JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 転職活動の進め方は?平均期間や予定通りに進めるコツを紹介

転職活動の進め方は?平均期間や予定通りに進めるコツを紹介

JOBSHIL編集部
転職を3か月の期間で行う男性
この記事のポイント
  • 転職期間が長引く原因と解決方法を紹介
  • 転職活動が長引いたときの対処法を紹介
  • ゴールを明確にして内定を目指そう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

転職活動は体力・精神力・金銭面など様々な面で負担がかかるので、「できるなら早めに終わらせたい…」と思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、転職は相手もいることなので、時にはスムーズに進まないことも。

「転職活動の期間を長引かせないためにはどうすればいいの?」
「すでに長引いてしまっているけど何がダメなんだろう…?」

と悩んでいる方もいるでしょう。

そこで今回は、転職活動を始めてから次の会社に入社するまでの期間をスムーズに過ごすコツについてご紹介します。

転職サイトの転職ナビでは
専任アドバイザーが無料で転職活動をサポート

会員登録はこちら

転職活動にかかる期間

そもそも、転職活動にはどの程度の期間かかるのか気になりますよね。

転職活動を1年以上続けている人もいれば1か月で決まる人もいるので一概にはいえませんが、一般的に転職活動は3か月前後かかると言われています。

もしあなたが働きながら転職活動をするのであれば、3か月より短い期間で転職することを目標にするのがオススメです。
働きながらの場合、転職活動を後回しにしてしまい長引く傾向にあるので、少し短めにスケジュールを考えておいたほうが、後々慌てずにすみます。

また、退職してから転職活動をする際に金銭的な余裕がない場合も、短期決戦型でスケジュールを組みましょう。

予定通りの期間で転職するコツ

立てた予定通りにスムーズな転職活動を進めるためには、事前準備が何よりも大切です。

ここで言う事前準備は、情報収集・自己分析・現在の職場状況の把握をしっかり行うことです。

それぞれどんなことをすればいいのかを詳しく見ていきましょう。

情報収集
  • 業界の採⽤動向
  • 志望企業の採用試験の難易度
  • 志望する業界や企業の採⽤基準
  • 志望業界・企業の近年の動き
自己分析
  • 自分の長所や短所
  • これまでの仕事で身に付いたスキル
  • 仕事に役立つ経験
現在の職場状況の把握
  • 退職時の手続きについて
  • 担当業務の今後のスケジュール
  • 繁忙期

情報収集で業界研究や企業研究を行い、自己分析で自分の長所やアピールポイントを見つけます。
それらをマッチングさせると、企業で活かせる経験やスキルを選んでいくことができます。

また、現職場の退職がスムーズにいかないと、転職先の入社が遅れてしまう可能性も。
繁忙期を避けたタイミングや担当プロジェクトの終了時期、引き継ぎにかかる時間などを把握し、トラブル無く退職できる時期をチェックしておきましょう。

転職のタイミングについては、以下の記事で詳しくご紹介しています。

転職が思うように進まない理由と解決方法

最初にもお伝えしたとおり、転職活動は思っている以上にパワーを消耗してしまうもの。
誰だって長引かせようと思って長引かせているわけではありませんよね。

しかし、準備をしっかりしていても転職活動の期間が長引いてしまうことはあります。

理由としてまず考えられるのは、企業側の都合です。
企業側で、他の候補者の審査が終わるまで結果がでないなどの理由は、求職者側ではコントロールしにくい部分のなので、どっしり構えて待つしかありません。

しかし、その他の理由は、自分次第で多少コントロールできることも多いです。

例えば以下のような理由は、自分の行動や考え方を工夫することによって、解決できることもあります。

転職活動がスムーズに進まない理由
  • 1社ずつ応募している
  • 転職のゴールを忘れている
  • 理想だけで転職活動をしている
  • 面接日程の調整がうまくできない

1社ずつの応募は、落ちたときにまた1からのスタートになってしまうので、できれば複数の会社を並行して応募するのがおすすめです。

また、転職活動の期間が長引く方の多くは「ゴールや目標が明確に決まっていない」場合があります。
「どの会社に応募するか」「この内定を受けてもいいのか…」と悩んだら、会社をやめたいと思った理由を思い出しましょう。

今抱いている不満から、どんな条件を改善できる企業で働きたいのかを今一度考えてみることが重要です。

働きながら転職活動をする場合には、面接日程の調整に苦労して全体の予定が押してしまうこともあるでしょう。
日程調整は企業との兼ね合いもありますが、有給を使ったり1日に2件の面接を入れてみたりと工夫をすることで、改善できる場合もあります。

このように、転職活動が予定通り進まないことには理由があり、理由が分かれば解決することもできます。

スケジュール通りに進まず悩んでいる方は、このような解決方法を試してみてください 。

退職後の転職活動が長引いてしまったら…

ここまでは、転職活動が長引いてしまう理由や解決策について解説しましたが、すでに転職活動の期間が長引いてしまっている方もいるのではないでしょうか?
特に、すでに退職済みという方は、「ブランク期間がネックになるのでは…」と不安になったり、なにより仕事が決まらないことに焦りますよね。

ブランク期間に対してネガティブな印象を持っている採用担当者もいるかもしれませんが、きちんと説明ができればリカバリーすることもできます。

リカバリー方法を知るために、まずはブランク期間があることに対して採用担当者がどのような心配をしているのかを知っておきましょう。

ブランク期間に対する心配
  • 仕事への意欲が低下しているのではないか?
  • 柔軟性や判断力が低下しているのではないか?
  • ビジネスに対する感覚が鈍っているのではないか?

これらに対しては、「その心配はありません!」と話しができればいいわけですが、具体的にはどう伝えればいいのでしょうか?

ブランク期間について説明する際に大切なことの一つが「ブランク中に何をしていたか」を明確にすることです。

ブランク中、以下のような過ごし方をしていた場合は、リカバリーしやすくなります。

ブランク中の過ごし方例
  • 資格の勉強をしていた
  • 語学留学をしていた
  • スキル習得のために勉強していた
  • フリーランスで短期や単発の仕事をしていた
  • 家族の介護をしていた
  • 病気の療養をしていた(現在は完治していることをしっかり伝える)

つまり、今後の仕事のためにしていたことをアピールすることで、退職中のブランクをフォローすることが重要なのです。

また、家庭の事情や病気などで長引いていた場合は、正直に言いましょう。

次に大切なのが、「入社後、ブランクを取り返すためにどうするか」を伝えることです。

自己PRや志望動機で話すことが多い「入社できたらこうしたい」という部分を「ブランクを解消するためにどう動くか」と考えて書いてみましょう。

ポイントは、ブランクに対して採用側が心配しているリスクを理解した上で話しているのを伝えることです。

ゴールを明確にして転職活動を進めよう

期間が長引くと、辛く感じてしまう転職活動。
そうならないためにも、転職活動の期間だけでなく「入社の条件はこれ!」という条件面のゴールもしっかり決めておくことが重要です。

むやみに先延ばしにすることも、納得出来ないまま早く決着をつけてしまうこともせず、今できることを一つずつクリアして、内定を目指しましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU