JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 自己分析は転職成功への第一歩!効率的な方法を紹介

自己分析は転職成功への第一歩!効率的な方法を紹介

JOBSHIL編集部
転職用の自己分析をしている男性
この記事のポイント
  • 自己分析をするメリットを知ろう
  • 4ステップで自己分析を完結させる!
  • 謙虚な人でも強みが見つかる方法を紹介

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

転職活動では、自分の魅力をアピールすることが大切ですが、そのためにはまず自分を知らなくてはいけません。

しかし、いざ自分のことを聞かれると、

「強みってなんだろう」
「仕事での成果とか急に言われても…」

と答えにつまってしまう方もいるのではないでしょうか?

そんなときに行ってほしいのが自己分析ですが、具体的にどうすればいいのか悩みますよね。

そこで今回は、自己分析のポイントや効率の良い方法について、詳しくご紹介します。

選考の前に自分の良さを再発見してあなたにとってベストな自己PRを完成させましょう!

自己分析はなんのため?

そもそも、自己分析とはどんなことで、やることでどんなメリットがあるのでしょうか?

自己分析は自分を客観的に評価することであり、それによって自分の強みや弱みを明確にし、説得力のある自己PRができるようになります。

さらに、自己分析をすることは、以下のような効果もあるのです。

自己分析をするメリット
  • 転職活動をスムーズに進めやすい
  • 面接で話すことの軸がブレにくい
  • 企業とのミスマッチが起きにくい

自己分析で自分を見つめ直すことによって、「自分がどうして転職したいのか」「転職して人生をどう変えたいのか」がはっきりしてきます。

また、相手に理解してもらうためには、自分を理解していることが大前提。

自分のことをよく知って、それを相手にしっかり伝えるのが転職における自己分析の一番のポイントです。

そして、自分の得意・不得意や、やりたいことが明確になっていれば、転職先とのミスマッチを減らすことにも繋がります。

このように、転職活動をスムーズにすることはもちろん、自分に合った会社に入社するためにも、自己分析はとても大事なのです。

自己分析をする前に!注意したいポイント

自己分析は自分を知る上でとても大切ですが、行う際には気をつけるべきポイントがいくつかあります。

それを理解しないままだと「客観性のない自分像」を作り上げてしまう可能性あるので、しっかりチェックしておきましょう。

自己分析で注意したいポイント
  • 謙遜せず、自分のいいところをしっかり見つける
  • いいことだけでなく、あえて苦戦した経験なども振り返る
  • 転職では人間性だけでなく、社会人としてのスキル面にも目を向ける

日本では謙遜が美徳と考えられてきたせいか、「いやいや自分なんて…」と自分の長所を否定的に捉えがちです。
しかし、だれにでもいいところというのは必ずあります

自己分析では、謙虚さは一旦置いておいて、自分のいいところにしっかりと向き合いましょう。

ただし、人間、生きていれば必ず失敗もあります。
失敗は悪いことではありませんし、して当たり前。
多くの失敗は、次に繋げることで自分の力になります。
失敗を認めて、次の成長につなげるためにも、苦戦した経験も整理しておきましょう。

また、新卒のころに行った自己分析と転職の自己分析では分析対象が変わります
転職活動では、本来の人間性だけでなく、仕事に関するスキルもしっかり整理して、強み・弱みを見ていくのが大切です。

しかし、初めてだとどうやって自己分析をすればいいのかはっきりとはわかりませんよね。
そんな時は、以下の手順を参考に、自己分析をしてみましょう!

ステップ①:キャリアの棚卸し

ステップ①は、あなたが今までどんな仕事をしてきたかを整理する作業です。
ここでは以下に従って、キャリアを整理してみます。

キャリアの棚卸し項目
  • あなたが何を目標にして、
  • どこ(会社・部署)で、
  • 誰(同僚・取引先)と、
  • 何(商品・サービス)を、
  • どのよう(仕事の進め方)に、
  • どんなスケジュールでおこなってきたか

今まで勤めてきた会社や部署を、この枠に当てはめながら考えてみましょう。

記入例

どこで 不動産会社・営業部
だれと 営業事務とペアを組んだ
相手は中小企業の社長や総務担当
(基本は新規客多い)
なにを 賃貸物件(事業用)
どのように 基本は電話営業でアポ取り
ヒアリングのために企業様へ訪問
中略
引き渡し準備←事務の方
引き渡し当日の対応
仕事の
スケジュール
アポ取りから契約まで約2ヶ月くらい
長いと1年位継続で紹介することも
会社・仕事
の目標
売上前年比◯%

企業での概要がまとまったら、次は注目してほしいキャリアを思い出してみましょう。

例えば、企業で表彰されたことや、目立った業績、仕事で得た専門知識や、自分の提案して採用されたこと・ものなど社内での活躍などです。

「自分としてはそうでもない・・・」ということでも、他に人たちにとっては「すごい!」と思われる実績かもしれません。
思いついたものは一旦すべて書き出してみましょう。

ステップ②:自分の将来を考える

キャリアの棚卸しが終わったら、次はあなた自身のこれからについて考えていきます。

先程のキャリアの棚卸しで、自分の今までの仕事を振り返ったとき、「この会社(仕事)のこれが嫌だな〜」などといった不満もでてくるでしょう。
大切なのは、その不満をしっかり分解して考え、「どうして嫌なのか」「これからの自分がハッピーになるにはどうしたらいいのか」を考えることです。

そうすると、転職をする意味がなんとなく見えてくるはず。
これが、今後の転職活動でブレない軸を作るために重要なのです。

「40歳で部長になりたい」「子供を生んでも仕事を続けたい」といった内容でも構いません。
大きくても小さくてもいいから、しっかりと自分がどうなりたいのかを見つけましょう。

ステップ③:自分の強みを見つける

理想の将来に夢が膨らんできたところで、次に自分の強みを探してみます。
ステップ①で棚卸ししたキャリアを見ながら、思いつく限りの強みを書き出してみましょう。

しかし、「強みと言われても…」とすぐには思い浮かばない人もいるのではないでしょうか?
そんな方は、以下の経験を思い出してみましょう。

強みを見つけやすい経験
  • 人からよく頼まれること
  • 何かをするときに気にかけていること
  • やっていて楽しかったこと

上のような経験は、自分では気づいていない得意分野であったりするので、強みを見つけるときの手がかりになります。

もし、言語化することが難しい場合は、以下の単語から自分に当てはまるものを選び、強みを見つけていきましょう。

強み発見単語集

気配り 理論的 探究心 ストレス耐性
協調性 文章力 柔軟性 他者への興味
継続性 指導力 想像力 前向きな姿勢
実行力 理解力 計算能力 目標達成意欲
集中力 企画力 体力 視野の広さ
計画性 調整力 誠実 スピード感
忍耐力 責任感 成長意欲 プレゼン力

それでもなかなか見つからなくて悩んだら、少し恥ずかしいかもしれませんが家族や友達に聞いてみましょう。
自己分析には客観的な視点が大切なので、自分以外の意見を聞くのはとても効果的です。

また、このときに「ここはちょっと弱いなー」という部分も一緒に出しておくことも大切です。

ステップ④:具体的なエピソードを交えて整理

最後は、アピールできそうな強みが見つけられたら、次は実際に履歴書や面接でどう伝えるかを考えていきます。
ポイントは、アピールしたい強みを伝える具体的なエピソードを伝えること。

自己PRの方法については、こちらの記事を参考にしてみてください。

このような手順で行えば、自分の強みを見つけながら、転職活動で軸となる考えを見つけていけますよ!

まとめ

転職活動を始めたら、まずやってほしい作業が、この自己分析です。

自己分析がしっかりできていると、その後の転職活動もスムーズに進みやすくなります。

ミスマッチのない状態で内定を手に入れるためにも、事前の自己分析をしっかり行い、自信を持って選考に臨みましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU