JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. ハローワークで求職登録をしよう!申込みの方法と必要なものをチェック

ハローワークで求職登録をしよう!申込みの方法と必要なものをチェック

JOBSHIL編集部
求職登録のためにハローワークで申込書を書く人
この記事のポイント
  • 求職登録をするとハローワークで出来ることが広がる
  • 求職登録の手順を一覧で紹介
  • 登録時に持っていくといいものをチェック

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

ハローワークというと、誰でも自由に仕事を探したり紹介をしてもらえる場所というイメージを持っている方もいるかもしれません。
しかし、一部のサービスを利用するには求職登録が必要なのです。

とはいえ、初めてハローワークを使う場合は

「登録するときに用意しておいたほうがいいものはある?」
「登録はどのハローワークでもできるの?」

と、分からないことも多いはずです。

そこで今回は、ハローワークでの求職登録について、手続きの方法手続きに必要なものをご紹介します。

求職登録をするメリット

なるべく面倒くさいことはしたくないな…。登録するとなにかいいことがあるの?

ハローワークの求人は、特別な登録をしていなくてもインターネットで見ることができるので、このように疑問に思う方もいるかも知れません。

しかし、ハローワーク経由で就職をするには、求職登録が必須です。

求職登録をするとできること
  1. 簡単な情報だけでなく詳細な求人情報が見られる
  2. ハローワークの求人に応募ができる

インターネットで閲覧できるハローワークの求人をよく見てみると、詳しい情報が入っていない場合があります。
求職登録をすることで、それまで知ることができなかった詳しい求人のデータをチェックすることができるのです。

さらに、ハローワークの求人は求人登録をした人のみが応募できるしくみになっています。
そのため、ハローワークを使って本格的に転職活動を始めるのであれば、まず求人登録をしておくことをオススメします。

ただし、ハローワークの求人を転載している求人サイトもあるので、まだ退職前で求職登録が面倒な場合はそちらを利用する手もあります。

転職ナビでもハローワークの求人を探すことが出来るので、よかったら検索してみてください。

求職登録はいつどこですればいい?

求職登録ってどこのハローワークでもできるのかな?

求職登録は、雇用保険の手続きができるハローワーク以外(マザーズハローワークやわかものハローワークなど)でも行えます。

ハローワークが開いている時間であれば、基本的にどのタイミングでも手続きが可能です。

基本の利用時間

平日 8:30~17:15

ただし、求職登録には時間がかかるので、ギリギリではなく時間に余裕を持ってハローワークに行きましょう

ハローワーク詳しい利用時間や休日については、以下の記事をご覧ください。

求職登録から仕事探しまでの流れ

利用時間を調べてハローワークに到着したら、いよいよ実際の登録を行います。

登録から応募までは、大まかに以下のような流れです。

求職登録から仕事探しまでの手順
  1. 求職申込書に希望条件などを記入
  2. 求職申込書を窓口に提出して、ハローワークカードをもらう
  3. 自宅のパソコンや検索機で求人を検索
  4. 気になる求人情報を印刷・または求人番号をメモして窓口へ
  5. 応募可能な場合は紹介状を発行してもらう

注意したいのは、やはり求職申込みの部分です。

求職登録の際に必要な求職申込書には、希望する仕事や収入、勤務条件、他に今まで経験したことのある仕事なども記入するのですが、あまりにも現実離れした条件では、就職先が決まりにくくなってしまうことも。

記入に迷う部分があれば、ハローワークの職員に相談しながら条件を決めていきましょう。

また、「現地での記入時間を短くしたい」「記入内容をゆっくり考えたい」と考えている方は、以下のページで仮登録をしてからハローワークに行くことをオススメします。
仮登録の有効期限は1週間なので、ハローワークに行く日を決めてから入力しましょう。

記入した求職申込書が受理されるとハローワークカードがもらえるので、ハローワークに行く際は忘れずに持っていきましょう。

ハローワークの手続きに必要な書類

雇用保険の手続きをせず求職登録だけを行う場合は特に必要な持ちものはありませんが、以下を用意しておくと役立ちます。

初回で持っていくとよいもの
  1. メモ帳とペン
    大切なことをメモにとるため
  2. スマートフォン
    気になる企業について調べるため
  3. 履歴書
    申込用紙の記入時や当日応募する事になった時に役立つ

また、求職登録と併せて雇用保険の手続を行う場合は、以下のものを用意していきましょう。

雇用保険手続きで必要なもの
  1. 離職票-1
  2. 離職票-2
  3. マイナンバーカード
  4. 本人の印鑑(認印可)
  5. 写真2枚
  6. 本人名義の通帳またはキャッシュカード

必要なものを忘れてしまうと、手続きが遅れて受け取れるはずのものが受け取れなかったり、受け取る時期が遅れてしまったりすることも。

必要なものを事前に確認して、スムーズに登録を済ませましょう。

それから、大切な手続きなどで必要になることがある印鑑と身分証明証は持っておくと安心です。

まとめ

ハローワークを最大限に活用して応募〜就職までしたい場合には、求職登録の手続きを避けて通ることはできません。

ハローワークで転職活動を行うのであれば、今回ご紹介した内容を参考に抜けのない手続きをしておきたいですね。

ただ、登録のためにわざわざハローワークまで行くのは大変です。
転職ナビではハローワークに掲載しているものを含めたくさんの求人を検索できるので、まずは転職ナビを使ってどんな求人があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか?

無理のない方法で、まずは転職活動の第一歩を踏み出してみましょう。
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU