JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 子育てと仕事を両立したいあなたへ!ピッタリな仕事を見つけるヒント

子育てと仕事を両立したいあなたへ!ピッタリな仕事を見つけるヒント

JOBSHIL編集部
子育てと仕事を両立したいお父さんお母さん
この記事のポイント
  • パートと正社員の違いを知っておこう
  • 育児中の人向けの求人検索方法を紹介
  • 家庭に合った転職をしよう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

子育ても仕事もがんばりたい!
そんな人が増えています。

とはいえ、家庭によって仕事の比重の価値観はさまざま。
どんな働き方が自分に合っているか悩んでしまうこともありますよね。

出産を機に退職したけれど、もう一度正社員として働きたい
子どもとの時間を増やしたいから転職したい
パートと正社員、どちらを選ぶか迷っている

そんな方に向けて、この記事ではパートと正社員の違いや、子育てと両立できる仕事が見つかる求人検索方法両立のためのアドバイスなどをご紹介していきます。

あなたにとって最適な仕事を、転職ナビで見つけてみませんか?私たちがサポートします!

転職サイトの転職ナビでは
専任アドバイザーが無料で転職活動をサポート

会員登録はこちら

子育てと両立しやすい働き方は?

仕事を探すときにまず気になるのが、「子育てと両立しやすい働き方はなんだろう?」ということではないでしょうか。

そこでこの章ではパート正社員を比較し、メリット・デメリットをご紹介していきます。

パートで働く

パートのメリット
  • 時間に融通がきく
  • 比較的早退も許容されることが多い
パートのデメリット
  • 正社員と比較すると給与は低め
  • お休みが多いと収入が減ってしまう

両立しやすい仕事を考えたときに、まずパートで働くことをイメージする方も多いのではないでしょうか。

パートのメリットは、時間に融通がきくこと。
働く日数や時間を比較的自由に選択できるので、子どもが幼稚園や小学校に通っている時間に働いて、帰宅時間には家で迎えてあげる…といったスケジュールを叶えることも可能です。

また、勤務の融通もききやすく、子どもの急病での早退も許容される場合が多いです。

これに対し、デメリットは収入面です。

パート勤務は正社員と比較すると賃金が低めに設定されています。
また、時給制・日給制であることがほとんどなので、お休みが多いと収入が減ってしまうことも…。

もし扶養内での就業を考えているなら、年間収入を最大でも150万以下におさえる必要があります。

平成29年度の正社員平均年収は304.3万円(*1)なので、比較すると年間150万円以上の収入差が出てしまうことは考慮しておくとよいでしょう。

(*1)参考資料:平成29年賃金構造基本統計調査の概況(厚生労働省)

正社員で働く

正社員のメリット
  • 賞与がもらえる(勤め先による)
  • 昇進や昇格の可能性が広がる
  • 福利厚生のほとんどが対象になる(非正規雇用では受けられない福利厚生がある場合)
  • 社会的信用が高くなる(ローン審査などに有利)
正社員のデメリット
  • 時間の自由がききにくい
  • 会社都合で転勤などを求められることがある
  • 休日出勤や残業の可能性が高くなる
  • より高い成果が求められる

正社員はメリットもデメリットも大きくなります。

正社員のメリットは、安定した収入と福利厚生があげられます。
月給に加えて賞与があったり、福利厚生のほとんどが対象になるのはパートとの大きな違いとも言えます。

また、裁量があり業務範囲が広いのも正社員の特徴です。
昇進・昇格の可能性も広がるので、働きがいを感じられるのではないでしょうか。

デメリットは、時間の自由度が低いことです。
週5勤務が基本であるため、子どもと過ごす時間は少なくなってしまいます。

もう一つのデメリットは転勤の可能性があることです。
会社都合で転勤を求められることがあるので、仕事探しの際は注意が必要です。

正社員の働き方についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

パート正社員それぞれの特徴を抑えたところで、
次の章では求人検索の方法を見ていきましょう!

子育てと両立できる仕事が見つかる求人検索方法

仕事探しに転職サービスを利用するなら、ぜひ知っておいて欲しいのが求人の検索方法です。

なぜなら、求人検索方法を上手に利用すると、子育てと両立しやすい仕事を絞ることができるんです!

