JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. スキルを強みに!30代の転職で活きる専門資格をご紹介!

スキルを強みに!30代の転職で活きる専門資格をご紹介!

JOBSHIL編集部
30代の転職で役立つ資格がとれて喜ぶ男性
この記事のポイント
  • 資格を探す前に自己分析してみよう
  • 未経験から挑戦できる資格をご紹介
  • 資格ごとに想定勉強時間が分かる

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

30代での転職は、即戦力としての活躍が期待されるもの。

だからこそ採用をする企業も応募者をシビアに見ています。

自信を持って転職活動に臨めるような資格って、何かないかな?

そんな風に履歴書に堂々と書ける資格が欲しくなるのも当然です。

しかし、数ある資格の中からどれかを選ぶのは難しいですよね。

それに、資格ごとの難易度も知っておきたいものです。

そこで今回は、自分にぴったりな資格の見つけ方や、それぞれの資格の難易度想定勉強時間をご紹介します。

転職ナビは月間3万会員の完全無料の転職サイトです。

会員登録はこちら

ぴったりの資格を見つけよう

さっそく自分に合った資格を探そう…!と行きたい所ですが、まずは念頭に入れておいて頂きたい注意点を、いくつかご紹介させてください。

資格を探す前に気をつけること

とにかく何か資格が欲しい!と焦ってしまう方もいるかもしれません。

「まずはやってみよう!」という行動力を持つことはとても大切ですが、やみくもに資格取得を目指すことは避けましょう。

というのも、当然ながら資格の中には難易度が高く取得までに時間と費用が掛かるものもあります。

多くの時間と費用をかけてまで、難しい資格を取得するかどうかは、事前にしっかり検討した方が良いでしょう。

検討する上で指標となるのは転職した先の職場で、その資格を活かせるかどうかです。

だからこそ、前もって自己分析を行い、自分が目指すべき仕事を見極めることが重要です。

目指す仕事を見つけるための自己分析

あなたに適した仕事を見つけるために、まずはこの順番で自己分析を行ってみましょう。

適した仕事が見つかる自己分析
  1. 今までの仕事の棚卸し
  2. 1の内容を元に自分の強みと弱みを整理
  3. 強みを活かして5~10年後にどうなっていたいかを考える

30代の転職活動では、前職で培ったスキルを活かす仕事を選ぶと有利だと言われています。

今まで担当してきた仕事を振り返ることで、あなたが気づいていない強みや弱みを見つけていきましょう。

例えば、改めて振り返ってみると営業業務の中でもデータ集計は得意だったけれど、初対面の人と話すことは苦手だったという発見があるかもしれません。

このように得意な分野を洗い出したら、その分野をより強化できるような資格を選ぶのがオススメです。

それに自分が得意としている分野なら、資格の勉強もはかどるものです。

目指す仕事がはっきりした方が、資格取得や転職活動も有利に進められますよね。
ただ、一つの業界を絞るのは難しい…という方のために、後ほど幅広い業界で活かせる資格もご紹介します。

業界に特化した資格

当然ながら、業界や職種ごとに専門の資格があります。

ここでは、特に専門的な資格が存在する3つの業種を取り上げて各資格をご紹介します。

不動産関連

不動産業では宅地建物取引士(宅建士)土地家屋調査士マンション管理士・管理業務主任者などの資格保持者が重宝されます。

中でも、不動産の売買や賃貸における仲介業務を行う宅地建物取引士を持つ社員は、非常に需要が高いと言えます。

なぜなら、不動産業を行う営業所は、5人に1人以上の割合で宅地建物取引士を置くことが、法律で定められているから。

また、不動産業界以外でもスキルを活かせるのが、宅地建物取引士の強みです。

例えば、建物関係の業務で知識を活用できるだけでなく、金融業界で不動産に関する資産設計をすることも可能です。

不動産関連のオススメ資格

▶宅地建物取引士

向いている人:
数字に強い・人との折衡が得意・論理的に物事を考えられる

資格取得までの想定勉強時間:
300~400時間

経営関連

経営関連の業務では、中小企業診断士社会保険労使士(社労士)などの資格が役立ちます。

中小企業診断士は、企業経営だけでなく、財務会計など幅広い分野の知識を要するので、経営以外のキャリアアップにもつながります。

また社会保険労使士は、企業のコンサルティングが主な業務で、独立を果たせば収入アップも可能です。

しかし、これら2つの資格は合格率が約10~20%と低かったり、想定勉強時間600~800時間を要するので、受験の際にはしっかりした準備が必要になります。

特に社会保険労使士は、受験前に実務経験が必要となるので、すでに関連業界に従事されている方にとってのキャリアアップとして捉えるべきでしょう。

一方で、資産形成に向けたアドバイスを行うファイナンシャルプランナーも企業の経営状況を見る力を養える資格の一つです。

ファイナンシャルプランナーは個人のお客様へ資産形成のアドバイスを行うことが主な業務ですが、資格取得の際にお金について網羅的に学習するため、経営を知る上で重要な金融や経済についても知識が深まります。

階級は1級から3級まであり、3級であれば独学や通信教育で取得する方も多く、合格率は40%程度です。

経営関連のオススメ資格

▶ファイナンシャルプランナー

向いている人:
情報収集が得意・数字の計算が得意・人と接するのが好き

資格取得までの想定勉強時間:
3級:100~150時間

医療・介護関係

超高齢化社会を迎え、医療や介護業界は今後市場の大きな成長が見込まれます。

そんな業界内では、介護福祉士ケアマネジャー医療事務調剤薬局事務介護事務登録販売方者など幅広い資格があります。

しかし、介護福祉士ケアマネジャーの資格は、受験前に研修を受けなければならないため、介護関係の仕事に未経験からチャレンジする方の資格というよりは、すでに実務経験がある方がステップアップを目指して取得する資格と言えます。

一方で、医療事務調剤薬局事務介護事務は、受験前に研修を受ける必要がなく、さらに独学で取得できます。

一般的に想像される事務職と同じく、デスクワークが中心のお仕事なので、体力に自信がない方も安心して働けます。

さらに、高い需要があり常に豊富な求人募集があるため、仮に子育てや介護で一度職を離れたとしても、復帰しやすいことが特徴です。

また、国としてもドラッグストアやスーパーマーケットで医薬品を販売する登録販売者の資格も、近年では注目度が高まっています。

この登録販売者は2009年にできたばかりの比較的新しい資格で、風邪薬や解熱剤などの第二類医薬品、サプリメントなどの第三類医薬品を販売する資格を有しています。

処方箋を必要としない一般医薬品の9割近くの商品を販売できるため、資格保持者には通常よりも高い給与が支払われるなど厚待遇を受けることができます。

また、自分自身で体調管理を行うセルフメディケーションを推進する動きがあるため、一般医薬を扱う登録販売者の重要性も高まりつつあります。

医療・介護関係のオススメ資格

▶医療事務

向いている人:
体力仕事よりもコツコツした事務作業が得意

資格取得までの想定勉強時間:
200時間程度

▶登録販売者

向いている人:
責任感が強い・人と接することが好き

資格取得までの想定勉強時間:
250~300時間

幅広い業界で活かせる資格

ここまでご紹介してきたような専門知識のほか、もう少し業界を絞らずに活かせる資格も気になりますよね。
そこで、この章では、幅広い業界で活かせる資格をいくつかご紹介します。

TOEIC

英語力を証明する資格はいくつかありますが、中途採用ではTOEICを重視する企業が多いです。

TOEICは外資系企業やグローバル企業で重宝される資格だと思われがちですが、英語を社内公用語にする企業の増加から、大手企業やベンチャー企業でもTOEICの取得点数を考慮する企業が増えつつあります。

ただし、履歴書に記載して強みになるのは、簡単な英作文が難なく読める程度の600点からと言われています。

あなたの現時点での英語力にもよりますが、この600点を取るためには想定勉強時間は250~700時間程度が必要です。

短時間で多くの問題を解く必要があるので、頭の切り替えが早い、または短時間に高い集中力を保てる方に向いている資格と言えます。

MOS

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)とはワードやエクセル、パワーポイントなどマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明する資格。

事務職に限らず、マイクロソフトオフィス製品を使う仕事は多いため、幅広い業界で活かせる資格です。

それぞれのオフィス製品ごとに試験科目が分かれているので、例えば営業でプレゼンをすることが多い場合は、パワーポイントの試験科目を取って履歴書でアピールするなど、日頃の業務内容に合わせて受験する試験科目を選べることも魅力の一つです。

独学で取得する人が多く、1科目2週間~1か月程度で取得できます。

日商簿記

日商簿記を取得する魅力は、経営関連の書類作成スキルが身につくだけでなく会社の経営状況を把握できるなど経営に関する基礎的なスキルが身につくことです。

企業の成長度合いを客観的に見る力を養えるので、経営関連だけでなく、営業や管理部門など幅広い転職にも有利です。

もちろん、階級により難易度が異なりますが、3級程度であれば50~70時間程度の独学で取得する人も多数います。

まとめ

転職に向けて資格取得を目指すという前向きな行動は、とても素晴らしいことです。

しかし資格を取るには時間もお金もかかるからこそ、自分の適性に合ったものを選びたいものですよね。

今回ご紹介した自己分析を参考にして、ぴったりの資格を探してみてください。

また、資格が活かせる職場がどれだけあるかが気になる所ですよね。

そんな時は転職ナビに掲載されている求人もぜひチェックしてみてください。

転職ナビでは、各求人ごとに歓迎する資格が詳細に記載されています。
せっかく取得した資格を充分に活かせる職場を見つけてくださいね。
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU