転職ナビ

【 無料 】 業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト

まずは会員登録

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 転職面接にはコツがある!事前チェックすべき5つのポイント

転職面接にはコツがある!事前チェックすべき5つのポイント

JOBSHIL編集部
転職面接の対策をしてきた女性
この記事のポイント
  • 転職の面接を成功へ導くコツを5つ紹介
  • 面接前にやるべきことをチェック
  • 練習しておきたい質問リストを確認

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

選考書類は、内容をじっくり考えてまとめてから提出できますが、リアルタイムで進行する面接の場合、そうはいきません。

「何を聞かれるのか分からないから、ちゃんと答えられるか不安…」
と思う方もいるかもしれませんが、よく考えると、「何を聞かれるのか分からない」という状況は面接を受ける誰もが同じなのです。

だからこそ面接で大切なのは、答えがぶれないように自分の考えをまとめておくこと。

そこで今回は、面接までの心構えや準備のほか、面接で大切なビジネスマナー、よく聞かれる質問など、転職面接のコツをまとめました!

苦手でも大丈夫!転職面接への心構え

面接なら新卒で受けたことがあるけど…そんなに大きな違いがあるのですか?
新卒ではやる気やポテンシャル・伸びしろなど「未来への姿勢」が大切ですが、中途採用では、これまでの実績やスキルといった「過去の経験」が見られています。
新卒気分のままだと、面接官に良い印象を与えることはできません。
この違いを常に意識しましょう!

転職活動では、今までの経験をしっかりと伝えることを意識します。

新卒社員には「育てていこう」という姿勢の企業がほとんどですが、中途では「あなたができることを教えて?」と対応されることがほとんど。
そう考えると、「わたしにできることなんて…」と苦手意識を持ってしまう方もいるかもしれません。

自信がないときは、次のように考えてみてください。

面接前に思い出してほしいこと

中途採用では落とそうと思っている人を面接に呼ばない。
「面接=あなたに興味がある」と思って挑もう

新卒採用は決められた枠に対して一気にたくさんの応募があるため、言い方は少し悪いですが候補者をふるい落とすことになります。

しかし中途採用の場合は、「書類以上のことが知りたい」「興味があるから会ってみたい」と面接に呼ばれることが多いのです。
そう考えると、自信を持って面接に挑まないともったいないですよね。

もちろん、何も準備をせずに面接に望むのは、「会いたい」と思って時間を割いてくれた企業に失礼ですし、折角のチャンスを棒に振ることになりかねません。

そのため面接では、事前の準備がとても大切なのです。

転職の軸を見つける!面接の事前準備

面接の事前準備と言われても、「何をしたらいいのか…」と悩みますよね。
簡単に説明すると、面接の事前準備で大切なのは、相手の企業と自分についてより深く知ることです。

そのためには、自己分析企業研究・業界研究を行ってみましょう。

自己分析

自分がこれまでどんな仕事をしてきたのか、これからどんな仕事をしたいのかをはっきりさせるためにも、自己分析はとても重要です。

転職の場合は、人間性だけでなくスキル面も意識して、以下の手順で整理してみましょう。

自己分析の方法
  1. キャリアの棚卸し
    あなたが何を目標にして、どこ(会社・部署)で、誰(同僚・取引先)と、何(商品・サービス)を、どのよう(仕事の進め方)に、どんなスケジュールでおこなってきたかをまとめる
  2. 自分の将来を考える
    これまでの企業への不満を分析し「どうすればハッピーになれるのか」を考えて転職の軸にする
  3. 自分の強みを見つける
    人から頼まれることややっていて楽しいことから強みを見つける
  4. 具体的なエピソードを交えて整理
    強みに説得力を増すために、裏付けとなるエピソードを用意する
自己分析では、自分を客観的に見ることが求められます。
感情的にネガティブなことを言ったり、他責になってしまっていないかを常に意識しましょう。

自己分析についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

企業研究・業界研究

面接で的はずれな回答をしないためにも、志望企業の取引先や業界全体についても確認しておきたいところです。

そこで重要なのが、業界研究と企業研究です。

業界研究は、以下のような内容を中心に調べていきましょう。

業界研究で知りたいポイント
  • 業界の全体の現状
  • 代表的な企業
  • 業界の構造
  • 業界の安定性
  • 業界の成長性
  • 他の業界との関係性
ネットだけでなく、新聞や業界紙、業界地図なども使って調べてみると、より深く調べることができますよ!

次に、企業研究の際に見ていきたいポイントもチェックしてみましょう。

企業研究で知りたいポイント
  • 企業ビジョン
  • 事業内容
  • 業界での地位
  • 競合企業との違い
  • 企業の現状
  • 企業の将来性
  • 企業の雰囲気
  • 志望職種の仕事内容
  • 教育制度
調べた情報を見ているだけだと、知ったつもりで理解しきれていないの可能性があるので、できれば一度、自分なりにまとめてみることをおすすめします。

企業研究・業界研究については、以下の記事に詳しくまとめてあります。企業研究用の記入シートもあるので、ぜひ使ってみてください。

面接前に知っておきたいビジネスマナー

面接では話す内容はもちろん、身だしなみといったビジネスマナーも気を抜いてはいけません。

マナーと言われると少し身構えてしまうかもしれませんが、実はそれほど難しく考える必要はないのです。

簡単に言えば、マナーとは相手への思いやりです。
大切なのは「どうやったら目の前の相手が気持ちよく過ごせるのか」としっかり考えられるか。

面接の場合、例えば以下のようなことに気を遣っておくと安心です。

面接で気をつけたいマナー例
  • ニオイのマナー
    香水は控えめに、面接前はにんにく・タバコは我慢
  • 身だしなみのマナー
    服装に迷ったらスーツが基本、服のしわを伸ばし、革靴は磨いておく
  • 携帯電話のマナー
    面接中は電源をオフに
  • 話し方のマナー
    姿勢を正し、目を見てハキハキ話す

さらに詳しいマナーを知りたい方は、以下の記事で解説していますので、チェックしてみてください。

主に聞かれることはコレ!転職用質問リスト

何を聞かれるかは面接に行ってみないとわかりません。

しかし、転職面接で聞かれることの多い定番質問にはある程度答えを考えておくと、安心して本番を迎えられるでしょう。

必ず回答を考えておきたいのは、以下の質問です。

 
よく聞かれる質問
  • 自己紹介をしてください。
  • この会社の志望動機を教えてください。
  • 転職理由(退職理由)を教えてください。
  • これまでの仕事内容(職歴)について、教えてください。
  • 長所と短所を教えてください。
  • 弊社以外に選考中の企業はありますか?
  • 最後に何か質問はありますか?

その他にも、聞かれることが多い質問や、答えに詰まりやすい質問を以下の記事内でピックアップしているので、面接練習などに利用してみてください。

差が出る!逆質問のコツ

先ほど紹介した中に、「最後になにか質問はありますか?」という逆質問が含まれていることにお気づきでしょうか?

面接の最後に聞かれることが多いこの逆質問ですが、面接での評価を上げるチャンスである一方、失敗すると大幅な印象ダウンにも繋がりかねない難しい質問です。

まずは、印象を下げないために気をつけたいポイントから見ていきましょう。

逆質問での注意点
  • 「特にありません」は禁止!
  • YES,NOで答えられる逆質問はNG
  • 面接で話した内容をもう一度聞かない
  • 調べれば分かることは聞かない
  • 業績などのデリケートな質問は要注意
  • 面接官の役職や立場によって質問を変えよう
  • 待遇面(給与や福利厚生)の質問は要注意

中でも「面接で話した内容をもう一度聞かない」というのは基本です。

話した内容について、追加で確認したいことがあるのなら構いませんが、答えをすでに聞いてしまっている質問をするのは印象が良くないですね。

しかし、面接官が話す内容は当日にならないと分からないので、予備も含め5つほど逆質問を考えておくことをオススメします。

そして、せっかくなら印象のよい逆質問の例も知りたいですよね。

逆質問対策は以下のような点を意識して準備をしておきましょう。

印象の良い逆質問をするには
  • 困ったときの万能逆質問を覚えておく
  • 相手の立場に合った逆質問を用意する
  • 聞きにくい質問はやる気をアピールしたあとで聞く

以下の記事では、質問例を20個用意しています。もちろん鉄板質問もご用意していますので、参考にしてみてください!

まとめ:面接が終わったら…

「準備することが多いな…」と思うかもしれませんが、せっかく採用担当者から「会ってみたい」と思ってもらえたのなら、このチャンス逃すわけにはいきません!

とくに面接に苦手意識を持っている方ほど、面接の準備は念入りに行いましょう。

また、面接が終わったあとは結果が来るまでドキドキして落ち着きませんよね。
そんなときは、面接のお礼メールを最後のひと押しとして送ってみるのがオススメです。

書き方や送り方は以下の記事で紹介しているので、チェックしてみてください。

しっかり準備をして、悔いのないよう面接に向かいましょう!
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU