JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. はじめてのハローワーク!出来ることや注意点をチェック

はじめてのハローワーク!出来ることや注意点をチェック

JOBSHIL編集部
ハローワークについて調べる女性
この記事のポイント
  • ハローワークで出来ることを紹介
  • 初めて行く際の注意点をチェック
  • 仕事探しをするための方法を解説

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

ハローワークについて皆さんはどのくらい知っていますか?
なんとなく仕事を探す場所というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

実は、ハローワークは、正式名称を公共職業安定所という公共施設なんです!

ただ、利用したことのない人にとっては、どんな場所なのか想像しにくく、人によっては少し入りにくいイメージを持っているかもしれません。

そこで今回は、ハローワークでできることや、どんな人が利用するのか行く前にしっておきたい注意点などを詳しくご紹介します。

ハローワークについての知識を深め、効率的に活用していきましょう!

ハローワークで出来る3つのこと

ハローワークって具体的にどんなことをしてくれるでしょうか?
ただ仕事を紹介してくれるだけ…?
ハローワークというと就職支援のイメージが強いですが、実は他にも職業訓練の受付や雇用保険の手続きなども行っているんです!
まずはハローワークの業務について確認していきましょう。

就職支援

一番のメインは、求職者と求人情報のマッチングを行い、就職までの手助けをする就職支援業務です。

一般的には、ハローワークに設置してある検索機で求人を探し、気になる求人を窓口に持っていきますが、
「そもそも気になる求人が何なのかわからない」
「どうやって就職活動を進めればいいのかわからない」

という方もいるのではないでしょうか?

ハローワークではそういった不安や疑問を持っている方への就職相談セミナーも行っています。

就職相談・セミナーの内容
  • 自分に向いている仕事を考える
  • 具体的な求職活動のやり方の指導
  • 自己分析で自分を知る
  • 求人票の見方
  • 応募書類の書き方
  • 面接の受け方

また、実際に応募するとなった際には、企業への紹介状の発行企業への連絡、さらには応募書類の添削面接対策を行ってくれる場合もあります。

ハローワークは行政の施設ということもあり、これらのサービスはすべて無料で受けることができます。

職業訓練の受付

ハローワークでは国や都道府県や民間が行う職業訓練への申込みを行うことが可能です。

職業訓練は原則無料で就職役立つ様々な講座を受けられるので、技術を身に着けて新しい仕事に挑戦したい方などにオススメです。

また、雇用保険を受給できない求職者は、一定の条件を満たせば職業訓練を受けることで職業訓練受講給付金を貰えることがあります。

説明会なども行われていますので、気になる方はハローワークで確認してみましょう。

雇用保険の手続き

転職先を決めずに会社を退職すると、収入がなくなってしまって不安になりますよね。
そんなときに頼りになるのが雇用保険です。

一般的には失業保険と言われることもあり、再就職が決まるまでの貴重な収入源となります。

受給資格がある方は、ハローワークに行き手続きを行うことで、雇用保険を受給することができます。

雇用保険の受給資格条件

以下の2つの条件に当てはまると、基本手当が支給されます。
①ハローワークで求職申込みを行い、就職したいと努力し、就職できる能力があるにもかかわらず、失業状態にある
②離職日前の2年間に、通算12ヶ月以上の被保険者期間がある(特定受給資格者や特定理由離職者は1年間に6ヶ月以上でも可)

働ける人なら誰でも利用できる

ハローワークってだれでも使えるんですか?例えば、まだ働いている人や、新卒とか…
基本的に法律上働いて問題ない年齢の方なら誰でも利用できます。
もちろん、現在働いている方もOKです!
年齢・性別にかかわらずどのハローワークでも対応してくれますが、例えば、以下のような特別なハローワークもあります!

新卒応援ハローワーク

新卒は中途採用とは選考方法や採用基準が異なります。
集団面接やグループワークの対策など新卒採用に特化した指導を行ってくれることはもちろん、就活用のメイクセミナーなどを実施している施設もあるので、気になる方は調べてみましょう。

マザーズハローワーク

子育てと仕事を両立するのは簡単ではありませんし、仕事を探す段階でも幼いお子さんがいる場合は思うようにいかないこともあるでしょう。
そんな子育てを頑張るママ向けにあるのが、マザーズハローワークです。

キッズスペースで子供を遊ばせられるので、子供連れでも利用しやすいのが特徴。
さらに、子育てと両立しやすい仕事を紹介してくれるのも嬉しいポイントです。

ハローワークに行く前に確認したいこと

ハローワークってたくさんあると思うんですが、どこに行ってもいいんですか?行くときの注意点などもあれば教えてください!
求人検索や職業相談は全国どこのハローワークでも利用できます。
でも、雇用保険の手続きなどあなたが住んでいる地域の管轄ハローワークでしか行えない手続きもあるので、以下のように居住地域の管轄施設を確認しておくと安心ですね。

ハローワークの管轄

全国に点在するハローワークには、それぞれに担当する地域があります。

ハローワークは市区町村ごとにあるわけではなく、一つのハローワークで複数の市区町村を管轄していることがほとんどです。

自分の住んでいる地域がどのハローワークの管轄なのかは、以下のリンクから確認することができます。
以下の公式ページで都道府県を選び、公共職業安定所の見出し横にある「管轄一覧表」から調べてみましょう。

ハローワークに行くときの服装

就職活動や転職活動と聞くと、スーツ姿を想像する方も多いかもしれませんが、ハローワークに行く際には私服でOKなのです。

しかし、企業への紹介状を書いてくれる職員さんも人間なので、同じ私服でも伸びきったTシャツとヨレヨレの短パンよりは、パリッとした襟付きのシャツやキレイめのブラウス・スラックスやチノパンのほうが印象アップにつながります。

面接がない限り、スーツを着ていく必要はありませんが、いつでも最低限の清潔感がある身だしなみは意識しておきましょう。

初めてハローワークに行くときの持ち物

初めてハローワークに行く際には、なにを持って行くべきか心配になりますよね。
まずはここで、確認しておきましょう。

求職申込みのみの場合

雇用保険の手続きがなく、求職申込みの申請のみの場合は、特別な持ち物は必要ありません
しかし、以下を用意しておくと、いざという時に役立ちます。

初回で持っていくといいもの
  • メモ帳とペン
    大切なことをメモにとるため
  • スマートフォン
    気になる企業などについて調べるため
  • 履歴書
    求職申込み用紙の記入時や当日応募をすることになった際に役立つ

求職申込みをするともらえるハローワークカードは、2回目以降は必ず持って行きましょう。

雇用保険の手続きも行う場合

雇用保険の受給手続きには、離職票をはじめいくつか必要なものがあります。

雇用保険の手続に必要なもの
  1. 離職票-1
  2. 離職票-2
  3. マイナンバーカード
  4. 本人の印鑑(認印可)
  5. 写真2枚
  6. 本人名義の通帳またはキャッシュカード

忘れ物をすると手続きが行えない場合があるので、行く前に忘れ物がないかしっかり確認しておきましょう。

募集している求人の種類

ハローワークで募集しているのは正社員だけですか?
いいえ、実はアルバイトから正社員まで様々な雇用形態の求人があるんですよ。

ハローワークには正社員以外にも、有期雇用の契約社員アルバイト派遣社員請負の仕事もあります。

求人情報を検索する際には、求人情報の種類や派遣・請負のチェックを自分の条件に合わせて検索してみましょう。

インターネットで検索する際の詳しい検索方法は、以下のページにまとめられていますので参考にしてみてください。

仕事探しを始めるための手続き方法

ハローワークにふらっと行っても、企業への紹介状はもらえません。
まずは求職申込みを以下の手順で行いましょう。

①居住地を管轄するハローワークへ行く

求職申込みの際は、最寄りのハローワークへ向かいます。

ただし、雇用保険の手続きといった一部の業務は、居住地域の管轄ハローワークでないと行えません。
そのため、初回利用の際は管轄のハローワークに行くのがオススメです。

②求職申込書を記入・提出

ハローワークに到着したら、求職申込書を記入します。
以下の記入例に従い、希望条件などを記入していきましょう。

「ハローワークでの滞在時間を短縮したい!」
「落ち着いて記入内容を考えたい」

という方は、以下のページから求職情報仮登録も行えます。
ただし、仮登録から1週間以内に本登録をする必要があるので、ハローワークに行ける日を確認してから記入しましょう。

そして、記入が終わったら窓口に書類を提出します。

③ハローワークカードを貰う

求職申込みが受理されるとハローワークカードが貰えます。
このカードは求人紹介などを受ける際に必要になりますので、ハローワークに行くときは忘れずに持っていきましょう。

ハローワークに行くのも面倒…という人は?

求職・退職・スキルアップなど、仕事に関する様々なことをサポートしてくれるハローワーク。
うまく利用できれば、退職時などに損をすることなく次の仕事に転職することもできます。

そのためには、まずハローワークで出来ることをしっかり理解することも大切です。

しかし、ハローワークに足を運んで求人探しをするのは面倒だし、担当者の方とうまくコミュニケーションがとれるか不安な方も少なくないはず。
そんなときは、ハローワークの求人も掲載している転職ナビをまずは覗いてみてください。

私たち、キャリアアドバイザーの転職ナコウドが、無料であなたお仕事探しをサポートします!
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU