JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. こんなハズじゃ…転職に失敗してしまったあなたのための処方箋

こんなハズじゃ…転職に失敗してしまったあなたのための処方箋

JOBSHIL編集部
転職に失敗した女性をなぐさめるキャリアアドバイザー
この記事のポイント
  • 失敗の原因を探ろう
  • よくある転職失敗例と改善ポイントを紹介
  • 目先のことだけにとらわれないことが転職を成功させるカギ

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

転職したら、充実した毎日が待っていると思っていた。
けれど実際に転職してみたら、仕事が合わずに憂鬱な日々…。

もう辞めたいな…でも転職したばかりだし…
なんで私はこの仕事をしてるんだっけ…?

理想と現実のギャップに「こんなはずじゃなかった!」と、葛藤を抱えていませんか?

では、転職を失敗したと感じたときにできることはあるのでしょうか。

この記事では、「転職しない」「転職する」それぞれの場合に向けたリカバリー案をご紹介していきます

転職は一人だと判断に困ることも多いですよね。そんなときは第三者の冷静な意見が役に立つことも。私たち転職ナコウドも相談にのりますよ。

転職サイトの転職ナビでは
専任アドバイザーが無料で転職活動をサポート

会員登録はこちら

この転職、失敗かも…そんな時どうする?

転職を失敗したことに気付いたとき。

仕事探しをやり直すべきか、今の会社にとどまるべきか悩んでしまいますよね。

どちらを選択するにせよ、リスクや対処法を知ることで同じような失敗を繰り返すのを防ぐことができます。

ここからは、すぐに会社を辞めた場合に起こりうるリスクと、辞めずに会社にとどまりたい場合にすべきことをご紹介していきます。

転職してすぐに辞めるのはどうなの?

一般論としては、1社に3年間程度は継続して勤務するほうが良いとされています。

短期離職は採用担当者からの印象が良くない場合があり、再就職活動での書類選考や面接に不利になってしまう可能性があると言われているためです。

忍耐力が無さそう、スキルが中途半端そうだな、ウチで雇ってもまたすぐ辞めるんじゃないの?
…なんてネガティブに捉えられてしまうのは、あなたにとっても損ですよね。

しかし、マイナスな気持ちを抱えながら働き続けるのは大変なことです。
また、やる気のないまま仕事を続けることで成長の機会を逃してしまうことにもなりかねません。

もしもあなたに、また前向きに転職活動を再開できる気持ちがあるのなら、行動してみるのも一つの手です。

辞めたい訳ではないなら、上長や人事に相談してみるという手も

会社に不満を感じているからといって、辞めたいと思う人ばかりではありません。
できれば辞めずに問題を解決し、いまの仕事を続けられたら嬉しいですよね。

そんなときは、上長に相談してみるという方法があります。
あなた一人ではどうにもできない問題でも、上長の裁量で解決できる可能性があるからです。

また、上司と相性が悪かったりする場合には、人事に相談することで部署移動をさせてもらえるかもしれません。

ネガティブな内容を伝えるのは勇気がいることですが、あなたの思いや困っていることをきちんと伝えることにより、あなたが働きやすい環境へと変化させられる可能性はあるのです。

上長や人事に相談しても問題解決出来ない場合、転職を視野に入れることもあるかもしれません。
転職活動をはじめることに不安がある時は、お気軽に私たち転職ナコウドにご相談くださいね。

【転職失敗例別】ケーススタディー

ここからは、よくある転職失敗例と、次の転職活動の際に気をつけたい改善アドバイスをご紹介します。

ケース1:希望の仕事のはずなのに、思っていたのと違った

かねてから希望していた仕事に満を持して転職!のはずだったのに…。
アレ?私がやりたかった仕事と違うような…。
そんな風に感じる人も、実は少なくありません。

転職ナコウドからの改善アドバイス

入社後に感じるギャップは、転職者なら誰しも少なからず経験するもの。

けれど、ギャップが大きすぎる場合は下調べ不足が原因かもしれません。
憧れや聞きかじっただけの情報で転職を決めてしまうのはキケンです。

転職にあたっては業界研究や企業研究をしっかりと行っておくと、認識のずれから生じる入社後の違和感を減らすことができます。

業界研究や企業研究だけで分からないことは、面接で確認しておきましょう。

ケース2:すぐに転職できる会社を選んだら、待遇が悪かった

前の会社をとにかく辞めたくて、スピード重視で次の転職先を決めてしまった場合に陥りやすいのがこのパターン。
「会社を移ること」を優先してしまい、つい条件を見落としがちに…。

転職ナコウドからの改善アドバイス

転職してから「しまった!」とならないためには、入社前に必ず雇用条件書の確認をしましょう。

雇用条件書には、あなたに提示された勤務条件や福利厚生などの待遇が記されています。
憧れや聞きかじっただけの情報で転職を決めてしまうのはキケンです。

もし雇用条件書の内容が希望している条件と違う場合でも、内定前であれば条件交渉に応じてもらえる可能性があります。

勤務条件に限らず、キャリアパスや昇給についてなど気になったことがあれば入社前に確認しておくことで、入社後のミスマッチを予防することができますよ。

ケース3:社風が合わなかった

始業30分前には出社して執務室を清掃するという暗黙のルールがあったり、大学のサークルのようなノリだったり。
企業独自の文化や風習は、人によっては合わないと感じてしまうもの…。

