転職ナビ

【 無料 】 業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト

まずは会員登録

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 転職用の志望動機にはポイントがある!面接官にやる気を伝える方法

転職用の志望動機にはポイントがある!面接官にやる気を伝える方法

JOBSHIL編集部
転職先に提出する志望動機を考える女性
この記事のポイント
  • 新卒時と転職時の志望動機の違いを解説
  • 志望動機のまとめ方を紹介
  • 失敗例で最終チェックも忘れずに

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

転職活動をしているとほとんどの企業で聞かれる志望動機
新卒の時にも聞かれることが多かった質問なので、「なんとなくこんな感じかな〜」と答えている人もいるかも知れませんが、中途採用と新卒採用の志望動機は、それぞれアピールすべきポイントが違います!

しかし、そんなことを言われても「じゃあ、転職用の志望動機は何を伝えればいいの?」と困ってしまいますよね。

そこで今回は、転職時の志望動機の考え方や答え方について詳しくご説明します。
より面接官に響く内容にするために、しっかりポイントを確認していきましょう。

志望動機は新卒と転職で違う

中途採用と新卒採用ではアピールすべきポイントが違います

志望動機の場合、「なぜその企業でなくてはいけないのか」「入社したら実現したいこと」は同じですが、理由付けの部分が変わってきます。

新卒では、自分の人間性や長所と仕事を結びつけたり、未来への希望や活躍したいいう希望を伝えて熱意をアピールするのが一般的です。

一方、転職の場合は、熱意や人間性だけでは押しが足りません。
大切なのは、仕事での経験やスキルがどう活かせるかを伝えることです。

それを伝えるためには自分の考えや経歴をしっかりと整理する必要があるので、まずはキャリアの棚卸しをして、自分の経験・スキルを整理しておきましょう。

キャリアの棚卸しについては以下の記事に詳しくまとめていますので、まだの方は読みながらやってみてください。

では、ここからは書類や面接の場面での実際の答え方について確認していきます。

印象がUPする回答ポイント

志望動機はどの企業でも一度は聞かれるので、しっかりと考えをまとめておくのがオススメです。

「早速まとめよう!」と言いたいところですが、その前に気をつけたいポイントについて確認しておきましょう。

志望動機の回答ポイント
  • 前職の悪口はNG
  • ネガティブな内容はポジティブに言い換える
  • 企業が求めている人材を理解
  • 転職理由・退職理由と一貫性のある内容にする

前職に満足していたら転職はしないので、なにかしら不満なことはあったはずです。

しかし、退職時の不満を解消したいという志望動機は、悪口に聞こえてしまったりネガティブな印象を与えかねません。
そんなときは、以下のような感じで言い換えてみるのがオススメです。

→人間関係が良くなくて仕事がしにくい
→コミュニケーションをしっかり取りながら仕事をしたい

このように、「○○が不満」「✕✕がしたい」という希望に変えてみるとポジティブなイメージになります。

また、いくらスキルが高くても企業が求める人物像あなたのアピールポイントがずれていては意味がありません。
企業研究や求人内容から企業が求める人材像をしっかり把握して、それに合う自分の魅力をアピールしていきましょう。

そしてもう一つ大切なのが、転職理由や退職理由とブレないことです。
これらに一貫性があると、志望動機の説得力が増しすので、評価アップにつながることも。

これらの注意点を意識しながら、まとめ方・答え方について詳しく見てきましょう。

伝わりやすい志望動機のまとめ方

転職活動での志望動機を書く際には、以下の4ステップを踏むと比較的しっかりとまとめることができます。

志望動機のまとめ方
  1. その企業ならではの魅力やほしい人物像を探す
  2. 自分ができることをピックアップ
  3. その会社で活かせる経験やスキルを選ぶ
  4. 入社後に実現したいことを考える

まずは企業研究と自己分析・キャリアの棚卸しを行い、その上で相手が欲しい能力と自分が持っている能力がマッチングしている所を見つけましょう。

そのマッチングしている能力を使って、あなたが入社後に何をしたいのかをアピールすることが大切です。

このように考えた内容を以下の順序で伝えれば、的を射た内容を分かりやすく伝えることができます。

志望動機の伝え方
  1. 応募企業を選んだ理由
  2. 活かせる経験・スキル
  3. 入社後に実現したいこと

まずはどうして入社したいのかを完結に述べて、その理由を経験やスキルを交えながら伝えます。

そして最後に、そのスキルを使って入社したらどう貢献していきたいのかをまとめればOKです!

以下は、このまとめ方を参考に作った志望動機の例です。

志望動機例文

私が貴社を志望する理由は、2つあります。
常識にとらわれない商品展開に魅力を感じたこと。そして、個人営業での経験を活かせると考えたからです。

貴社の〇〇は、競合商品に比べて〇〇な部分が非常に優れていると感じ、企業理念にも「革新」の文字があり、その姿勢に大変共感いたしました。
前職の営業の仕事で身につけた、トークスキルを活かし、この商品をより多くの人に広めたいと思い、貴社を志望いたしました。

まずは志望動機から入り、それについて詳しい理由を伝えつつ活かせるスキルをアピール、最後に入社して実現したいことを話します。

限られた記入スペースや回答時間の中で効率よく伝えるためにも、言いたいことは厳選して簡潔に伝えましょう

最後にチェック!あるある失敗例

志望動機には印象ダウンに繋がる失敗パターンがいくつかあります。

相手に伝える前に、あなたの志望動機は大丈夫かをチェックしておくと安心です。

志望動機の失敗パターン
  • 「応募企業だから!」などの理由になっていない
  • 企業理念に共感しているだけで、理由が明確でない
  • ユーザー目線の評価のみになっている
  • 「勉強したい!」という受け身の姿勢
  • 福利厚生や立地など仕事以外の理由がメイン
  • やる気のみでどうやって頑張るのか具体性がない

採用担当者としては企業に貢献してくれる人を選びたいですよね。
そう考えると、「勉強したい!家から近い!」など、会社に入ることで自分が受ける恩恵を優先してしまう内容は印象がよくありません。

また、内容に具体性がないのも、印象ダウンの原因の一つです。
何をすることで一生懸命頑張るのか、共感したその理念を元にどう動くのかなどをしっかり考えて志望動機に盛り込みましょう。

まとめ

志望動機は「この会社に入りたい」という気持ちだけでなく、「この会社に入ってどんな活躍をしたいか」という視点で考えると答えやすくなります。

その活躍をするために役立つスキルをアピールするのが一番ですが、なかなかピッタリのスキルが見つからないのであれば、これから身につける予定で今勉強していることを理由付けに使ってもかまいません。

「会社で活躍するぞ!」という意気込みを忘れずに書き、面接官が「一緒に働いてみたいな」と思う志望動機を考えていきましょう!

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU
転職ナビ公式アプリを使ってサクサク転職活動