JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア
  1. 選考期間が長いのはなぜ?書類選考期間の長さと選考が遅い理由とは

選考期間が長いのはなぜ?書類選考期間の長さと選考が遅い理由とは

JOBSHIL編集部
書類選考におびえている男性
この記事のポイント
  • 書類選考が遅れる理由は、人事担当の忙しさや合否の内容が原因のことが多い
  • 選考期間は2週間以下が多いが、企業によって即日~1ヶ月以上かかることもある
  • 書類選考の結果が遅くても、結果の催促はしないこと

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「ジョブセンスリンク」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

転職活動では、多くの場合、面接前に書類選考があります。
書類選考を突破すれば、面接に進むことができますから、最初の関門を乗り切りたいですよね。

しかし、「書類選考の返事が来ない…」と不安になることもしばしば。
面接と違い、企業側の反応がわかりませんので、「もしかして不合格なんじゃ…」と悪い方向に考えてしまうこともあります。

また、選考結果の連絡がこない場合、連絡を催促して、結果を聞きたくなりますが、連絡をしても大丈夫なのか悩みますよね。
そういった、書類選考中の悩みや、選考期間が長引く理由、問い合わせの注意点について解説していきます!

書類選考の期間

書類を提出してから結果をもらうまでは、どの程度の期間を要するのでしょうか?

書類選考の結果は即日という企業から、1ヶ月以上かかる企業まで、期間はそれぞれです。
一般的には書類選考期間は2週間が一つの目安。

ちなみに、10日以内に返事が来ると募集要項などに書かれている場合は、営業日で数えるようにしましょう。
土日休み完全週休2日の企業であれば、第1水曜日に書類を提出したら、第3火曜日までが選考期間となります。

大手企業は選考期間が長め

大手企業や応募の多い企業は、比較的に時間がかかる傾向があるようです。
時間がかかる理由はいくつかありますが、採用担当者が複数いることが多いため、意見のすり合わせに時間がかかっていたり、単純に応募が多いためということが考えられます。

中小企業は選考期間が短め

中小企業では、決定権のある立場の人に、話が届きやすく、スムーズに面接まで進むことが多いようです。

もちろん、中小企業でもじっくり考える企業もありますから、一概には言えませんよ。

書類選考が長引く理由

書類選考の期間が長引く理由としては、以下のようなことが考えられます。

担当者が忙しくて書類チェックができていない

採用担当者といっても、書類審査ばかりをしているわけではありませんし、他の業務と兼任している方も多くいます。
そういった場合、書類のチェックが遅れている可能性が考えられます。

書類選考以外に時間をとられている

採用担当者が採用業務だけをしているとは限りません。

事務や労務といった仕事と兼任している場合は、他の業務の忙しさに左右されることもあります。

また、採用業務は書類選考だけではありません。
面接や説明会といったその他の採用業務が忙しく、書類選考になかなか時間がさけないことも考えられます。

書類選考に時間がかかっている

たくさんの書類を見なくてはいけない採用担当者ですから、届いたその日にすべての書類を見ることができるわけではありません。

応募者が多かったり、複数のサービスで募集をしていて、書類のフォーマットがバラバラであったり、選考用書類の種類が多い、文章量が多いなど、様々な理由が考えられます。
書類をチェックする担当者が少ないといった理由もあるかもしれません。

また、ある程度応募が集まってから、選考をおこなう場合も、これに当てはまります。

長期休暇とかぶっている

ゴールデンウィークやお盆前後、年末年始の時期は、たとえ会社として決まった休みがなくても、社員の方は交代で休みを取っていることがほとんどです。
長期休暇の時期に書類選考をおこなう場合は、普段よりも選考期間が長くなることがあります。

不合格だから連絡がない

不合格の人には連絡をしない企業もあります。

不合格の場合は、連絡が大幅に遅れるか、最悪の場合、連絡が来ないこともあります。
確認したくなるかもしれませんが、合格不合格はこちらではわかりませんので、連絡は控え、他の企業の選考を進めましょう。

