JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 28歳は適齢期!?転職に関する不安を解消して一歩を踏み出そう

28歳は適齢期!?転職に関する不安を解消して一歩を踏み出そう

JOBSHIL編集部
転職成功でガッツポーズをする28歳の男女
この記事のポイント
  • 28歳が転職に適している理由を紹介
  • アピールできるポータブルスキルとは?
  • 転職回数や性別など転職の不安を解決

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

4年制大学卒業なら社会人5年程度、高卒でも10年弱。
28歳前後になると、社会人生活にも慣れてきて、これからのキャリアを考え始める時期ですよね。

また、結婚や出産を考えて、これからの生活や働き方について悩むこともあるかもしれません。

そんなときに、選択肢の一つとして転職を考える人もいるのではないでしょうか?

しかし、転職活動はパワーが必要ですし、今後の人生を左右する大切なイベントだからこそ慎重に行いたいですよね。

そこで今回は、28歳での転職活動で求められるスキルや、未経験の仕事へ挑戦する際の注意点について詳しく説明します。

実際に28歳で転職した方の体験談もご紹介するので、参考にしてみてください!

転職適齢期?28歳の市場価値

年齢を重ねるほど転職は難しくなるって聞きました。やっぱり20代のうちに転職しておくべきですか…?
最近は採用側の転職に対する考え方も変わってきているので、昔ほど年齢を気にする必要はありません。ただ、たしかに年齢を重ねるほど求められるものは増えるので、20代の若いうちのほうが転職はしやすいかもしれませんね。

ポテンシャル重視の新卒採用に比べて、中途採用はスキルや経験が重視される傾向にあります。

しかし、20代のうちはまだまだ新しいチャレンジもしやすく、とくに28歳は転職にオススメの年齢です。

28歳が転職しやすい3つの理由
  • 社会人スキルが身についている
    高校卒または4年制大学卒で働き始めた場合、5〜10年程度社会人として働いてきたので、社会人としての基本スキルや経験を持っている。
  • 柔軟性と適応性が身についている
    まだ、決まったやり方や企業独特の風土などに染まりきっていない人が多く、柔軟性や適応性に伸びしろが期待できる。
  • 新しい職場に馴染みやすい
    28歳で入社をすれば、30歳になる頃にはその職場にも馴染み、仕事もある程度こなせるようになる可能性が高い。

このような理由から、28歳は転職に適していると言っても決して大げさではないのです。

もちろん、基本的な社会人スキルやポテンシャルだけでは戦えないこともあります。
では、28歳での転職を成功させるためのポイントとは何なのでしょうか?

柔軟性と経験をバランスよくアピールしよう

28歳は転職しやすいということは、他の28歳の人も条件的には同じということですよね?
他の人に差をつけるにはどうしたらいいのでしょうか?
たしかにそのとおりですね。そんなときはアピールの方法で他の人に差をつけましょう!
企業が28歳のあなたに求めている能力やスキルを把握して、そこに合わせて自分の魅力を伝えていくのがポイントです。

企業が求める能力・スキルを知るためのヒントは、先ほど紹介した「28歳が転職に適している理由」に隠れています。
読み解いていくと、例えば以下のようなスキルが求められている事がわかりますね。

28歳がアピールすべきスキル
  • 社会人としての基本的なビジネススキル
  • 前職で学んだ知識や経験を、新しい仕事に活かす力
  • 柔軟性や適応性
  • リーダーとしての素質

中途採用ですから、基本のビジネススキル前職で学んだ知識・経験も身についてきているはずです。
身につけた専門的な仕事スキルは、同業他社や同職種へ転職する際には特に役立ちますので、積極的にアピールしていきましょう。

また、柔軟性・適応性もアピールポイントとなります。

同じ仕事であっても企業によって仕事の進め方などは違うので、以前の会社のやり方に慣れすぎていると仕事や職場に馴染みにくい場合も。
28歳くらいだと入社して10年もたっていないので、考えが凝り固まりすぎず新しい環境にも馴染みやすいのではと期待している企業少なくありません。

社会人としての経験も期待できて、柔軟性や適応性も持ち合わせている。

28歳では、この両方をバランスよく企業に伝えられることがベストですね。

リーダーの素質かぁ…僕はリーダーなどはやったことがないのですが…。
重要なのは「いつかは管理職になりたい」という気持ちや、そのために工夫や努力ができているかで、正社員募集の場合にはこの部分を気にしている企業もあります。
ただ、28歳の段階で求められるのはリーダー経験ではなく、あくまで素質の場合がほとんどなので、心配いりませんよ。

28歳はまだまだ未経験職種に挑戦できる!

現職に関連した仕事への転職であれば、ここまでご紹介雨してきた内容でも十分にアピールできますが、未経験の職種に挑戦する際には、専門スキルのアピールがあまり役に立たないことも…。

しかし、28歳は今までの経験を活かしつつ、まだまだ新しいことへのチャレンジもしやすい年齢です。

では、どんなことをアピールしていけばいいのでしょうか?

未経験に挑戦するときの効果的なアピール方法

未経験の仕事に挑戦するときにアピールすると効果的なのがポータブルスキルです。

ポータブルスキルとは?

汎用性が高く、どんな業種や職種でも活用できるスキル。

ポータブルスキルは大きく分けて対人力(人との関わり方)対課題力(仕事のし方)の2つに分けられます。
その中でもそれぞれ3分類に分けることができるので、以下を参考に自分が得意な部分を考えてみましょう。

仕事のし方

成果を上げるために重要な行動と、業務を行う上で特に重要なこと

課題を明らかにする
情報収集や情報の分析などの状況把握やそれに伴う課題の設定方法

計画を立てる
期間や関係者・調整項目の多さ、前例などを考慮した計画の立て方

実行する
スケジュール管理など実際の課題遂行やイレギュラーな状況への柔軟な対応

人との関わり方

成果を上げるために重要な行動と、業務を行う上で特に重要なこと

社内対応
指示に従う必要性を自分で考えたり、提案を求められたりする

社外対応
顧客や取引先の数、関係の継続期間、関係構築の難易度

部下マネジメント
部下の人数、評価の難しさ、育成のポイントなど

出典:一般社団法人 人材サービス産業協議会 ポータブルスキル活用研修 講義者用テキストを加工して作成

転職の場合は、仕事を通して身についたポータブルスキルをアピールするのがオススメです。
とはいえ、「自分のポータブルスキル…?」とすぐには出てこないかもしれません。

そんなときは、就職してから現在に至るまでの仕事人生を折れ線グラフで振り返ってみるのがオススメです。
仕事が順調だったときにはどうやって仕事を成功させたのかや、仕事がうまく進まなかったときにどう対処したかなどを詳しくまとめていきます。

 

転職活動では、自分を客観視できているかが非常に重要なポイントです。
これまでの自分を振り返って客観視できれば、あなたのポータブルスキルも発見できるはず!

これは未経験の仕事に挑戦する方以外でも活用できるので、ポータブルスキルの整理は早めにやっておきたいですね。

28歳転職の不安を解決!Q&A

転職しやすい時期と言っても、「女性と男性だと状況は違いそう…」「すでに何度か転職経験があるけど大丈夫?」などと不安になりますよね。

ここでは、28歳の転職活動でよくある不安や疑問についてお答えします!

女性だと28歳の転職は遅いのでは?

28歳女性だと、企業側も結婚や出産を気にしてくると思うんです。女性の場合、28歳の転職はもう遅いのではないでしょうか?

女性が長く働くためには結婚や出産後も仕事を続けられる企業が理想的ですが、そういった体制が整っていない企業もまだまだ存在します。
しかし、昔に比べればワークライフバランスを重視した企業が格段に増えているのも事実。

20代前半には見えていなかった将来が段々と具体的に見えてくる28歳。
だからこそ、将来を見据えて自分のワークライフバランスに合った会社に入社し直すことで、後々安定して仕事を続けやすくなる可能性も十分にあります。

そう考えれば、まだまだ遅くはないですし、むしろ転職にちょうどいい年齢とも言えます。

以下の記事では、女性が活躍している企業を紹介していますので、参考にしてみてください。

転職回数が多くて、転職に踏み切れない…

すでに2回転職をしています。いくら28歳は転職しやすいといっても、さすがに転職回数が多すぎると無理なのではと不安です。

「転職回数が多いことで企業からの印象が悪くなるのでは?」と転職に踏み切れない方もいるかも知れません。

しかし、どうしても続けられそうにないのであれば、28歳のうちにもう一度転職をしてみるのも一つの手段です。

ただし、辞めぐせが付き始めているのであれば注意が必要です。
そのままだとまた転職をすることになりかねないので、仕事を続けていきたい意思があるのなら以下の記事を読んで、辞めないための対策をしておきましょう。

28歳で転職したAさんの体験談

とはいえ、実際に転職となるとどうなんだろう…。実際に28歳で転職した人の話を聞いてみたいです。
たしかに、実際のところはどうなのか気になりますよね。
そこで今回は、実際に28歳で転職したAさんに当時のことを聞いてみました!
登場人物紹介
Aさん
Aさん
関東近郊在住の32歳。都内の大学を卒業後、関東圏で営業職として勤務。
昔からの夢があったが、新卒の頃は狭き門で書類で落ちてしまい諦めていた。

ーまず、転職活動を始めたきっかけを教えてください。

新卒で入社した会社は、昔ながらの営業会社という感じで。あまり肌に合わなかったんです。それでも頑張っていましたが、先輩たちの様子などを見て「いつかは転職したい」と考えていました。

それで、昔から憧れていた業界があったのですが、ダメ元で最大手に勇気を出して書類を送ってみたら、なんと通過したんです!
新卒の頃はとにかく応募者が多くて書類で弾かれてしまうことが多くて…。今回も正直無理だと思っていましたが、他にも新卒の頃はダメだった会社でも書類が通ることがあり、驚きました。

そこで「もしかして新卒の頃より今のほうが自分自身のスキルを見てもらえるのでは?」と思い、転職活動を決意しました。

ー結局その大手企業はどうなったのですか?

結局二次面接でダメでした。でも憧れの会社で、しかも二次面接まで行けたことでちょっと自分に自信もついてきて。
彼女の後押しもあり、勢いのある中堅企業の営業兼マーケティングのような職種に応募してみたんです。

ーそちらの会社に応募してみてどうでした?

営業にはそれなりに自信もありましたが、マーケティングは初めての経験。業界時代もまったくの未経験だったので、正直受かったらラッキーくらいな気持ちで行きました。
そしたら、見事合格!あとから聞いたら、専門的な経験はないけれど社会人としてのコミュニケーション能力や、スキルやマナー、ちょっとした心遣いなども印象が良かったとのことでした。

ー今もそちらの会社にいらっしゃるのですか?

実は今は別の会社にいるんです。もともと、忙しい業界だとは聞いていましたが、入ってみたら想像以上で…(笑)

結局やめることになりましたが、28歳の転職については後悔はしていません。
きっとあのまま無理だと諦めていたら、「あの時こうしていれば…」と今も未練たらたらだったはずです。

辞めてしまいましたが、28歳で未経験の業界に挑戦できたことで一皮むけて、地に足がついた状態で30代を迎えられた気がします。
30代だったら、正直この挑戦には踏み出せなかったかもしれません。たとえ失敗だったとしてもまだ次に挑戦しやすいのが、28歳の魅力だと感じています。

いくつになっても挑戦はできますが、年齢を重ねるとその分リスクは高まります。
ダメージの少ない20代のうちにやりたいことをやってみるというのは一つの手段かもしれませんね。

まとめ

今までの経験を活かす転職、未経験業界・職種への転職、そのどちらにもチャレンジしやすいのが28歳です。

もし、28歳のあなたが転職に悩んでいるのなら、自分がこれからどういう仕事をしていきたいのか、どんな人生を歩みたいのかを一度じっくり考えてみてください。

その結果「転職をしよう!」と思ったのなら、全力でチャレンジすることをオススメします。

28歳だからこそできるチャレンジ。勇気を持って行動した結果がいい方向に進むことを祈っています。

しかし、転職は1人では不安なこともありますよね。
些細なことでも構いません。不安なことは私たち転職ナコウドにご相談くださいね。
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU