転職ナビ

【 無料 】 業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト

まずは会員登録

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 面接時のノックって何回が正しいの?些細な疑問を解決します!

面接時のノックって何回が正しいの?些細な疑問を解決します!

JOBSHIL編集部
面接で入室する際にノックの回数がわからなくなってしまった社会人の女性
この記事のポイント
  • 面接時にするノックは何回?
  • 国際ルールと日本の慣例二つを紹介
  • ノック後の入室マナーもおさらい

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

採用面接の会場で名前を呼ばれ、面接官のいる部屋の前まで案内された際、入室の仕方に戸惑ってしまった経験はありませんか?

ドアの前に立って、

「まずはノックでいいんだよね?」

「ノックの回数って何回すればいいんだっけ…?」

とあたふたしてしまう人は少なくありません。

こんな風に、いざそのときにならないと重要性に気が付きにくいノックのマナー

そこでこの記事では、知っておくと今後に活きるノックのあれこれをまとめました。

正しいノック回数は4回?それとも3回?

国際的にビジネスの場で正しいとされているノックの回数は、実は4回なんです。

ドアをノックするという文化が昔はあまりなかった日本人にとっては「4回ってちょっと多くない?」と思う人も多いかもしれませんが、これは国際基準のプロトコールマナーで決められていることです。

プロトコールマナーとは?
プロトコールは、日本では国際儀礼や世界標準マナーと訳されます。もともとは、国家元首同士の会談などのような公的な儀礼をさしておりましたが、最近では国際的なマナーやエチケットを総称するようにもなってまいりました。世界中の人々が、文化や宗教の違いを超えてスムーズに交流できるように定められた世界共通のルールです。
出典:一般社団法人日本プロトコール・マナー協会

このプロトコールマナーでは、ノックの回数によって以下のように定められています。

ノックに関するプロトコールマナー
  • 2回:トイレノック
    →トイレの空室確認をするときのノック
  • 3回:親しい間柄
    →親族や友人など、親しい関係の人が相手のノック
  • 4回:目上の人
    →ビジネスの場など、目上の人が相手のノック

ただし、注意しなければいけないのは、日本のビジネスの場では、多くの場合3回が正式とされていること。

面接官の中には4回だと騒がしく感じてしまう人も多く、3回のほうが好印象とされています。

「こちらのほうがいい」というのは断言しにくいので、実際に3回と4回のノックを試してみて、自分にとって違和感がない方を採用するのも良いかもしれません。

3回ノックする場合は「コン、コン、コン」と1回ずつ区切ってリズムをとり、4回ノックする場合は「コンコン、コンコン」2回に分けてリズムをとるのがコツです。

ノック回数を間違えると評価に影響するの?

「今までノックはどんなときでも2回だと思ってた」
「減点対象になっていたのかな…」

ここまで記事を読んで、不安になってきた人もいるかもしれません。
しかし、面接時に一番大事なのは、もちろん入室後の面接内容です。

例えば、受け答えもしっかしりていて、自社の求めていた人材そのもの、といった人に対して、「ノックの回数が間違っていたから」といった理由で不採用にしたりはしないですよね。

とはいえ、ノック回数をチェックしている面接官も稀にいるそう。
不採用に直結するとまではいかなくとも、イメージダウンになる可能性はゼロとは言い切れません

どちらにせよ、入室時の第一印象はその後の面接の雰囲気に影響することもあるので、正しいノックのマナーを知っているに越したことはないですね。

ノックから入室までのマナー

ではここで、ノックをしてから面接官の前に着席するまでの正しい流れについてもご紹介していきます。

面接官がいる部屋への入室手順
  1. 扉をノック
  2. 「どうぞ」と言われたら「失礼します」と言ってドアを開ける
  3. 静かに閉め、ドアの前で一礼
  4. 椅子の横で挨拶
  5. 「お掛けください」と言われたら着席
入室して面接官を待つ際の入室手順
  1. 「失礼します」と言って入室
  2. 案内に従って姿勢を正して待つ
  3. 面接官が来たら起立して一礼
  4. 「お掛けください」と言われたら着席

▼より詳しい内容は、こちらの記事を参考にしてみてください。

面接時は緊張して思うように力が入らない場合もあるので、しっかりと音を出してノックするよう心がけましょう。

こんなときはどうする?ノックにまつわる疑問

ではここで、イレギュラーな場合のノックについて簡単に解説していきます。

Q:扉が開いていたときはどうするの?

室内に面接官がいる場合は、扉が開いていてもきちんとノックをしてから、「失礼します」と声をかけ、「どうぞ」という返事を聞いてから入室しましょう。

Q:面接用の部屋に扉がない…!

扉がない部屋にはいる場合は、ノックの必要はありません。名前を呼ばれたら返事をし、そのまま「失礼します」と声をかけて「どうぞ」の返事があったら入室しましょう。

Q:面接官と一緒に入室することになったら?

待合席まで面接官が来て、そのまま空室の部屋に案内してもらい、一緒に入室するケース。
このときは、面接官に「どうぞ」とドアを開けてもらったら、そのまま「失礼します」と挨拶をして入室しましょう。

今まで間違っていた…と気がついたならOK

あれこれやらなければいけないことが多い転職活動。
書類作成や面接対策などに追われ、ノックの回数などといった小さな疑問は、まさにその瞬間になるまでなかなか気が付かないものです。

今回ご紹介した内容を読んで、過去の失敗に気がついたとしても、「今まで間違ってた…」なんて落ち込む必要はありません。

この機会にノックと入室のマナーをしっかりおさらいできたのは、むしろラッキーなはず。
次のチャンスに活かすために、しっかりと身に付けておきましょう。

ささいな疑問や不安こそ、あらかじめ解決して自信を持って面接に向かいましょう!
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU
転職ナビ公式アプリを使ってサクサク転職活動