合否が出ているが連絡されていない

これが、一番困ってしまう理由かもしれません。

採用担当者は連絡をしたつもりでも、「どこかでトラブルが発生し、あなたまで届いていない。」
または、「手違いで連絡が漏れてしまっている」といった理由が考えられます。

結果が遅くても、こちらからは動かない

書類選考の結果がこないと「確認のメール(電話)を入れてみようかな…」と思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、焦って連絡を入れることは危険です。

企業側が書類選考の期間を延ばす理由は、さきほど紹介しましたが、志望企業がどの理由で結果を先延ばしにしているかは、正直なところわかりません。
もしかすると、急なトラブル対応などで、書類選考まで手がまわっていないという可能性だってあります。

そんなところに、あなたが電話をしてしまったら、印象はよくありませんよね。
そもそも「結果はまだですか?」と言われて気持ちのいい企業はありませんから、よっぽどの理由がない限りは催促の連絡をしてはいけません。

ただ、どうしても連絡が来ない時は、連絡をしてみましょう。また、使っている求人サイトや人材紹介サービスがあれば、まずはそちらに問い合わせてみるのもいいですね。
企業に連絡する際には注意点がありますので、次の章で解説していきます。

問い合わせは謙虚さを忘れずに

問い合わせることで不採用になることはほとんどありませんが、問い合わせのやり方・話し方によっては、相手の気分を害してしまうかもしれません。

結果の問い合わせをするときに大切なのは、謙虚な姿勢です。

たとえば、以下の2つの言い方では、どちらが気持ちよく受け止められるでしょうか?

パターンA

2週間前に履歴書などを送ったのですが、書類選考はまだ終わっていないのでしょうか?そろそろ結果が知りたいのですが…。

パターンB

◯月◯日に、メール(郵送)にて応募書類一式をお送りしたのですが、お手元に届いていますでしょうか?もし、届いていないようでしたら、申し訳ありません。よろしければ、再度送らせていただければと思っておりますが、いかがでしょうか?

パターンAはなんとなく嫌な感じがしませんか?
これは、相手が返事をしていないと決めつけて話を進めているからです。
自分の行動を疑われて気持ちのよい人はいませんから、こういった言い方はNGです。

問い合わせる場合は、Bのように「何日にどのように書類を送ったか」を伝えた上で、「届いていなかったら申し訳ない」と企業側を疑っていない意思を示しましょう。

待っている時間を有効活用しよう

書類選考の結果連絡が来るまで、ただ待っているのは正直もったいないです。
待っている時間を有効に使うなら、転職活動を他の企業にも広げてみてはいかがですか?

他の企業にも応募してみる

書類選考は同時に複数の企業に送ることをおすすめします。

「同時応募なんて…」と気が引けるかもしれませんが、選考結果がでるのを待っていたら、チャンスを逃してしまう可能性もあります。
興味のある企業には、積極的に応募していきましょう。

書類選考のない企業に応募してみる

「書類選考が苦手…面接に進めない…」と感じている方は、書類選考のない企業に応募してみてはいかがですか?
最初の選考が面接であれば、書類だけでは伝わらないあなたの魅力を、自分の言葉で伝えることができます。

また、「書類になにか問題があるのでは…?」と不安に感じている方は、以下の記事を読んで、書類をチェックしてみましょう。

提出前に最終チェック!書類選考で落ちる履歴書・職務経歴書の共通点

選考結果は焦らず待つ

選考結果を待つ時間は、不安ですよね。
しかし、焦って連絡をしてしまうと、不幸な結果を生んでしまうかもしれません。

書類を出してしまったら、その後は基本的に待つことしかできません。

気長に待ちながら、他の企業への応募や面接対策などを行い、時間を有効に使いましょう。

無料
転職サポートサービス
書類選考を通過しやすい書類を一緒に作りましょう!
詳しくはこちら