転職ナコウドからの改善アドバイス

会社の雰囲気や風習は実際に入社してみないと分かりにくいものです。

そうは言っても、事前に相性を知っておくに越したことはありませんよね。

これをすれば企業理解が完璧にできるというわけではありませんが、予備情報として入社前に会社の雰囲気を確認する方法を4つご紹介します。

(1)SNS(Twitterやfacebook)の企業アカウントを見てみる

(2)条件面談の時に職場見学させてもらう

(3)在職中社員と話す機会をもらう

(4)体験入社または入社前アルバイトを行う

違和感があればそのままにせず、自分が受け入れられるものなのかそうではないのか判断することが大切です。

ケース4:スキル不足で業務についていくのがつらい

この会社に入りたい!という気持ちが勝ってしまい、面接で経験を盛ってしまったケース。
いざ実際に業務にあたってみると、分からないことだらけで…。

転職ナコウドからの改善アドバイス

企業が書類選考や面接を通じてスキルや経験を確認しているのは、ミスマッチを防ぐため。

そのため、求職者側も正直にスキルセットを伝えることが大前提です。

とはいえ、面接ではどうにか自分を良く見せたいものですよね。そうした場合は伝え方を変えましょう。

「業務経験はありませんが勉強中です」のように伝えると意欲を評価してもらえる場合も。

あなたにぴったりの仕事を見つけるのに、スキルの把握は欠かせません。

自分のスキルがどのくらいなのか分からなかったり、自分のスキルに見合った企業が分からない場合は、転職ナコウドに相談してみるという方法もありますよ。

ケース5:やっぱり元の会社に戻りたい

飛び出してはみたものの、外の世界を知ったことで元の会社の良さに気づき、ホームシックのような気持ちに。
もう一度元の会社で働きたい気持ちが膨らんできて…。

転職ナコウドからの改善アドバイス

元の会社に戻れる可能性はゼロではありませんが、ハイリスクではあります。

一度退職してしまっているため、雇用条件や周囲の目が厳しくなってしまう可能性があることを心にとめておきましょう。

また、一緒に働くメンバーや労働環境などが在職時から変化している場合があり、事前に職場状況を把握しないで戻ってしまうと居心地が悪くなってしまうことも。

出戻りをしたくなってしまった場合は、その理由を考えることが大切です。

「元の会社で不満に感じた部分は今は解消できているのか?」「上司や部署が前と違ったとしても戻りたいか?」など自分に問いかけてみましょう。

もしも退職してしまったものの転職活動に苦戦していたり、今の会社で上手くいっていないために「前は良かったな…」と現実逃避しているだけなら、 出戻ったとしても失敗を繰り返してしまう可能性が高くなります。

出戻りは選択肢の一つとしてもっておき、新しい職場に目を向けてみることをおすすめします。

転職活動をやり直すと決めたあなたへ!気をつけたいこと3つ

転職活動の再開を決めたなら、次の転職で失敗を繰り返すのは避けたいところ。
そこでこの章では、転職活動の再開にあたって気をつけたいことをまとめました。

次の転職活動で気をつけたいこと
  1. 会社を辞めることが目的になった転職は失敗のもと
  2. 自己分析をしてみよう
  3. 待遇に惑わされない強い心を持つ

それでは、それぞれ詳細をみていきましょう。

会社を辞めることが目的になった転職は失敗のもと

今の会社から逃げ出したい一心で、「ここじゃなければどこでもいい」と安易に転職先を決めてしまうと、また別の壁にぶつかってしまうことになります。

どこでもいいとは言え、きっとあなたにも希望している条件はあるはず。
そして転職先が「今不満に思っていることが解消できる職場なのか」を確認しておくことも大事です。

また、転職スピードだけを優先すると、低い待遇を受け入れざるを得なかったり、目的なく一貫しない職歴になってしまったりするというデメリットがあります。

転職活動に焦りは禁物。心と時間に十分なゆとりを持って進めていきましょう。

自己分析をしてみよう

自己分析という表現はなんだか堅苦しく聞こえますが、分かりやすく言うと、

・あなたはこれまで何をしてきて
・何が得意で
・これから何をしたいか

を洗い出すことです。

自己分析をするメリットは、自分の長所や価値観を見つけられることにあります。

自分の強みを知っておくと、仕事探しだけでなく面接の自己PRにも役立ちます。

詳しい自己分析の方法は以下の記事で紹介しているので、気になった方は参考にしてみてくださいね。

待遇に惑わされない強い心を持つ

年収額などの高待遇条件だけに飛びついてしまうと、想像以上のハードワークに疲弊してしまったり、やりがいを感じられなかったりするかもしれません。
また、未経験スタートの職場に転職した場合は、現在より年収が下がってしまう覚悟が必要になることも。

いくら希望が通ったからといって、理想とする条件すべてが叶う訳ではないのです。

その中でより納得感のある転職をするには、自分の中で優先順位をつけることがポイントです。

「コレが満たされたら気持ちよく働ける」というあなたなりの条件を見つけておくようにしましょう。

まとめ:ちょっと先のことを考えてみませんか

あなたが大変な思いをして転職活動するのは、内定獲得のためではありません。
モチベーションを保ちながら長く続けられる仕事に就くための転職活動です。

転職活動では、ついつい目先の利益だったり、企業名などの分かりやすいブランドを気にしてしまいがち。
だから、「こんなはずじゃなかった!」というミスマッチが起こってしまうんです。

そうならないためには、ちょっと先のことを考えてみることがオススメです。

例えば、興味のある仕事が低めのお給料からのスタートだった場合でも、好きだからこその努力が認められて、数年後には結果的に収入UPにつながっている可能性も。

「ちょっと先」のことを考えると、転職活動の軸も決まりやすくなります。

とはいえ、自分の判断に自信がなくなってしまうときもあるかもしれません。

そんなときは、私たち転職ナコウドが、プロの目線でアドバイスをさせていただきます。まずは転職ナビにご登録いただき、
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU