JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 英語を活かせる仕事で適職を見つける近道をご紹介

英語を活かせる仕事で適職を見つける近道をご紹介

JOBSHIL編集部
英語を活かした仕事
この記事のポイント
  • 業界別・英語力別に各種職種を紹介
  • 転職に効く英語試験はコレ!
  • 職種ごとに業務内容をご案内

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!
今度転職をするなら英語を使った仕事に就きたいな。

英語力が強みの人にとって、そのスキルを最大限に活かせる仕事こそ、適職と言えるかもしれません。

グルーバル化が進み、以前と比べ英語を使う仕事は増えました。

しかし、様々な仕事があるからこそ、求められる英語力もそれぞれ異なります。

そこで、自分が持つ英語スキルが、どの職種に適しているか気になるところですよね。

この記事では、英語を使って活躍できる仕事をご紹介しながら、それぞれの職種で必須になる英語力をご説明します。

転職サイトの転職ナビでは
専任アドバイザーが無料で転職活動をサポート

会員登録はこちら

英語で適職を見つけるコツ

英語を使った仕事はたくさんありますが、その中からあなたにぴったりの職場を見つける方法があることをご存知ですか?

まずは、自分の英語力について自己分析をしてみましょう。

英語が得意だという方でも、例えばリスニングは得意だけどスピーキングは苦手という方もいるかもしれません。

中にはライティングなら誰にも負けない!と自信を持って言える人もいるでしょう。

繰り返しにはなりますが、同じ英語を使った仕事と言えど、それぞれ求められる英語のスキルは異なります。

英語を使ってディスカッションする機会が多い仕事や、重要書類を英語で作成しなくてはいけない仕事など、職場によって英語が使われる場面は様々です。

自分の強みを活かせる職場に転職した方が、大きなやりがいが得られるだけでなく、高い実績を残せます。

また、ミスマッチのない仕事を見つけるためにも、日頃どんな仕事をするのか下調べすることが重要です。

担当する仕事が分かれば、求められる英語スキルも分かるもの。

後ほど、職種ごとの業務内容をご紹介するので、参考にしてみてください。

最後に、英語を使った仕事を選ぶ上で最も重要なのはその職場で自分がどんなキャリアを歩みたいかをしっかり考えること。

実は「英語が好きだから、英語を使って仕事をしたい」という動機だけでは、モチベーションを維持することが難しいからです。

というのも、英語を使う職場では英語で自分の意見を伝える力英語で営業活動をする力など英語力以外でプラスアルファのスキルが求められるもの。

英語を使って、どんな仕事をしてどんなキャリアを歩みたいかという考えがないと、入社後にミスマッチを感じてしまう場合もあるんです。

好きを活かした仕事を探したいという気持ちはとても大切ですが、適職を探すうえで重要なのは、英語はあくまでコミュニケーション手段の一つと考えることです。

「英語を仕事にする」のではなく「英語で仕事をする」と考えることが自分に合った仕事を見つける近道です。

オススメの英語資格

英語力を証明する資格はたくさんありますが、せっかくなら転職活動に最も有利に働く英語資格を選びたいものです。

数ある英語資格の中から転職活動に最適なものを選ぶ際には、以下の2つが重要になります。

転職活動に役立つ英語資格の基準
  • グローバル基準の英語力を測れるか
  • ビジネスシーンに適した英語力を測れるか

英語資格と聞いて、英語検定(英検)を思い浮かべる方も少なくないはず。
英検は英語力を測る試験ですが、試験内容は日本人向けの国内試験です。
国際的に使用される英語と必ずしも合致しないため、グローバル企業の求人に応募する際には、あまり有利には働きません。

グローバル基準の英語資格の一つに、TOEFL(Test of English as a Foreign Language)が挙げられます。

ただしTOEFLは世界的に広く受験されている英語能力検定ですが、試験内容はビジネス英語というより大学の授業で使用されるようなアカデミックな英語なので、転職活動の際には不向きかもしれません。

グローバル基準で、かつビジネスシーンで役立つ英語力を測る試験なら、TOEIC(Test Of English for International Communication)がオススメです。

TOEICはアメリカで開発された試験で、仕事をする上で必要となる専門的な英語力が問われます。

受験者が多く、採用基準に取り入れる企業も多いため、まさに転職活動に有利に働く英語資格だと言えます。

英語力を証明する腕試しに、ぜひ一度TOEICを受験してみましょう!
既に受験した経験がある方は、より高い点数を目指して新たに勉強し直すこともオススメです。
次の章では英語を使った仕事を、各職種ごとに求めるTOEIC点数と合わせて紹介します。

【業界・職種別】英語を使った仕事一覧

この章では、下記4職種の仕事を紹介します。

英語が活かせる職種・業界はコレ
  • サービス業
  • 事務職
  • 総合職
  • 専門職

それでは一つずつ見ていきましょう。

サービス業

英語を使って人と接したい!という方や、スピーキングに自信がある!という方にオススメなのが、サービス業界です。

例えば海外旅行を楽しむ観光客をサポートするツアーコンダクターは、現地の観光案内も担当するので仕事をしながら幅広い知識を広げられます。

しかし、入国手続きや現地でのトラブル対応を引き受けるのも業務の一貫です。

なので、ツアーコンダクターに応募する際は楽しい旅行を支援するだけでなく臨機応変に対応できる力が求められる仕事だということを念頭におきましょう。

また、海外からの旅行客が集うホテルのスタッフも、英語を使って人と接する仕事です。

ホテルスタッフは、受付でチェックインやチェックアウト業務を行うフロント業務や、宿泊客を部屋まで案内するベルパーソン業務など、幅広い業務を受け持ちます。

ただ客層によりますが、大きなトラブルがない限りマニュアル通りに対応することで乗り切れることが多いのだそう。

きちんとしたマニュアルを用意しているホテルであれば、英語に自信がない方でも働きながら徐々に英語を学んでいけます。
さらに高級ホテルに転職できれば、宿泊客に失礼のないフォーマルな英語が身につくことも魅力です。

また英語を使うサービス業と言えば、航空業界も気になるところ。

キャビンアテンダントは、当然ながら海外からの乗客に対応するために、ビジネスレベルの英語力が必要になります。

航空会社によっては、英語以外にも中国語やフランス語が話せる人材が重宝されるので、さらに語学力を磨きたい方に適した職業です。

そこまで語学力に自信はないけれど、憧れの航空業界で活躍したいという方には、グランドスタッフがオススメ。

グランドスタッフは、チェックカウンターで航空券発行や荷物受け取りを担う搭乗手続きと、乗客を搭乗口まで案内する搭乗案内の2つの業務があります。

海外からの乗客を案内する際には英語を使うことは必須ですが、日常会話を難なくこなせる程度の英語力があれば充分活躍できます。

日頃の業務を通じて、高いコミュニケーション能力が身につくも魅力です。

TOEIC点数の目安
  • ツアーコンダクター:500~590点
  • ホテルスタッフ:600~695点
  • キャビンアテンダント:700~795点
  • グランドスタッフ:550~590点

事務職

英語を使った事務職に求められるのはリーディングスキルライティングスキルです。

いずれも高い英語力が求められますが、中でも貿易事務はTOEICスコア600~695点程度の英語力でチャレンジできます。

日頃の業務は商社や海外メーカーとの折衝や輸出入手続きなど、多岐に渡ります。

業務を進めるにあたり、経理や通関についての知識も必要となりますが、物流を支えるやりがいを感じられる仕事です。

同じく専門知識が問われる事務職に、特許事務員が挙げられます。

特許事務員は、海外国際特許申請や商標申請を、弁理士に変わって特許庁に出願することが主な業務です。

必要書類を英語で作成する能力だけでなく、法令に関する知識も必要なため、専門性を高めて一生もののスキルを手にしたいという方にぴったりな仕事だと言えます。

また、ライティングスキルに加えてスピーキングスキルも活かしたいというかたには大使館事務がオススメです。

主な業務は事務処理ですが、時には海外の外交官と打ち合わせをする機会も、日本の文化や歴史だけでなく、政治や経済についても英語で伝えられるだけの語学力と知識が必要なため、大変な仕事ではありますが、日本と海外とをつなぐ架け橋になるやりがいを実感できます。

さらに、英語のスキルがマストではないものの、秘書職に応募する上で英語力が有利になることがあります。

特にグローバル展開する企業では、海外支店と書類のやりとりが発生するので、英語を使う機会が必然的に多くなります。

英語を使った職業を探す際に選択肢の一つに入れておくと良いでしょう。

TOEIC点数の目安
  • 貿易事務:600~695点
  • 特許事務:700~795点
  • 大使館事務:700~795点

総合職

英語力以外にプラスアルファのスキルが求められるのが総合職です。

例えば海外営業では、価格交渉から商談など営業業務だけでなく、提案資料作成メールでのやりとりなど、幅広い業務を担います。

コミュニケーションも英語で行われることが多く高い英語力が求められる仕事ですが、グローバルに活躍するダイナミックさを味わえることが仕事の魅力だと言えるでしょう。

海外に赴いてマーケティング調査をする海外市場調査の仕事も、英語力以外のスキルが求められる仕事です。

業務内容にはマーケティングプランの提案やレポートの作成など専門的なものも含まれるので、英語力にプラスしてマーケティングの知識を身につけたい方にはぴったりな職業だと言えます。

またバイヤーの仕事は、英語力に加えて交渉力が身につく仕事です。

世の中の流行をいち早く掴み、最適なタイミングと価格で買い付けるバイヤーの仕事は、一見すると大変そうな仕事ですが、実は未経験からでもチャレンジできます。

買い付けを行う現地で通訳を雇うことも多いですが、自分の英語力で交渉できる人材は、企業からも重宝されます。

TOEIC点数の目安
  • 海外営業:700~795点
  • 海外市場調査:600~695点
  • バイヤー:700~795点

専門職

高い英語力自体を商売道具にする専門職と言えば、通訳翻訳の仕事を思い浮かべる方も多いはず。

まず、日本語や英語の会話を通訳する日英通訳者になるには、英語の単語を使いこなす力はもちろんのこと、言葉のニュアンスを汲み取る能力が必要です。

そのために、英語圏の文化に積極的に触れて理解の幅を拡げる努力をしている方も少なくありません。

通訳者としての技術を証明する「日英通訳者」の国家資格がありますが、資格がなくても通訳者として働くことはできます。

翻訳の仕事は、翻訳する内容に合わせてそれぞれの専門職があることが特徴です。

例えば海外小説を担当する場合は文芸翻訳ビジネス文書研究論文を担当する場合は実務翻訳映画やテレビ番組、DVDに字幕を入れる業務を担当する場合は映像翻訳と、翻訳する対象に応じて高い専門性が問われます。

映画やビジネス書など、自分が日頃どんなコンテンツに触れる機会が多いかを振り返りながら、どの専門分野を選ぶかを決めるのがオススメです。

英語を専門にした仕事の中には、英文速記者という仕事もあります。

英語速記者は、英語の会議などを、即時に文章に記録する仕事です。

活躍の場は外資系企業の会議や、国家機関のカンファレンスなどですが、重要な内容の会議が多いため正確な内容をスピーディーに記録する技術力が必要になります。

会議の内容を事前に把握するなど、業務外の時間を勉強に充てることも必要になりますが、専門知識を蓄えた分幅広い企業や団体から重宝される人材になれます。

TOEIC点数の目安
  • 通訳:900~990点
  • 翻訳:900~990点
  • 英語速記者:800~895点

まとめ

言わずもがなですが、同じ英語力の中でもライティングやスピーキング、リーティング、リスニングなどスキルはそれぞれ分かれます。

あなたの強みになる英語力を振り返ることが、英語を使った適職に巡り合う鍵だと言えるでしょう。

まずはTOEICテストを受験することで、自分の英語力を客観的に見つめ直すことがオススメです。

とはいえ、英語力を活かした仕事がどれだけあるかも気になりますよね。

そんな時は転職ナビで仕事を探してみてはいかがでしょうか。

転職ナビでは、英語を活かした仕事だけに絞って、求人情報を検索できます。

この記事には紹介し切れていない職種も数多く掲載されているので、転職先の選択肢を拡げるためにも、一度チェックしてみてください。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU