JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 転職して公務員になるには?知っておきたい基本知識

転職して公務員になるには?知っておきたい基本知識

JOBSHIL編集部
自分が公務員に転職成功した未来を想像する男性
この記事のポイント
  • 公務員は国家公務員と地方公務員の2種類に分類される
  • 公務員になるには公務員試験に合格する必要がある
  • 公務員の求人には年齢制限がある

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

転職先として、公務員が気になっている。
とはいえ、

どうやったら公務員になれるの?

そんな疑問を持つ方も少なくないのではないでしょうか。

民間から公務員への転職は、分からないことだらけ。

そこで今回は、公務員の種類休日・待遇などの基礎情報から公務員になる方法までを詳しく解説していきます。

転職ナビは月間3万会員の完全無料の転職サイトです。

会員登録はこちら

公務員とは?

公務員の種類は大きく分けて、国家公務員地方公務員の2種類に分類されます。

国家公務員は、1府12省庁をはじめとした国家機関に所属し、国の予算・政策・法律などに関わる業務を担います。

対して地方公務員は、都道府県や市区町村などの各自治体に所属し、地域や住民に密着した業務に携わります。

どんな仕事があるのか具体的に知りたいです!
では、国家公務員と地方公務員の代表的な職種をご紹介します。
職種選びの参考にしてみてくださいね。
国家公務員の職種

裁判官、外交官、航空管制官、国税専門官、皇宮護衛官、自衛官、海上保安官、国会議員 など

地方公務員の職種

都道府県庁職員、市町村役所職員、消防士、警察官、公立学校教員、公立園保育士 など

公務員になるためには何をしたらいいの?

国家公務員と地方公務員、どちらも採用までの流れは変わりません。
この章では、公務員になるための一般的な流れをご紹介していきます。

公務員になるための流れ

多くの中途採用と同じように、公務員を目指す場合も希望の勤務先を選んでエントリーします。
民間企業を対象とした転職活動との違いは、公務員試験に合格する必要があることです。

公務員試験受験の条件として、あらかじめ資格取得が求められる職種(資格免許職)もあります。
資格免許職の例

獣医師・看護師・薬剤師・保育士・幼稚園教諭・教員・司書・学芸員・管理栄養士 など

ここからは、それぞれ詳細をご紹介していきます。

①希望の勤務先を選定

公務員として採用されるには、公務員試験に合格する必要があります。

試験は、専門分野別・所属先別に細かく分かれているので、まずは希望の勤務先を選びます。

求人情報は、各公的機関の採用ページや人事院のホームページに掲載されています。

試験は併願できますので、必ずしも希望を一つに絞り込む必要はありません。

②出願

どこを受験するか決めたら、次は出願です。

出願とは試験申し込みのことで、インターネットから申請することができます。

申し込みページは、各公的機関の採用ページや人事院のホームページに設置されているので、確認しておきましょう。

③公務員試験受験

公務員試験は、1次試験(筆記)と2次試験(面接)の計2回行われます。

国家公務員に関しては、選考工程がもう1ステップあり、2次試験合格後に官庁訪問を行います。

官庁訪問とは、各府省が独自に行う採用面接のことです。
内定をもらうためには、官庁訪問で自己アピールをして高評価を得る必要があります。

官庁訪問の前に開催される官庁業務説明会に参加して、あらかじめ情報収集をしておきましょう。

④採用

試験に合格すると採用候補者名簿に登録されます。
この名簿に登載された人の中から、成績の良い順に採用が決まっていく仕組みです。
(※「採用候補者名簿」に登載された人が全員採用になる職種もあります)

場合によっては、試験合格通知後にさらに志望先で採用面接を受け、合格すれば採用というパターンもあります。

公務員試験合格=採用ではないので注意が必要です。

⑤意向届提出

採用内定をもらったら、意向届を提出します。

意向届は、「採用を希望する場合」も「採用を辞退する場合」も必須です。

インターネットを通じた提出が主ですが、郵送での提出も可能です。

意向届が未提出だと採用希望者として取り扱われませんので、ご注意ください。

公務員試験の基本情報

公務員を目指す方にとって、もっとも気になるのは公務員試験のことではないでしょうか?

そこでこの章では、受験資格受験方法などの基本情報をご紹介します。

公務員試験の基本情報

受験資格は職種ごとに異なりますが、ここでは一般的な要件をご紹介します。

公務員試験の受験資格

学歴要件:原則学歴不問

資格要件:特になし(※資格免許職は資格必須)

身体要件:一部あり(※警察官や航空管制官など)

年齢制限:あり

受験費用:原則無料

この他の、より細かい受験資格については受験案内書類で確認することができます。
試験申し込み前にチェックしておきましょう!

公務員試験って学歴不問なんですね。…ということは、意外と試験問題は難しくないんですか?
学歴不問=受験資格としての学歴は不要、という意味合いです。

試験は、学歴に関係なく受験することができます

その代わり、試験は難易度別に上級(大卒程度)中級(短大卒程度)初級(高卒程度)の3段階に分かれていて、 級によって仕事内容や給与など、採用後の待遇が変わります。

ちなみに、試験を受ける上で勉強が必要な科目は20〜30科目と言われています。
働きながら公務員試験受験を考えている人は、勉強時間の確保も重要になります。

受験方法

公務員試験の受験方法は多数ありますが、ここでは代表的な大卒程度一般枠経験者枠の2つをご紹介します。

大卒程度一般枠

年齢上限が30歳前後と設定されているのが大卒程度一般枠です。

社会人経験は不問で、新卒の学生もこの枠で受験します。

経験者枠

年齢が30歳以上の職務経験がある人を対象にしているのが経験者枠です。

近年経験者枠の年齢上限が緩和されていることもあり、倍率は大卒一般枠と比較すると高めになる傾向があります。

経験者枠の受験資格には、勤務年数の要件が設けられています。

ただし雇用形態についての制限はないので、勤務年数などの条件を満たせばフリーターから公務員になれる可能性もあります。

【Q&A】公務員についてもっと詳しく知りたい!

仕事を決める上で、休日や待遇なども知っておきたいポイントのひとつ。

この章では、公務員の働き方に関心ある方が感じやすい疑問をピックアップしてお答えしていきます!

勤務時間は何時から何時まで?

勤務時間が知りたいです。
朝8時半〜夕方17時までが一般的です。

勤務時間は所属先により異なりますが、朝8時半〜夕方17時が主流となっています。

1日の労働時間は7時間45分。

一般的な勤務時間は8時間なので、比較すると15分短縮されています。

休日について知りたい

平日休みですか?土日休みですか?
土日祝休みの完全週休二日制です。

基本的には、土日祝休みの完全週休二日制です。

休日に出勤した場合には、振替で休みを取ることができます。
また、休日出勤割増手当が出る場合もあるようです。

ボーナスはもらえる?

公務員って安定しているけど、そんなに稼げないイメージがあります。
稼げるかどうかは個人の価値観によりますが、公務員にもボーナスはありますよ。

夏1回・冬1回の年間計2回、ボーナスの支給があります。

夏は6月頃、冬は12月頃の支給が多いようです。

異動や転勤はあるの?

どの職種を選んでも異動や転勤はあるんでしょうか?
はい。基本的には異動や転勤は発生します。

国家公務員は県をまたぐ転勤、地方公務員は県内での異動が主になります。

職種や立場にもよりますが、早くて1〜2年周期、一般的には3〜5年周期で異動や転勤が発生すると言われています。

これは、同じ機関に長く勤めることによる癒着を防ぐことが理由です。

異動や転勤は基本的に断ることはできませんが、介護などの理由があれば考慮してもらえる場合も。

転勤にあたっては、諸手当が支給されます。

公務員への転職を後悔しないためにできること

ここまで、公務員になる方法をご紹介してきました。

試験は併願できますので、より多くの試験を受けていくことが公務員になる近道になる場合もあるでしょう。

もちろん、併願は公務員試験だけではなく、民間企業の採用を並行して受けていくこともできます。

転職先の候補は必ずしも一つに絞る必要はありません。

あなたらしい転職活動を考えていきましょう。

民間企業への転職も視野に入れるなら、手軽にはじめられる無料転職サポートを試してみてはいかがでしょうか。
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU