JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 第二新卒はポテンシャル勝負!採用担当者に響く職務経歴書の書き方

第二新卒はポテンシャル勝負!採用担当者に響く職務経歴書の書き方

JOBSHIL編集部
第二新卒の職務経歴書の書き方
この記事のポイント
  • 職務経歴書作成のポイントを紹介
  • 第二新卒のアピール方法をチェック
  • それぞれの項目の記入ポイントを解説

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

転職活動の際に初めて登場する職務経歴書
今までの仕事について書くことは分かっていても、具体的にどのように書くべきか迷いますよね。

特に、社会人経験が浅い第二新卒となると
「職歴が短いし、実績もまだない…何もかけないよ!」
と悩む方もいるのではないでしょうか?

しかし、提出を求められれば書かないわけにはいきません。

そこで今回は、第二新卒の方のための職務経歴書の書き方のコツを詳しくご紹介します!
職歴が短いからこその書き方ポイントをおさえて、効果的にアピールしましょう。

職務経歴書は「スキルのプレゼン」書類

第二新卒として転職活動をする方のほとんどは、職務経歴書を初めて書くのではないでしょうか?
具体的な書き方の前にまずは、履歴書との違い職務経歴書の基本を確認しておきましょう。

応募書類の役割

履歴書
自己紹介シート。住所や連絡先・経歴や資格などの基本情報をまとめたもの。

職務経歴書
スキルのプレゼン用シート。今までどんな仕事をして、どのくらいの実績を上げたか、どんなスキルが身に付いているかをアピールするためのもの。

履歴書はある程度の記入枠と書く内容が決まっていますが、職務経歴書は自分のスキルがどうすれば相手に伝わるのかを考えて書き方を工夫する必要があります。

初めて書く場合は、これから紹介するポイントを意識して内容を考えていきましょう。

職務経歴書の基本は「読み手を考えること」

職務経歴書は枚数や内容が決まっていない分、書くときに注意をしないと自分本位になってしまう可能性があります。
そうならないためにも、職務経歴書を書く際には以下のポイントに気をつけましょう。

職務経歴書の基本
  • 志望企業が求めている人材を意識する
  • アピールポイントを厳選する
  • 経験や目標はできるだけ具体的に記入する

志望企業の風土や求める人材を意識せず、ただ自分のいいところを羅列してしまうと、本当に伝えるべきポイントが伝わらない可能性があります。
アピールポイントは、たくさん書くよりも企業にあわせて厳選したほうが、採用担当者の心に響きやすいでしょう。

アピールの際には、エピソードや実績をできるだけ具体的に書く必要があります。
数字を入れたり、問題解決のための具体的な方法を書くことで、アピールポイントの裏付けになります。

「職務経歴書は実績やスキルをアピールする書類」ということを前提に、読む人がいる事を忘れず、読みやすい文章やまとめ方を意識して作成しましょう。

第二新卒だとまだ実績やスキルでアピールできる部分が少ないと感じている方もいるかも知れません。
でも、大丈夫!
第二新卒では、実績やスキル以外のアピールポイントがあるのです!

第二新卒は「ポテンシャル」をアピールしよう

実績やスキルが不足しがちな第二新卒では、スキルや経歴よりもポテンシャル(可能性・潜在能力)に注目していることがあります。

第二新卒の転職で、採用側に見られているのは主に以下の3つです。

見られているポイント
  • 人柄
  • 仕事に対するやる気
  • 最低限のスキル

第二新卒ならば、今現在のスキルや実績が少ないのは当たり前のこと。

学習意欲や前向きな姿勢といったやる気、基本のパソコンスキルといった最低限のスキル、会社の風土とマッチしているかなどの人柄が、第二新卒の採用では重要視されやすい傾向にあります。
上記のポイントを意識して職務経歴書をまとめることで、採用担当者に「これからに期待できる人だ」と思ってもらえる可能性が高くなるでしょう。

そして、職務経歴書では特に、自分なりに工夫をして書いているか(プレゼン能力・創造性)や、筋の通ったことを分かりやすく伝えられるか(論理的思考)などから、未来の可能性を見ているのです。

ここからは、実際に職務経歴書のどういった部分に注意してまとめるべきかをチェックしていきましょう。

職務経歴書の具体的な書き方

第二新卒でアピールすべき部分は見えてきましたが、そうすると悩むのが内容です。

「第二新卒として職務経歴書を書くのに、普通の中途採用と同じ書き方でいいの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

基本的な書き方は、第二新卒でも、そうでなくても同じなので、以下の記事を参考にしてみてください。

コレと決まった項目がない職務経歴書ですが、実は一般的にはある程度書く項目は決まっています。

職務経歴書に書くべきこと
  • 経歴概要★
  • 職務経歴
  • 勤務先情報(会社情報)★
  • 職務経歴詳細★
  • 資格・スキル・自己啓発★
  • 自己PR★
  • 転職理由
  • 志望動機

★マークはどの職務経歴書でも記入する事が多い項目です。

第二新卒の場合は、職務経歴や詳細の部分が短くなりがちなので、★マークにプラスして志望動機転職理由を書いてやる気をアピールするのが効果的です。

それではそれぞれの項目の書き方についても確認していきます。

経歴概要

第二新卒の場合、職歴が多くないのでここはそれほど悩む必要はありません。

ただし、経歴が少ない分味気ない内容になりがちなので、採用担当者に「この先を読みたい!」と思わせることが大切です。

注目してほしい経験や仕事への取り組み方などを一言加えるなど、採用担当者が興味を持つよう工夫をしましょう。

職務経歴

職務経歴は、在職期間企業名を羅列する部分です。

一般的な職務経歴書の場合は必要ですが、第二新卒で1社しか経験していない場合は、次で解説する勤務先情報に含めてしまっても構いません。

勤務先情報(会社情報)

在籍していた企業について会社の規模が分かるように企業概要を記載します。

勤務先情報の記入項目例
  • 企業名
  • 在籍期間
  • 事業内容
  • 従業員数
  • 資本金

この他にも、売上高や年商、本社所在地、設立年といった内容もわかれば記載しておくと丁寧です。

職務経歴詳細

今までの仕事内容を詳しく記入していく項目です。

第二新卒の場合は、経験した会社が少ないので、業務内容を入社から順を追って書いていくのがおすすめです。

決まった記入形式はありませんが、以下の内容を含ませてまとめると内容に具体性が出やすくなります。

職務経歴詳細でまとめる内容
  • 勤務期間(部署ごと)
  • 扱う商材(サービス・プロジェクトなど)
  • 取引相手(既存顧客・新規ユーザーなど)
  • 仕事のやり方(個人・チームなど)
  • 仕事の手法(手法・ノウハウなど)
  • 仕事の実績

これらを「担当業務」や「実績」といった項目に分けて箇条書きにすると、わかりやすいでしょう。
第二新卒で目立った実績がない場合は、仕事の手法で工夫したこと、改善したことなどに焦点を当ててまとめるのがオススメです。

資格・免許

ここは箇条書きで構いません。
取得年月資格・免許名を記載しましょう。

現在勉強中の資格・免許があれば、「○月取得予定」と記載します。

スキル・自己啓発

スキルの部分は、これまでの仕事で身に付いた役立つスキルを記入します。
WordやExcelといった仕事で使っていたスキルの場合は、「Word(契約書・お客様用配布資料作成など)」のように仕事でどうやって使っていたかを記載すると、採用担当者がレベルを判断しやすいのでオススメです。

ただ、第二新卒の場合はアピールできるスキルが少ないこともあるでしょう。

その場合は、仕事に役立ちそうなものであれば、勉強中のスキルを記載してもOKです。その際には、しっかりと勉強中であることを明記しましょう。

自己PR

自己PRは企業が求める人物像自分のやる気やスキルがマッチしているのを伝えることで、その企業で活躍できる人材だとアピールできます。

中途採用の場合はキャリアの棚卸しをメインにした自己分析を行いますが、第二新卒で働いていた期間が少ない場合は、新卒採用のときと同じように自分の長所や短所の部分を洗い出す自己分析をメインに行なっても構いません。
自己分析で分かった自分の強みを、企業や採用担当者が求める人物像に当てはめて、アピールすべき部分を選びましょう。

一般的に、時期PRでは実績や成果といったものをアピールすることがわかりやすいとされていますが、第二新卒の場合は以下の内容に沿ってまとめます。

第二新卒用自己PRのまとめ方
  1. 自分の軸となる考え方や仕事に対するこだわり
  2. 考え方やこだわりに沿った具体的な行動
  3. その行動から得られた成果

また、第二新卒の場合は学生時代の経験もアピールに繋がることがあります。
学生時代のことをアピールする場合は、転職理由や志望動機に結びつけて活用してみましょう。

そのほか、自己PRの基本については、以下の記事を参考にしてみてください。

転職理由

転職理由は、志望動機とセットで考えるのがオススメです。

第二新卒は入社から3年以内に辞めているので、人によっては勤務期間が短いと思う方もいるでしょう。

しかし、前向きな理由であれば第二新卒の場合それほど大きな痛手にはなりません。

短期間であることをネガティブに言わず、志望動機に結びつけながらポジティブに変換していくことが大切です。

転職理由の伝え方については、以下の記事で詳しく説明しています。

志望動機

志望動機には、異業種に挑戦するパターンと、同じような業種に転職するパターンによってポイントが異なります。

異業種に挑戦(キャリアチェンジ)

異業種に挑戦する場合は、新しい仕事に対する希望もあるので、前向きに書きやすいでしょう。
まずは、以下の内容を整理して、入社後のイメージを膨らませましょう。

異業種転職の志望動機の考え方
  1. 今の会社を選んだ理由
  2. そこで得たスキル・考え方・知識
  3. そこで得たものの活かし方
  4. 応募した理由(どうしてこの業界・会社・職種なのか)
  5. 入社したら活躍できる部分

どうして今の会社ではなく、志望企業に転職したいと思ったのかをポジティブな内容で伝えられればOKです。

同じような業種に転職

愚痴っぽくなりやすく、転職理由を説明するのが難しいのが、同じような業種に転職する場合です。

もし、営業不振や入社したら求人内容と仕事が異なっていたなど、新入社員の立場では解決が難しい問題は、そのまま伝えてもかまいません。

また、働くうちに会社の方針と自分のやりたいこと(希望)がずれてきたなどの理由もあると思いますが、その場合は志望企業でその希望が叶えられるのかを確認しておくことが大切です。

マイナスなイメージが付きやすいだけでなく、面接で深掘りされるとポロッと愚痴を言ってしまう可能性が高いので、面接のことも考えて慎重に書いていきましょう。

紹介したように、第二新卒ならではのポイントがある項目もあります。
以下の記事で記入形式などの基本を確認した上で、今回のポイントを活かしていきましょう。

まとめ

第二新卒の職務経歴書は、一般的なものよりも自己PR色が少し強めのイメージで書いてみるとバランスよく仕上がります。

職務経歴書は「自分のスキルをアピールするための書類」なので、職務経歴と言う名前のイメージに縛られすぎないことが大切です。

自分ができることをアピールするためにはどういった書き方がベストなのかを考えながら、作成してみましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU