JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. ピッタリを見つけるために!ハローワークの求人について知りたい3つのポイント

ピッタリを見つけるために!ハローワークの求人について知りたい3つのポイント

JOBSHIL編集部
ハローワークで見つかる色々な求人
この記事のポイント
  • ハローワーク求人の特徴を紹介
  • 効率よく検索・閲覧する方法を解説
  • 求人票を読むコツをチェック

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

「仕事探さないと…」

そんな気持ちでハローワークを利用しようとは思うものの、

「ハローワークにはどんな仕事があるんだろう?ブラック企業は嫌だ…」
「どうすれば希望に近い会社を見つけられるのかわからない」

などの不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ハローワークにある求人の種類求人の検索・閲覧方法求人票の読み方について説明します。

ハローワークで応募できる求人について

まずは、ハローワークで募集されている求人について、基本をおさえていきましょう。

ハローワークにある求人の特徴と量

ハローワークってどんな求人があるんですか?よくある転職サイトに比べて量は多いですか?

民間の転職サイトに比べると求人量は多めです。
掲載料や採用後の手数料などもかからないので、チェーン店などはもちろん、地元の中小企業の求人も多く見かけます。

大きな特徴は、地域密着型の求人が見つかりやすい点です。

ハローワークにある求人の質

求人の質はどうなのか不安です…。いわゆるブラック企業とかはありますか?

ハローワークは無料で求人を掲載できるだけでなく、原則、全ての求人を受けて掲載しなければいけない法律があるため、求人の質の良さで言えば、民間サイトに劣る部分もあります。

仮に「やめてもすぐまた採用できる」と考えているような企業があっても、簡単には排除できないのが難しいところです。

地元企業などであれば、担当者によっては要注意な企業を教えてくれることもあるので、気になる場合は窓口で聞いてみてもいいですね。

ブラック企業排除の動き

少し前までは原則すべての求人を受けることが法律で決まっていたハローワークですが、今は労働基準法などを違反する企業からの求人を拒否できる制度ができました。
新卒求人から始まった制度のため、すぐにはブラック企業はなくなりませんが、行政も悪質な求人なくすために対策をしているようです。

ハローワークにある求人の公開頻度

ハローワークの情報はいつも最新なんですか?新しい情報はいつごろ更新されるんでしょうか?

ハローワークでは、最新の求人を毎日更新しています。
毎朝午前6時になると、前日の午後9時30分時点の最新求人が更新されます。

朝に最新の求人をチェックすれば、人気求人にも早めに応募することができそうですね。

ハローワーク求人の検索・閲覧方法

ハローワークの求人から気になる企業を見つけるには、自分の探している条件に合わせて検索条件を調整する必要があります。

しかし、ハローワークのサービスは使いやすいとは言えない部分も多いため、ときには検索がうまくできず条件に合った求人を見落としてしまうこともあるかもしれません。

そんなときは、ハローワークの求人も検索できる転職ナビで求人を探してみてはいかがでしょうか?
以下の手順でハローワークを含めた多くの求人から、希望の近い会社を探すことができます。

転職ナビの求人検索方法
  1. 希望職種と勤務地を選び、検索をクリック
  2. 雇用形態を選び、ハローワーク案件を除くのチェックをはずす
  3. 更に詳しい条件を入れる場合は、「条件を開く」をクリック
  4. 気になる業界を選び、キーワードなどを入力して検索

もちろん、ハローワークインターネットサービスハローワークに設置されている検索機も使えるようになった方が、いざというときには便利です。

以下のサイトで使い方を確認できるので、チェックしておきましょう。

ハローワークインターネットサービスの使い方

最初に、フルタイムかパートタイムか、勤務地域などの大枠を選択し、その後に詳細情報を設定していきます。

検索する際は、以下のポイントに気をつけながら検索してみましょう。

検索のポイント
  • 最初は条件を緩めて、少しずつ求人を絞りこむ
  • フリーワードは短めに設定
  • フリーワード検索で思った求人が出ないときは、類義語を使用して検索してみる

検索機の使い方

ハローワークの施設内で使用できる検索機は、出てきた質問に答えたり条件を選択していく形式なので、インターネットサービスに比べると検索しやすいと感じる方も多いかもしれません。

気になる求人を印刷することもできるので、ハローワークに行った際は使ってみましょう。

分かりにくい求人票を解読するコツ

基本的には、ハローワークの求人も民間企業が提供するものも、注目すべき項目注意したい項目は変わりません。

優先したい条件を事前に決めた上で、以下の項目を中心にチェックしていきましょう。

検索のポイント
  • 事業内容
    自分のやりたい仕事と一致するか
  • 業務内容
    同じ職種でも企業によって業務内容が違うことがあるので注意
  • 募集対象者
    年齢制限や未経験可といった条件が自分に当てはまるか
  • 勤務地
    転勤の可能性や勤務候補地の確認
  • 勤務時間
    始業・終業時間や残業時間は、部署によって差がないか
  • 雇用形態
    非正規雇用の場合、正社員登用の可能性があるか
  • 給与
    各種手当をひいた基本給の確認・月給制か年俸制かの確認
  • 休日・休暇
    完全週休二日かそれ以外か、シフト制なのか

これらの条件に気をつけながら求人票を確認することで、希望する条件とのミスマッチを減らしていきましょう。

以下のサイトにハローワークで使われている求人票の見本があるので、上の条件と見比べてみてください。

完全週休2日の表記

一般的には
「完全週休二日は1週間のうち2日必ず休める」
「週休二日は毎月1回以上、週2日間の休みがあり、その他の週は毎週1日は休める」
と区別されますが、ハローワークの求人では表記が少し違うので注意が必要です。

ハローワークでは完全週休二日を、「週休二日制 毎週」と表記します。

まとめ

ハローワークには想像以上にたくさんの求人があります。
その中からあなたの希望にピッタリ合った仕事を探すのは簡単ではありません。

しかし、今回ご紹介した求人の特徴や、探し方求人票の読み方を活用すれば、満足のいく求人を見つけやすくなるはずです。

新たな一歩を明るく踏み出すためにも、まずはピッタリの求人探しから始めてみましょう!

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU