いピンクやブルーを選ぶようしましょう。

コートは落ち着いた色とデザインでまとめる

スーツに合わせるコートは黒やネイビー・グレーやベージュのものを選びましょう。
形は男性同様、トレンチや、チェスター、ステンカラーなどがおすすめです。

真っ白なコートや奇抜な色、ファー付きなどは悪目立ちの元です。
スーツには落ち着いた色やデザインのコートを合わせて、大人っぽくきめたいですね。

靴は黒パンプスがベスト

靴は黒のパンプスがおすすめです。

素材は革製やスエードを選ぶと落ち着いた雰囲気を演出できます。
エナメルの光沢感は派手なイメージを与えてしまう可能性あるので、避けましょう。

迷うのがヒールの高さです。
一般的にヒールは5センチ程度がよいと言われています。歩きやすく疲れにくいだけでなく、3センチに比べて足がきれいに見えるからです。
しかし、3センチや7センチを履いたからといって、ヒールの高さを理由に合否が決まるということはほとんどありません。

黒いパンプスを履いた女性

写真のパンプスは約7センチのヒールですが、それほど違和感は感じませんよね。

ヒールの高さよりも気をつけてほしいのは、歩くときの金属音です。
歩いたときに、「カツッカツッ」っと金属音がなってしまうと、耳障りに感じる方がいるかもしれません。

ヒールですから、多少の音は仕方ありません。
しかし、靴底のゴムがすり減っていると中の金属部分が露出してしまい、金属音が出やすいので、リペアに出すなどのお手入れをしましょう。

暖かい時期でもオープントゥやミュールなどはNGですよ。 靴は汚れなどがないか確認し、きれいな状態で面接に臨めるようにしましょう。

バッグはA4が入るシンプルなものを選ぼう

バッグはA4が入る自立型がおすすめです。
色は、コーディネートに合わせて、ネイビーや茶色などを合わせても問題ありません。
ただ、大きくブランドロゴが入っているものや、柄物は避け、シンプルなデザインを選ぶようにしましょう。

自立型のバッグと女性の足元

迷ったら、写真のような「黒」、「革」、「無地」の三点を意識して選べば、まず問題ありません!

髪は黒またはダークブラウン

髪色については、髪色自由の企業以外は黒髪がベストです。
男性と違い、ダークブラウン程度であれば問題ない企業もありますが、黒髪以外はリスクがあることを理解しておきましょう。

髪型は、目と耳がきちんと出ていると清潔感が増します。
また、お辞儀をしたときに髪が顔にかかってしまうのも良くないので、小顔効果があるからと言って触覚(顔の横に残した前髪より長い髪)は作らないようにしましょう。
肩より下まで髪が伸びている場合は、低い位置でまとめるようにしましょう。

ダークブラウンの髪の毛を下目に結った女性

※写真に写っている女性の髪色はダークブラウンです。

髪留めは黒や茶色など髪の毛と馴染む色やスーツに合わせて色を選んでみましょう!

その他身だしなみ

服装以外にも女性ならではの気をつけたいポイントがあります。
面接はこまかい部分まで気を抜かないことが大切です。

メイクは濃くしすぎない

面接もビジネスの場ですから、メイクをしないのはマナー違反です。
しかし、スーツに合わせる場合は、派手すぎるメイクはNG。

転職活動でちょうどいいメイク

私服とはちがうので、落ち着いた雰囲気のアイシャドウやリップを選びましょう。

ネイルは自然な色に

ネイル自由と募集要項に書かれていない限りは、派手な色柄やラメ、ストーンなどはNGです。
また、長すぎる、短すぎるというのも印象がよくないので、先端の白い部分は1ミリ~3ミリほどにしておいたほうが清潔感がでます。

面接での自然なネイル
面接のときは、お手入れをしてクリアカラーを塗るか、肌なじみのいいベージュ系でシンプルにまとめると素敵ですね!

ストッキング

スカートスーツの場合はもちろんですが、パンツスーツでもストッキングは必ず着用しましょう。 色は、明確な決まりはありませんので、ご自身の肌の色にあったものを選べは大丈夫です。

破れやすいので、バッグに必ず予備を入れておきましょう。

中途面接、スーツ着用時の注意点【男女共通】

最後に、男女共通で気をつけたいポイントをご紹介いたします。

アクセサリーは結婚指輪のみ

面接の場において、結婚指輪以外のアクセサリーはつけないようにしましょう。

「新卒とは違うし、ちょっとくらいなら…」と思う方もいるかもしれません。

もちろん、企業によっては問題ない場合もありますが、髪色自由やネイル自由などの表記が募集要項にない場合は、なるべくつけないほうが望ましいでしょう。

傘は折りたたみが便利

面接当日に雨が降っていたとき、あなたならどんな傘を持っていきますか?

傘は屋外で使うものですから、直接、選考に影響するわけではありません。
しかし、会社の近くでは誰に見られているかもわかりませんし、面接中も傘を持ち歩くこともあるかもしれませんから、なんでもいいわけでもありません。

おすすめは折りたたみ傘です。
折りたたみ傘なら、鞄にしまうことができるので、建物内を汚すこともありません。
荷物にもなりにくいので、転職活動にはぴったりですね!
色は黒やグレーなどの落ち着いた色合いを選び、柄も派手なものは避けましょう。

注意してほしいのが折りたたみ傘のケースです。
濡れたまま入れると鞄の中に水滴がしみてしまうことがありますから、 裏がマイクロファイバー素材になっているような吸水性の高いものを、別で買うと便利ですよ!

面接にクールビズはない

最近、夏になると必ず耳にする「クールビズ」という制度。
ジャケットを脱いで、ネクタイをせずに、夏を涼しく過ごすことが推奨されていますが、これはあくまで 企業側の話。

企業側から「クールビズでお越しください。」と言われない限りは、季節に関係なく、ジャケットとネクタイ着用のスーツスタイルで面接に向かいましょう。

まとめ:面接官の印象を意識する

「転職面接って気をつけることが多いなあ…」と憂鬱になってしまった方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、どの点でも意識してほしいことは1つ!
「面接官がいいと思う服装を意識する」ということです。

面接は自分の趣味や嗜好を押し付ける場ではなく、あなたと企業のマッチング度を見極める場です。
企業から「この人と働きたい」と思ってもらうために、面接官に与える印象を意識してスーツを選ぶようにしましょう!

無料
転職サポートサービス
面接で不安なことがあれば、なんでもご相談ください!
詳しくはこちら