転職ナビ

【 無料 】 業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト

まずは会員登録

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 到着時間から気になる噂まで!面接時間に関する疑問を一度に解決!

到着時間から気になる噂まで!面接時間に関する疑問を一度に解決!

JOBSHIL編集部
面接にまつわる時間について悩みを抱えている若手社会人
この記事のポイント
  • 面接時間に関する疑問や噂について解説
  • 面接前・当日・後と時系列で疑問を紹介
  • 疑問・不安を解決してスッキリした気持ちで面接に挑もう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

転職活動をしていると不安に思うことがたくさんありますよね。
その中でも「時間」に関する失敗は、なるべく避けたいものです。

「面接は何分前に行けばいいの?」「面接時間が短いと不合格ってほんと?」などの疑問は、解決しておいたほうが落ち着いて面接を受けることができます。

そこで今回は、面接の時間に関する様々な疑問にお答えします!
不安な部分を一つでも少なくして、面接に挑みましょう。

面接の時間に関するよくある疑問

疑問にお答えする前に、まずは今回紹介する「よくある疑問」を時系列で見てみましょう。
以下のリンクから、それぞれの項目にジャンプできるので、気になる部分がある方はすぐに読むことができます。

面接前
面接前日・当日
面接後

時間と一言でいっても、困ったときの対処法から、気になる噂など疑問の種類は様々です。
それでは、1つずつ見ていきましょう。

面接前

いざ面接の日程調整となったとき、特に仕事をしながらだとスケジュール調整が大変ですよね。
ここでは、面接スケジュールを決める前に解決しておきたい疑問について解説しています。

面接はどのくらい時間がかかる?

面接の所要時間は40分〜1時間程度のことが多いと言われています。

しかし、面接にかかる時間は企業によって異なるので、この範囲ではないこともあります。

面接と一緒に適性検査を行う場合には、3時間近くかかることもあるため、面接後に予定が入っていて心配な方は、事前にどのくらいの時間がかかるかを確認しておきましょう。

面接の時間帯によって、合否に有利・不利はあるの?

「夜の面接は選考に不利」など、面接の時間帯によって評価に影響が出るという噂を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?
このように言われる理由はいくつかあります。

夜の面接が不利と言われる理由
  1. その日に面接した人の中で比べられてしまう
  2. 夜は判断能力が鈍る
  3. 脳が疲れてくると、より楽な意思決定(採用見送り)をしやすくなる

このような理由から、遅い時間の面接は不利で、朝一かお昼休み明けが有利だと言われています。

ただし、転職活動では仕事を続けながら面接をすることも多いので、夜に面接が設定されることも少なくありません。
大切なのは面接の中身ですから、時間帯は気にしすぎず、あなたの良さをアピールしてきましょう。

面接前日・当日

面接が近づくと、「当日は何分前に行けばいいの?」と疑問に思ったり、「急に仕事が入っていけなくなった!どうしよう…」と不安になってしまうこともあるのではないでしょうか?
ここでは、面接までに解決したい時間に関する悩みについて解説していきます。

面接時間の急な変更はできる?

働きながら転職活動をしていると、仕事のトラブルなどで面接日程の調整をしなくてはいけなくなることもあるかもしれません。
面接日程がまだまだ先であれば調整もしやすいですが、面接前日や当日の朝だと焦ってしまいますよね。

面接直前になって日程変更をお願いする時は、前日ならメールを送った上で電話をし、当日なら取り急ぎ電話で連絡しましょう。

時間が迫れば迫るほど焦りがちですが、電話では以下の内容を落ち着いて伝えることが大切です。

日程変更の電話で伝えること
  1. 面接日時
  2. 自分の名前
  3. やり取りをしている担当者名
  4. 急なキャンセルについての謝罪
  5. キャンセル理由
  6. 日を改めて選考に参加したい意思

以下の記事は、直前での面接キャンセルについて書いた記事ですが、キャンセル方法や面接の再設定方法について詳しく書いてあるので、ぜひご覧ください。

面接の時間をど忘れ…どうしたらいい?

「面接予定は…15時と午後5時どっちだっけ?」

面接の時間を忘れてしまうと焦りますよね。
メールでやり取りをしていればすぐに確認できるのですが、困るのが電話や現地でのやり取りしていた場合です。
記録が残っていないので、忘れてしまうと確認するすべがありません。

面接日時を忘れてしまった際は、早めに志望企業に連絡をして面接日時を確認しましょう。

自分の名前や覚えている範囲の日程をしっかり伝えた上で、「面接日時を確認させていただきたくご連絡いたしました」と伝えます。

会場には何分前に行けばいい?

面接当日、会場には余裕を持って到着したいですよね。

しかし、企業側にも準備などがあるので、早く到着しすぎると迷惑をかけてしまうこともあります。

面接会場には10〜15分前に到着して、5分〜10分前に受付をするのがオススメです。

早く会場についてしまったときは、まわりを軽く散策して心を落ちつけたり、喫茶店で面接前の最終チェックをしたりして、ちょうどいい時間まで待ちましょう。

受付時間について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

面接後

面接が終わった後も、結果が来るまでは不安ですよね。
中には「こんなことがあったら不合格かも?!」と噂される「不採用フラグ」もあり、面接時間に関する噂も存在します。

面接の時間が短いと不合格ってホント?

面接時間が短いと「もしかして私に興味ないのかな?」と不安になる方もいるのではないでしょうか?
たしかに、そういった見方もありますが、早い段階で採用ラインを超えているとわかったので面接を早めに切り上げることもあるので、一概には言えません。

ただし、以下の項目に心当たりがある場合は、一度面接に対する心持ちを見直したほうがいいかもしれません。

面接で不採用になる原因
  • ビジネスマナーが守れていない
  • 会社と考え方や雰囲気が合わない
  • やる気が感じられない
  • 履歴書と実際の受け答えに差がある
  • 受け答えに問題がある

気になる不採用フラグについては、以下の記事にまとめていますので、気になる方はチェックしてみましょう!

まとめ

ビジネスシーンにおいて、時間の管理はとても重要です。
時間に関する疑問や不安は早めに解決しておくことで、当日に焦ってしまったり、もやもやして過ごす時間も少なくてすみます。

時間と心に余裕を持って、無理のないスケジュールで転職活動を進めましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU
転職ナビ公式アプリを使ってサクサク転職活動