JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 転職が不安なあなたへ!心を軽くする3つの方法

転職が不安なあなたへ!心を軽くする3つの方法

JOBSHIL編集部
転職を不安がる男性と、不安克服のための助言をするキャリアアドバイザー
この記事のポイント
  • 原因を特定し適切な対処をすることで不安は解消できる
  • 企業研究などの情報収集をしたり転職経験者に話を聞いたりしてみよう
  • 一人の転職活動に不安を感じたらキャリアアドバイザーに相談する手も

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

「転職したいけど不安で一歩が踏み出せない…。」

そんな風に思っている人も少なくないはず。

とはいえ、具体的な行動を起こせないまま時間だけが過ぎていってしまうのはもったいない話です。

そこで今回は、転職の不安な気持ちを克服する方法をいくつかご紹介します。

この記事を読んで、スッキリした気持ちで転職活動をはじめましょう。

転職サイトの転職ナビでは
専任アドバイザーが無料で転職活動をサポート

会員登録はこちら

転職で感じる不安の正体は?

転職で感じる不安の原因は大きく分けて2つです。

①転職そのものに対する不安
②転職後のリスクに対する不安

転職そのものに対する不安は、経験したことのないものに対する漠然とした恐怖心です。
転職後のリスクに対する不安は、転職に失敗したらどうしようという心配から生じます。

そんな不安を解消するには、自分が不安に感じていることの原因を特定し、適切な対処をすることが大切です。

転職活動のサポートはなにも面接対策だけではありません。求職者さまと二人三脚で歩む私たち転職ナコウドに、転職に対する不安な気持ちを話してみませんか?

あなたの不安に寄り添う
転職ナコウドのサービス内容とは?

詳しくはこちら

【Q&A】転職ナコウドがあなたの不安を解消します!

この章では、求職者さんが感じやすい不安とその対処法をご紹介していきますので、あなたの状況と照らし合わせて読んでみてくださいね。

求職者さんが感じやすい不安
  1. 仕事をしながら転職活動できるか不安
  2. 転職活動のやり方が分からない不安
  3. 自分のスキルに自信がないという不安
  4. 不採用になるのが不安
  5. 転職活動をしていることが職場にバレないか不安
  6. 未経験の仕事がちゃんとできるか不安
  7. 引き止めにあったときに断りきれないかもしれない不安

それぞれの詳細を見ていきましょう。

仕事をしながら転職活動できるか不安

仕事と転職活動を両立できる自信がありません…。
大丈夫、仕事と転職活動を両立させている人は意外と多いんですよ。

働きながらの転職活動する上で不安に感じることの一つに、時間が十分に取れないことが挙げられるのではないでしょうか。

以下に時間のやりくりするコツをご紹介します。

仕事と転職活動を両立するコツ
  • 面接を終業後の時間に設定してもらう
  • キャリアアドバイザーに相談する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

面接を終業後の時間に設定してもらう

企業によっては面接時間を17時以降に設定できたり、土日に対応してくれる場合もあります。
面接の日程調整時に、企業に問い合わせてみましょう。

このように平日は面接などを優先し、工数がかかる求人検索や書類作成は、時間がとれる休日にまとめてやってしまうのがオススメです。

キャリアアドバイザーに相談する

キャリアアドバイザーは、希望をヒアリングした上で、あなたにぴったりのお仕事をご紹介します。

お仕事紹介以外にも、書類通過率が上がる履歴書の書き方などのアドバイスもしているので、一人で活動するよりも負担が少なく内定に近づけますよ。

転職したいけど時間がないという方は、一度プロのサポートを受けてみてはいかがでしょうか。

在職中の転職活動についてはコチラの記事で詳しく紹介していますので、気になった方は参考にしてみてくださいね。

転職活動のやり方が分からない不安

転職活動って、なにからはじめたらいいか分かりません…。
それでは転職活動の流れを簡単にご紹介しますね。

転職することを決めたら、まずは気になる業界や企業の研究と自己分析をします。
これは転職をはじめる上で欠かせない準備です。

やってみたい仕事や次の会社で活かせそうな自分の強みが分かったら、次は求人検索をして自分の理想に近い条件の仕事を探していき、応募します。

企業があなたの応募情報を確認し、ぜひ会いたいと思ったら書類通過です。
履歴書・職務経歴書など、企業が求める書類を用意して面接に向かいましょう。

面接は平均で1〜3回行われ、一般的には最終面接に通過すると内定がもらえます。

転職活動の期間は平均2〜3か月と言われているので、余裕を持って臨みたいですね。

転職活動の流れをもっと詳しく知りたい方は、コチラの記事を参考にしてみてください。

自分のスキルに自信がないという不安

自分のスキルに自信がなくて…転職活動しても内定をもらえるか不安です。
自信がないのは、あなたが自分の魅力に気づいていないことが原因かもしれません。そんな時はキャリアの棚卸しをしてみましょう。

自分のスキルでは求人条件を満たしていないように感じてしまい、応募を躊躇してしまう…。
そんな時は、キャリアの棚卸しをしてみましょう。

キャリアの棚卸しとは、あなたがこれまでに携わってきた業務の内容や、業務上得た評価を具体的に洗い出すこと。

これをすることで、「自分にできる(できそうな)仕事か?」という視点で応募先を検討することができます。
それだけでなく、面接でアピールできるようなあなたの強みを見つけやすくなるという利点も。

これまで働いてきた経験があるなら、何かしらの強みとなるスキルは得ているはず。

詳しくは以下の記事でも紹介しているので、キャリアの棚卸しをはじめる前にチェックしてみてください。

もし自分でいくら考えても強みとなるスキルを思いつかない場合は、キャリアアドバイザーに相談してみるのも一つの手です。

不採用になるのが不安

不採用になったときの自分を否定された感じが怖くて、転職活動の腰が上がりません…。
たしかに不採用は心理的なダメージが大きいですよね。でも、不採用=人格否定ではないんですよ。

転職活動において、一つの内定をもらうためには10社応募する必要があると言われています。
これを言い換えると、10社中9社は不採用になる可能性があるということです。

一度の応募で希望の企業に入社できるなんて稀なこと。
転職活動をする限り、どうしても不採用は発生してしまうのです。

不採用通知を受け取って「私の何がいけなかったんだろう・・」とショックを受けるのは怖いですよね。
でも、あなたがいけない訳でも企業があなたの人格を否定している訳でもありません。

不採用になるのは「企業が求める仕事上の適性」と「あなたの強み」が違っているからなんです。

入社前にミスマッチが分かるのは、あなたにとってもメリットと言えます。

不採用を不安がらず、前向きに捉えることも大切ですよ。

転職活動をしていることが職場にバレないか不安

今の職場の人に転職活動していることを知られると気まずいです…。
在職中の転職活動で気をつけたいポイントをご紹介しますね。

在職中の転職活動は決して悪いことではありません。

けれど、うっかりバレてしまうと職場に居づらくなってしまうことも…。

そこで以下に、在職中の転職活動で気をつけておきたいポイントをまとめました。

在職中の転職活動で注意すること
  • 服装の変化
  • 会社のPCを使っての転職サイト閲覧
  • 選考中企業や転職エージェントとの電話
  • 同僚に口を滑らす

それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

服装の変化

私服勤務の会社の場合、面接の日に突然スーツで出社すると目立ってしまうことがあります。
有給を取得するか、駅のロッカーなどに着替えを用意しておいて外出先で着替えるなどの対策をしましょう。

会社のPCを使っての転職サイト閲覧

休み時間だからといって気を抜いていると、席の近くを通った人に見られてしまう可能性があります。
会社PCからのアクセスは控えましょう。

選考中企業や転職エージェントとの電話

電話の内容からバレてしまうというケースも少なくありません。
社内での電話対応は避け、自宅または職場の人が来ない場所を選んで電話するようにしましょう。

同僚に口を滑らす

ポロっと同僚に口を滑らしてしまったがために、噂が広まってしまうことがあります。
正しいタイミングがやってくるまでは、情報を漏らさないよう気をつけましょう。

円満退職のためには、予期せぬタイミングでバレてしまうのを防ぎたいところ。
細心の注意を払って行動しましょう。

未経験の仕事がちゃんとできるか不安

やってみたい仕事があるんですが、未経験なので成果が出せずにクビになったらどうしようって思ってしまって…。
未経験の仕事にチャレンジする場合は、会社にフォロー体制があるのかをチェックしておくと良いですよ。

「未経験者募集」と求人広告に記載がある場合は、企業が応募者の伸び代に期待した上での採用になります。

即戦力採用とは違い、入社してすぐに結果を求められる訳ではないので安心してください。

未経験の仕事に挑戦する場合は、業務にあたりながら知識を吸収していくことになります。

勉強会や研修などの教育制度が充実している企業であれば入社後にスキルアップすることもできるので、仕事探しの時にチェックしてみるといいでしょう。

引き止めにあったときに断りきれないかもしれない不安

退職しようとしたら上司の引き止めがすごくて、1度転職を諦めています…。
会社が辞めさせてくれない場合でも、退職できる方法はあるんですよ。

職場が人手不足だったりした場合、すんなりと転職を了承してもらえないこともありますが、退職は労働者に認められた権利です。

なかには「辞めるなら損害賠償しろ」と脅したり、退職手続きの依頼を無視したりする企業があるようですが、そんなときは労働者を守ってくれる公的機関(労働相談窓口や労働基準監督署)を頼りましょう。

会社が辞めさせてくれないときの対処に関する詳細を知りたい方は、コチラの記事を参考にしてみてください。

心を軽くする3つの方法

人生に関わる転職活動をはじめるのは、とても勇気がいることです。

この章では、緊張で心がピリっとしてしまっとき、気持ちが少し楽になる3つの方法をご紹介します。

転職経験者に話を聞いてみる

周囲に転職経験者がいれば、体験談などを聞いてみましょう。

それが成功体験ならなお良しです。

不安な気持ちを払拭するには、転職成功をイメージするのがオススメです。

周囲に転職経験者がいなければ、WebやSNSから転職成功談を探して読んでみるのも良いですよ。

ネガティブな反応を気にしすぎない

周囲に転職相談をしたときに、転職を反対されたり、転職について否定的な話をされてしまうことがあるかもしれません。

こうしたネガティブな反応が、あなたの心を疲れさせ、やる気を削いでしまうこともあるでしょう。

しかし、そうした意見はあくまで相手の価値観であって、あなたにとっての正しい答えとは言い切れません。

マイナス意見に引きずられないためには、聞き流すことも必要です。

情報収集をする

人はとかく未経験のことに対して怖さを感じてしまいがちなものです。

それならば、とにかく情報収集をしてみて、分からないことを減らしていきましょう!

気になっている企業のこと、やってみたい仕事のことなどを調べていくと、転職のイメージが具体的になってきます。

すると次にやるべきことが明確になるので、気が楽になりますよ。

不安を克服して新たな一歩を踏み出そう

転職は誰だって不安に感じてしまうもの。

慣れた職場から仕事内容や人間関係などが一気に変わるのですから、怖くて当たり前です。

だからと言って、不安を抱えてばかりいては転職活動は進展しません。

不安を克服し、新たな一歩を踏み出しましょう。

一人での転職活動はやっぱり怖い…。そんなときは、いつでもお気軽に転職ナコウドにご連絡くださいね。
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU