転職ナビ

【 無料 】 業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト

まずは会員登録

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 面接は清潔感が大事!好印象な髪型のポイント

面接は清潔感が大事!好印象な髪型のポイント

JOBSHIL編集部
印象の良い面接用の髪型を紹介
この記事のポイント
  • 男女別で髪型のポイントを紹介
  • ヘアセットのポイントも詳しく解説
  • イレギュラーな状況への対応も確認しよう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

面接では、質問に対する回答内容に意識が行きがちですが、見た目も大切な評価基準の一つです。
その中でも特に気を使いたいのが、髪型です。
目を見て話そうとすると髪がどうしても目に入りますよね。つまり、常に見られているといっても過言ではないのです。

しかし、転職となると新卒のときほどカチッとする必要はないので、どうすべきか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、転職活動の際の髪型について、気をつけたいポイントをご紹介します。
身だしなみを整えて、面接での第一印象をよりよくしていきましょう!

髪型は清潔感を第一に!

新卒のときほど厳しくチェックされるわけではないとはいえ、中途面接でも清潔感は大切です。

女性のゆるふわパーマは可愛いですし、男性の無造作ヘアもカッコイイのですが、スーツには似合わないだけでなく、ビジネスの場ではだらしない印象を与えてしまうこともあります。
面接の際はいったんオシャレ重視の髪型を封印して、信頼して仕事を任せられそうなへアスタイルで挑むようにしましょう。

では、ここからは、男性・女性に分けてそれぞれの髪型のポイントについて見ていきましょう。

【男性】ヘアスタイルのポイント

男性の場合は、髪色自由の職場でない限りは、黒髪がベストです。

ヘアスタイルは短めが基本ですから、ヘアカット段階から転職活動を考えてカットしてもらうと、スタイリングがしやすくなります。

では、ヘアカットの際のポイントについてご紹介します。

ヘアカット

面接を受ける前には、美容室や理容室で一度カットしておくことをオススメします。

長髪にいい印象を持たない人もいるので、以下のことを気にしながら、短めに切ってもらうと印象良く仕上がります。

ヘアカットのポイント
  • 前髪は目にかからない程度に
  • もみあげは短め
  • 襟足はシャツの襟にかからない程度
  • サイドは耳にかからない長さがベスト
  • 毛量が多い人は、すいてボリュームダウン

ボリュームがあるともっさりとした印象になりがちなので、毛量が多い方は少し量を減らしてもらいましょう。

スタイリング

ヘアカットである程度短めにできていれば、長い髪に比べればスタイリングはそれほど難しくはありません。

スタイリングの際には、以下の点に気をつけて行いましょう。

スタイリングのポイント
  • 無香または微香のワックスを使う
  • 前髪を上げておでこを見せる
  • こめかみ付近の毛は顔にかからないようにする
  • ボリュームを出しすぎないように
  • ワックスの後にヘアスプレーで固める

ワックスを選ぶ際は、ニオイのきつすぎないものを選ぶのが重要です。
ジェルタイプは、ものによってはテカリが出てしまうので、あまりオススメしません。

前髪やこめかみ付近の毛は、顔にかからないようにワックスでセットしてからヘアスプレーで固めます。
ワックスだけだと髪型が時間と共に崩れてきますが、ヘアスプレーを使うことで長時間きれいなままをキープすることが可能です。

あとは、カットのとき同様、ボリュームを出しすぎないことも重要です。

紹介している写真のようにスッキリとした髪型なら、面接でも不快感を抱く人はほぼいないはずです。

【女性】ヘアスタイルのポイント

女性の場合、転職活動となるとダークブラウンなど多少のヘアカラーはOKの会社も多くなっています。
少し明るくすることで、黒髪よりも軽やかなイメージになるので、自分にあったほうで面接に挑みましょう。

ただし、黒髪以外はリスクがあるので、心配な方は黒髪で面接に行くことをオススメします。

それではまず、ヘアカットのポイントについて見ていきましょう。

ヘアカット

女性の場合、ショートからロングまで様々な髪型を選ぶことができるので、自分に似合う髪型で整えてもらいましょう。
ただし、前髪を作る場合は、目が隠れない長さにカットしてもらいます。

ヘアカットの際に1つ気をつけてほしいのは、大きく髪型を変えてしまうことです。
例えば、ロングヘアーの人がいきなりショートにしてしまうと、慣れないスタイリングに時間がかかってしまいますよね。
そうならないためにも、慣れ親しんだ髪型にしておくのがオススメです。

スタイリング

女性の場合、肩より髪が長い方は、ひとつ結びやハーフアップなどスッキリした髪型にまとめるのがオススメです。

髪を結ぶ際には、髪色に馴染むシンプルなヘアアクセサリー(ヘアゴムやバレッタ)を使用します。
ただし、シュシュはカジュアルなイメージが強いので、地味なものであっても使うのは避けましょう。

その他、髪の長さにかかわらず気にしたいのは以下のポイントです。

スタイリングのポイント
  • お辞儀をしたときに髪が顔にかからない
  • 目が隠れていない
  • 耳を見せるスタイルは清潔感があってオススメ
  • 崩れやすい部分はヘアスプレーで固める

男性同様、顔まわりの髪の毛はなるべく固定しておくことをオススメします。
目や耳が隠れないようにすることでさわやかな印象になるだけでなく、髪をスプレーなどで固定しておけば、お辞儀をしたときにも顔が隠れにくくなります。

流行りの髪型にしたい気持ちもあるかと思いますが、面接では清潔感第一で考え、スタイリングしていきましょう。

これってどうなの?面接ヘアスタイルQ&A

ここまでは基本のヘアスタイルについて紹介してきましたが、もちろん例外もあります。
ここからは、「こんな時はどうしたらいい?」という質問にお答えします!

Q1:カジュアルな業界でも髪型は普通がいいの?

服装自由のアパレル企業を受けます。それでも、基本を守った方がいいのでしょうか?
今回ご紹介したのは基本のヘアスタイルですが、その企業に合っていれば絶対というわけではありません。
髪色自由であれば、明るめの茶色などでもOKな場合もあります。逆に、金融業界や高級ホテルなどは、黒髪でセットもきちっとしたほうがいい場合も多いです。
企業ページや求人サイトで従業員の画像を探し、どんな髪型をしているのか参考にしてみましょう。

Q2:地毛が茶色いのはNG?

私は生まれつき髪の毛が茶色がかっています。黒染めしたほうがいいでしょうか?
生まれつきなのであれば、面接前に事情を話してから、面接に向かいましょう。基本的には黒に染めなくても大丈夫です。
ただ、どうしても気になるのであれば、黒染めをしておいても問題ありません。

まとめ

面接の内容が良くても、髪の毛がボサボサだったり、色が明るすぎたりしてマイナス評価になってしまうのはとても悔しいですよね。
髪型は必ず目に入る部分であり、面接前に整えられる部分でもあるので、今回の記事を参考に清潔感のある身だしなみで面接に挑みましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU
転職ナビ公式アプリを使ってサクサク転職活動