ここでは、転職ナビを例にあげてご説明していきます。

こちらが転職ナビの条件絞り込み画面です。

tensyokunavi.png

MEMO

「トップ画面」▶︎「検索する」▶︎「条件を開く」の順番でボタンをクリックしていくと、詳細検索画面に遷移します。

転職ナビでは、以下の条件が設定されています。

求人の特徴
  • 育児・介護休暇あり
  • 子育て中の女性在籍中
待遇
  • 家族手当
  • 育児支援制度
休日・休暇
  • 産前産後休暇
  • 育児短時間措置

もちろん、転職ナビ以外の転職サービスでも似たような条件で求人を絞り込むことができますので、参考にしてみてください。

「育児・介護休暇あり」となっている場合でも、制度が活用された前例がないケースもあります。
取得実績があるか気になる方は、条件面談などで企業へ確認してみてくださいね。

子育て中社員にやさしい社内制度5選

求人を出している企業の中には、育児に理解ある制度を設けている所もあります。
この章では、特にオススメな制度5つをピックアップしてご紹介します。
求人を探すときの参考にしてみてくださいね。

職場に託児所がある

託児所がオフィスに併設されている提携する保育所に預けられるなど、保育への取り組みを強化している職場であれば、「預け先の保育園が見つからないから働けない…」といった事態が避けられます。

子連れ出勤が認められている企業もあるので、仕事中も子どもと離れたくない人にオススメです。

医療(病院)系、サービス系、ベンチャー系などの業界でこうした取り組みが増えてきているようです。

時短正社員

時短正社員は、福利厚生などの待遇や職務範囲は正社員のまま、時短勤務が認められる制度です。
短時間正社員制度とも言います。

近年、入社時から時短正社員としての契約ができる企業も増えてきています。

昇進昇格や賃金の面などフルタイム勤務と異なる場合があるので、詳細は条件面談時に確認しておきましょう。

時短正社員は時短の期間に定めがないので、従業員と企業の折り合いのつくタイミングでフルタイム勤務に変更することも可能です。

育児短時間勤務制度

育児短時間勤務制度とは、1日の所定労働時間を「原則6時間」とする制度のこと。

対象者は「3歳未満の子どもを育てる男女従業員」です。

制度取得にあたっては、下記の要件を満たしている必要があります。

① 1日の所定労働時間が6時間以下でないこと

② 日々雇用される者でないこと

③ 短時間勤務制度が適用される期間に現に育児休業をしていないこと

④ 労使協定により適用除外とされた以下の労働者でないこと

④ 労使協定により適用除外とされた以下の労働者でないこと

ア その事業主に継続して雇用された期間が1年に満たない労働者

イ 1週間の所定労働日数が2日以下の労働者

ウ 業務の性質又は業務の実施体制に照らして、短時間勤務制度を講ずることが困難と認められる業務に従事する労働者(指針第2の9の(3))

出典:育児・介護休業法のあらまし

出典元サイト:厚生労働省

「育児短時間勤務制度」は時短正社員と異なり、「子が3歳に達するまで」といった期限がある制度なので注意が必要です。

子の看病休暇などの休暇制度がある

小さい子どもに病気や怪我はつきもの。
きょうだいがいる場合は特に、お休みがいくらあっても足りなくなってしまいますよね。

有給を看病で使い切ってしまい、欠勤扱いになってしまう…というのは働く親のあるあるですが、看病休暇として有給を付与されていれば安心してお休みできますよね。

他にも、子のバースデー休暇などの休暇制度がある企業も!
親にとっては嬉しい制度ですね。

リモートワーク・テレワーク・在宅勤務

リモートワークが認められていれば、家庭で子どものお世話をしながら仕事ができます

時間の自由度が高く、通勤に時間を取られないこともメリットと言えます。

住む場所が自由に選べることもメリットですね。

【Q&A】教えてナコウドさん!

子どもが生まれてからはじめての転職であれば、様々な不安が出てくるものです。

そこでこの章では、求職者さんが感じる「こんな時どうしたらいいの?」という疑問に転職ナコウドがお答えしていきます!

ブランクが不利にならないか心配です。

育休を機に退職したのですが、職歴に空白期間が2年できてしまいました…。
書類選考で不利にならないか心配です。
育児が理由でできた空白期間を気にする企業は少ないですよ。

離職期間が2〜3年程度なら、不利になることは少ないです。
企業から離職理由を質問されたら、育児に専念していたことを伝えましょう。

一度職を離れても、子育てがひと段落してから復帰して活躍している方もいらっしゃいますよ。

子どもの急な病気などで、転職してすぐに長く休むのは気まずいです。

今後の信用にもひびきそうだし、転職してすぐお休みをもらうのはなるべく控えたいのですが…。
病気の子を預かってくれるサービスを利用する手もありますよ。

いつどのくらい罹患してしまうのか予想できないのが子どもの病気というもの。
それがもしインフルエンザであれば、要自宅療養となり、1週間ほど連続してお休みを取らざるを得ません。

けれど、どうしても仕事が休めない時もありますよね。
パートナーや両親など、近くに頼れる人がいれば頼りましょう。

それ以外の選択肢には、病児保育病児後保育という方法があります。
これらは仕事を休めない時に親に代わって子どもを看病してくれるサービスで、服薬や経過観察など通常保育園にはお願いできないことにも対応してもらえます。

病児保育とは、発熱や嘔吐・下痢などの症状が出ている状態の時に利用できるサービスのこと。
病児後保育とは、回復期にあるがまだ安静が必要な場合に利用できるサービスのことを指します。

預け先は施設と自宅の2パターンがあります。
施設の場合は保育園やクリニックなどに保育室が開設されている場合が多く、自宅の場合は病児保育士(保育士または看護師の資格を持った人)が自宅に訪問し看護を代行してくれます。

いずれも集団保育が困難な場合に子どもを預けられるので、自宅から近い施設等をあらかじめリサーチしておくと、いざという時に役立ちますよ。

保育園のお迎え時間を考えると、残業は一切NGにしなくてはいけないのでしょうか?

残業が一切できないとなると、選べる仕事の選択肢も減ってしまうのではないでしょうか?
残業があったときの預け先を確保しておくと安心です。

開所時間は保育園によって異なりますが、標準時間は午前7時から午後6時くらい。

帰宅時間も考えると残業は厳しくなってしまいます。
とはいえ、仕事をしていれば残業を断れない時もありますよね。

そんな時、まずは預け先の保育園が延長保育夜間保育に対応しているか調べましょう。

延長保育や夜間保育に非対応だった場合には、ファミリーサポートを活用するという方法もあります。

ファミリーサポートとは、お住いの地域が運営する育児の手助けが必要とする方と育児の手助けができる方を結びつけるサービスのこと。
子どもの送迎や一時預かりなどをお願いすることができます。(※病児を預けることはできません)

会員登録する必要があるので、利用予定がある場合は余裕を持って登録しておきましょう。

子育てと家事に仕事が加わったら、すべてこなせる自信がありません。

専業で家事をしていても毎日忙しいのに、仕事なんてできるんでしょうか?
手を抜けるところは手を抜いて、無理をしすぎないことが両立の秘訣です。

「子育てと家事だけでも大変なのに、フルタイムでの勤務なんてムリ!」…なんて思っている方も少なくないのではないでしょうか。
想像しただけでオーバーワークになってしまいそうですが、少し肩の力を抜いてみてください。

子育てと仕事は手を抜けない。それなら、家事を効率化してみるのはいかがでしょうか。

たとえば、掃除や炊事を休日にまとめてやっておけば、平日帰宅後の時短になりますし、家事を助けるような家電を取り入れるという方法もあります。

限りある時間の中で、全部を完璧にこなすのはとても大変なこと。

手を抜けるところは手を抜いて、無理をしすぎないことが両立の秘訣ですよ。

長い目で見極めて、家庭に合った転職をしよう

子育てと仕事を両立するなら、環境選びが大事なポイントになります。

だからこそ、転職に焦りは禁物。
勤務条件や働きやすさなど、長く働けるかどうかをよく見極めることが大切です。

家族が笑っていられるような転職ができたらハッピーですね。

ぜひ、あなたの家庭にぴったりの仕事を見つけてくださいね。

正社員のお仕事探しのときは、私たち転職ナコウドにお手伝いさせてください!
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU