JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 「質問はありますか?」面接官に逆質問されたときのお手本集

「質問はありますか?」面接官に逆質問されたときのお手本集

JOBSHIL編集部
質問はありますか?と面接の最後に聞かれて困る求職者さん
この記事のポイント
  • 面接でよくある逆質問のポイントを説明
  • 逆質問はあなたの印象を左右する大事なもの
  • OK・NGの逆質問例を多数紹介

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

ちょっぴり緊張しながらも面接が一通り終了し、そろそろ退出のころかな?というタイミングで

「最後になにか質問はありますか?」

と面接官に聞かれたことがある人もいるのではないでしょうか。

これは一般的に逆質問と呼ばれ、採用面接の場面でよくある質問内容です。

しかし、面接官から投げかけられる質問にしっかり答えることばかりに気を取られ、自分から質問しなければならない場合もあることなど考えていなかったという人も少なくありません。

質問は思い浮かばないけど、特にありませんって正直に答えたらマイナス評価なんだろうか…

そんな風に迷って、その場で気まずい沈黙が続いてしまうことも…?

しかし逆質問は、あなたのことを面接官に印象づける重要な役割を持っています。

そこで今回は、あなたの評価をアップする逆質問のポイントをご紹介します!

逆質問ってなんでされるの?

そもそも、面接官はなぜ「質問はありますか?」と聞くのでしょうか。

逆質問をすることで採用側が知りたいことは、主に以下の内容が考えられます。

採用側は逆質問から何を知りたいか
  1. その会社への志望度
  2. コミュニケーション能力
  3. 社風との相性
  4. その会社に対する単純な疑問や不安

例えば、会社の理念や新プロジェクトなどの具体的な内容についての質問があれば、会社側はあなたのことを志望度の高い人だと認識するかもしれません。

また、急に「質問はありませんか?」と投げかけられた場合でもスムーズに対応できるかといったコニュニケーション能力を判断していたり、自由度の髙い投げかけから、あなたがどんな質問をしてくるかで社風との相性をはかっている場合も。

また、単純に志望者に質問をしてもらうことで、会社に関する不安要素を払拭し、志望度がより高くなるよう印象アップのために聞いている場合もあるようです。

逆質問は自分をアピールするチャンス

多くの場合、逆質問は面接の最後に発生します。

そのため、逆質問にはその時の面接全体の印象を左右する重要な役割もあるのです。
「今回は、上手くいかなかったな…」と面接中に思っていても、逆質問があれば、挽回できるチャンスが巡ってくるかもしれません。

何を聞いても比較的OKな逆質問ですが、どうせなら、あなたの印象がアップするような質問をして、少しでも内定に近づきたいですよね。

そこでオススメなのは、逆質問の内容を面接前から用意しておくことです。逆質問を考えておく際のポイントは以下にまとめました。

逆質問を用意する際のポイント
  • 入社後の活躍をイメージさせる内容を
  • 面接官の立場によって聞くことを変える
    ・面接官が一人のとき
    ・面接官が複数人のとき
    ・面接官が人事担当者のとき
    ・面接官が現場の社員のとき
    ・面接官が現場の上長クラスのとき
    ・最終面接(社長面接)のとき
  • 複数パターンを用意しておく
  • 競合企業の情報も調べておく

忘れがちなのは、面接官の立場や人数、当日の面接の雰囲気によって柔軟に対応できるよう、場合別に複数の逆質問を考えておくことです。

また、逆質問を考える場合は、「その質問であなたが面接官に何をアピールしたいのか」を考えておくと良いでしょう。

逆質問でアピールできる主な内容は、以下が代表的です。

逆質問でアピールできること
  • 会社との相性や志望度の高さ
  • 自分の長所、頑張っていること
  • 世間のニュースなどに関心があること

上記の内容を踏まえた具体的な逆質問は、この後にご紹介します。

効果的な逆質問の例

ではここで実際に、逆質問の例文を目的別にいくつかご紹介していきます。

会社との相性や志望度の高さをアピールしたいとき

逆質問の例
  • なるべく早く社内の戦力になりたいと考えていますが、入社後はどのような流れで実際の業務に携わるのでしょうか?
  • 御社の◯◯という理念に共感しているのですが、その実践のための取り組みをお教えください。
  • 御社に入社する上で、これだけは覚悟しておくべきだというポイントはありますか?
  • 御社に入社できたら、いち早く活躍したいと考えています。そのために、何か準備しておいたほうがいいことはありますか?
  • 御社の◯◯事業に将来性を感じているので、機会があれば関わりたいと思っています。努力次第で将来的に関わるチャンスはありますでしょうか?
  
  

長所や強みをアピールしたいとき

逆質問の例
  • ◯◯の資格を取得しているのですが、御社の仕事で活かすことはできますか?
  • 現在の勤務先では◯◯を得意としてきましたが、今回募集されている◯◯職ではどのような能力が求められるのでしょうか?
  • これまで、未経験でも地道に努力して頑張ってきましたが、御社で活躍するために、今の自分がさらに努力すべき点はありますか?
  • これまで、毎月必ず自主的にノルマを達成していました。御社ではどのようにノルマを設定しているのでしょうか?
  • 自分の意見はしっかりと口に出す性格ですが、主体的に意見をすることが許される環境でしょうか?
  • 私はコミュニケーションが好きなので、他部署の人とも円満な関係を築いていきたいと考えています。御社では、そういった交流をする社風はありますか?
  

その他、好印象を与える質問例

逆質問の例
  • 御社が中途入社の者に期待する点を教えてください。
  • ◯◯様から見て、御社の魅力や仕事のやりがいはどんなところでしょうか?
  • 私と同世代の社員にはどんな方がいますか?
  • 世間で話題になっている◯◯のニュースは御社にも関連すると思うのですが、いかがお考えでしょうか?
  • 社員に求めることや、目指してほしいイメージがあればお教えいただけますでしょうか?
  • 今後予定している事業展開があれば教えてください。
  • 私と同じような職種から転職されている方がいれば、どんな活躍をされているのか教えてください。
その他、逆質問についてはこちらの記事も参考にしてみてください。   

してはいけない逆質問

一方で、逆質問の際にするとマイナス評価になりかねない内容は以下が代表的です。

こんな内容を逆質問はNG!
  • 事前に調べれば分かる内容
  • 面接官がすでに話した内容
  • YES・NOで簡単に答えられる内容
  • 面接官の立場では答えられない内容
  • 福利厚生だけに関する内容

それまでいい雰囲気だったのに、逆質問の内容で面接官を不愉快な気分にしてしまうことも少なからずあります。

企業研究不足が露呈してしまうような調べれば誰でも分かる情報や、面接官の立場を配慮していない質問仕事に対するモチベーションが低いと思われそうな質問は避けましょう。

「特にありません」はマイナス評価?

そもそも「質問はありますか?」と聞かれたら、必ず何かを聞かなければならないのでしょうか?

ここまでご紹介してきた内容を参考に、あなたのアピールにつながる逆質問が出来たら理想的ですが、本番の面接では緊張してしまい、とっさに答えられない場面もあるかもしれません。

そんなときは、ただ「特にありません」と答えるのではなく、以下のように丁寧に伝えましょう。

これまで十分にご説明をいただきましたので、特に質問はありません。お話をお聞きして、ますます御社へ入社したい気持ちが強くなりました。

また、万が一頭が真っ白になってしまった場合には、質問とは違ったことを伝えるのも一つの方法です。

「一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします!!」
と、とにかく誠意だけでも伝えてみたり、
「先ほどいただいた◯◯についての質問で伝え忘れてしまったのですが、付け足してもよろしいでしょうか?」と補足したい内容を提案してみたりするのも、面接官に印象を残すには効果的です。

逆質問の攻略で面接での印象をぐんとアップ!

とつぜん「なにか質問はありますか?」と聞かれると焦ってしまいますが、あらかじめ聞かれるものと想定しておけば、逆質問はそれほど恐れるものではありません。

今回の記事を参考に事前にしっかり準備しておくことで、面接官に一目置かれるような逆質問ができるようにしておきましょう!

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU