JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 人と関わる仕事がしたい!転職のコツとオススメ職種

人と関わる仕事がしたい!転職のコツとオススメ職種

JOBSHIL編集部
人と関わる仕事がしたい男女二人
この記事のポイント
  • 人と関わる仕事は未経験スタート歓迎の求人が豊富
  • 人と関わる仕事に向いている人の特徴やオススメの職種を紹介
  • 人とどんな関わり方をしたいか考えると自分にぴったりの仕事が見つけられる

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

「今自分がやっている仕事って、誰かの役に立っているのかな?」

どんな仕事も誰かの役に立っているものですが、職種によっては相手の反応が分かりづらく、喜ばれている実感が湧きにくいこともあります。
そこで、「もっとお客様の表情が見えるような仕事がしたい!」と、転職を考え始めた方もいるのではないでしょうか。

とはいえ、人と関わる仕事をしたことがない人なら、どんな仕事があるのか?自分は向いているのか?といった疑問も感じますよね。

そこで今回は、人と関わる仕事に向いている人の特徴将来的に磨けるスキルオススメの職種について解説していきます。

あなたがやりたい仕事、向いている仕事を探すお手伝いを、私たち転職ナコウドにさせてください!一緒に転職活動をスタートしませんか?

転職サイトの転職ナビでは
専任アドバイザーが無料で転職活動をサポート

会員登録はこちら

人と関わる仕事って?

未経験から転職を考えるなら、まずは人と関わる仕事について詳しく知っておきましょう。

人と関わる仕事の代表例は以下です。

人と関わる仕事の例
  • 接客販売
  • サービス業
  • 美容系接客業
  • 講師、トレーナー

人と関わる仕事は、様々な種類があります。
たとえば、アパレルショップ・小売店などでの接客販売の仕事や、ホテル・旅行関係職などのサービス業と言われる仕事。
他には、美容師・エステティシャンなどの専門職、講師・トレーナーなどもあげられます。

人と関わる仕事のメリット

次に、人と関わる仕事をしていることで得られるメリットや、将来的に磨いていけるスキルをご紹介します。

オススメポイント
  • 商品・サービス知識が深まる
  • きれいな立ち居振る舞いが身につく
  • 学歴に関係なくキャリアアップしやすい

人と関わる仕事は、お客様のニーズを汲み取り、一人ひとりの顧客に合わせた提案をします。
そのため、仕事を通して商品・サービスの知識や理解が深めることができます。

接客時に、お客様に失礼のないようにといった心構えをしていると、きれいな姿勢や所作だけでなく、丁寧な言葉遣いも身につきます。
礼儀正しい振る舞いは、どんな仕事でも活かせる普遍的なスキルです。

また、人と関わる仕事の多くは、学歴や経験を求められないことが多いです。
成果に応じて評価を得られる場合が多いので、比較的年齢が若くても昇進や昇格がしやすい傾向があると言えます。

人と関わる仕事が向いている人の特徴

では、人と関わる仕事はどんな人が向いているのでしょうか。
気になる人のために、特徴をまとめました。

もしも今、以下の内容と一致していなかったとしても、これからできるようになりたいと思える人なら、向いている可能性があります。

それでは、詳細を見ていきましょう。

初めて会う人とも上手に話せる人

仕事をする上では、新規のお客様と接する機会も少なくありません。

人見知りせず誰とでも話せるという人は、人と関わる仕事に向いていると言えます。
相手の年代や性別を問わずコミュニケーションを取るのが得意であれば、転職活動では効果的なアピールポイントになりますよ。

気配りができる人

相手が言葉にしないけれど望んでいることを察したり、話を聞いて相手の求めることを理解できる人は、人と関わる仕事に向いています。
求めることを口に出す人、言いたくても言えない人、放っておいて欲しい人など、お客様のニーズもさまざまです。
「そのお客様はどうして欲しいのか」を想像できると、痒いところに手が届くサービスにも繋がり、お客様に喜んでもらえそうですよね。

臨機応変な対応ができる人

どんな仕事でもトラブルが起こってしまうものですが、対処法がすべてマニュアルに書いてあるとは限りません。
特に人と関わる仕事では、その場の機転や解決力を求められる場合も多いでしょう。
だからこそ「今すべきことは何か」を考えて実行できる人は、人と関わる仕事に向いているのではないでしょうか。

どんな時でも笑顔になれる人

対人業務をしていれば、時にはクレームを言われたり、理不尽な要求をされてしまうこともあるでしょう。
そんなとき嫌な気持ちになったとしてもムッとした表情を出さずに笑顔を作れる人も、人と関わる仕事に向いています。
また、笑顔は相手に安心感を与えるので、お客様が話しかけやすい雰囲気を作る効果もあります。

身だしなみに気を遣える人

対面の仕事では、第一印象を左右する身だしなみを整えることは大切なポイントと言えます。
不潔だったりだらしない格好をするのはもちろんダメですが、過度にオシャレすぎるのもNGです。
仕事内容や接客相手にふさわしい身だしなみを考えられる人は、人と関わる仕事に向いています。

自分が楽しいと思える仕事、向いている仕事ができるのが一番ですよね。以下の記事では、楽しい仕事の見つけ方について紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

人と関わる仕事でオススメな職種5つ

ここからは、転職ナビのキャリアアドバイザーが厳選したオススメ職種をご紹介していきます!
人と関わる仕事は、未経験スタート歓迎の求人が豊富なところも嬉しいポイントです。

企業によっては、入社後の研修が充実している場合も。
フォロー体制が整っている会社であれば、未経験スタートに不安を感じる人も安心ですね。

それでは、詳細を見ていきましょう。

販売スタッフ

どんな勤務先がある?
    衣料品店、家電量販店、書店、自動車販売店、ドラッグストア、食料品店、携帯販売店 など

販売スタッフが扱う商品は多岐に渡ります。
モノだけでなくブランドもさまざまあるので、自分が好きなモノに囲まれて仕事ができるというメリットがあります。
また、販売方法を工夫することで売り上げを伸ばすこともできるので、やりがいや達成感も得られる職業です。

飲食店スタッフ

どんな勤務先がある?
    レストラン、専門料理店、カフェ、ファーストフード、居酒屋、BAR など

一緒に働く人たちとの連携プレーが必要な飲食店スタッフの仕事は、対顧客だけでなく職場内コミュニケーションスキルも重要です。

また、キャリアアップしていけばアルバイトの教育や新人指導などの業務も加わるので、人を育てるのが好きな人にも向いている仕事と言えます。

努力次第では、他の業界に比べて早めに出世できたり、独立しやすい傾向がある職業です。

介護スタッフ

どんな勤務先がある?
    特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、訪問介護施設、障害者支援施設 など

介護スタッフは、スタート時の年齢がハンデにならないというメリットがあります。
基本的には有資格職ですが、無資格でも働ける介護助手・介護補助のポディションからスタートして資格取得を目指していくのも手段の一つです。
給与が安いと言われることもありますが、資格手当や夜勤手当がつく場合もありますよ。

ブライダルサービス関連職

どんな仕事がある?
    ウェディングプランナー、ドレスコーディネーター、フラワーコーディネーター、ヘアメイクアーティスト など

ウェディングプランナーは営業色が強く、コーディネーターはスペシャリストの要素が強くなります。
ブライダルサービスの醍醐味は、新郎新婦の一生に一度の思い出を作るサポートができること。
昨今は海外挙式の需要が増えてきているので、海外に活躍の場を広げるチャンスもあります

講師・インストラクター

どんな職場がある?
    学習塾、語学学校、学童保育、スポーツクラブ、カルチャースクール など

講師やインストラクターのやりがいとして、生徒の成長を傍で感じられることが挙げられます。
資格や免許を必要としない場合が多いので、未経験から挑戦しやすい仕事の一つと言えます。
また、自分の特技を活かして働けることも嬉しいポイントです。

やりたい仕事が見つかったら、働きたい企業を探して応募をしていきます。
次の章では、応募書類作成のポイントをご紹介していきます。

履歴書・職務経歴書をレベルアップするコツ

採用担当者に「この人に会ってみたい」と思ってもらうのが、内定獲得への第一歩です。

数多くの応募書類の中から採用担当者の目に止まるような書類作成を作成する秘訣は、あなたがどんなことをできるのかイメージしやすくすることです。
人と関わる仕事をしたい人なら、具体的なエピソードを交えながら人と関わるのが得意なことを伝えていくのが良いでしょう。

私は人と関わる仕事をしたことがないので、アピールできそうな具体的なエピソードを持っていません…。
未経験職種への転職の場合は、前職と応募先の仕事で共通するスキルや強み未経験職種への意欲とその根拠を伝えるといいですよ。

以下にご紹介するのは、業界や職種を問わずに得ることができ、人と関わる仕事にも活かせる経験です。
いくつか例をあげるので参考にしてみてくださいね。

顧客または社内の人に喜ばれたこと

顧客または社内で抱えていた問題をあなたのスキルで解決したエピソードがあれば書きましょう。
「○○が不便なことに気づいたので、○○を改善し、○○といった結果を出して喜ばれました」と書くことで、課題解決能力だけでなく積極性や行動力もアピールすることができます。

所属を越えた連携をして良い結果を生んだこと

普段一緒に仕事をしているメンバー以外の人たちと協力しながら、何かを達成した経験はありませんか?
所属や立場が違う人たちと共働した経験は、協調性があることを伝えられるでしょう。
あなたの声がけではじまったプロジェクトであれば巻き込み力があることをアピールできますし、そのプロジェクトをまとめていたのであればリーダーシップを感じさせるエピソードになりますよ。

チームの意見をまとめたこと

チームで仕事をしていると、業務の進め方についてなど意見が割れることもあるかもしれません。
そんな時、あなたが間に入ってチームの意見をまとめあげたなら、調整力のアピールになります。
誰もが納得するような結果を出すためには、メンバーの意見を聞き出し、不満が出ているのであれば解消する必要があるため、こうした能力はチームのマネージメントや顧客からのクレーム対応に活かせると、評価を得やすくなるでしょう。

上記でご紹介した3つの例のように、コミュニケーション能力という言葉を使わずに、人と関わることが得意なことを伝えられるとGOODです!

履歴書・職務経歴書作成が不安な方は、転職ナビの無料サポートを受けてみてはいかがでしょうか。
特に、キャリアアドバイザーによる書類添削がオススメです。

書類審査を通過したら、次はいよいよ面接です!
次の章では、面接官に好印象を持ってもらうために心がけたいことをお伝えします。

面接で好印象を与えるためにしたいこと

人と関わる仕事に応募するからこそ、面接など対面での選考ではコミュニケーション能力をしっかり見られているかもしれません。

せっかく面接までたどり着いたなら、面接官にはぜひ良い印象を持ってもらいたいですよね。
人と関わる仕事を目指すなら、面接では挨拶笑顔話すペースの3点に気をつけましょう。

挨拶

コミュニケーションの基本でもある挨拶はしっかり押さえておきたいところです。
第一印象を決める最初の挨拶と、面接締めくくりの最後の挨拶をキチンとできると好印象に。
人に対するイメージは出会って10秒で決まるとも言われていますので、礼儀正しくハキハキと挨拶しましょう!

笑顔

笑顔を見せることもまた、印象UPにつながります。
面接で笑顔を見せるタイミングは、挨拶の時自己紹介の時面接官が笑った時が良いでしょう。
どんな話題も全て笑顔で対応していると嘘っぽくなってしまう場合もあるので、要注意です。

話すペース

面接官に伝えたいことは山ほどありますよね。でもマシンガントークはNG!いったんグッとがまんです。
面接官は、あなたが対話ができる人なのか、相手の話を聞ける人なのかをチェックしています。
この対策には、話すペースを相手に合わせることが有効です。
面接官の話をよく聞き、相手が聞いた内容に対して的確な答えを出すように注力してみましょう。
すると自ずと、お互いの会話のリズムが整いますよ。

基本的な面接マナーに関しては、以下にご紹介する記事を参考にしてみてくださいね。

まとめ

一言で「人と関わる仕事」と言っても関わり方は職種によってさまざま。
受付のように毎日たくさんの新しいお客様と会う機会がある職業もあれば、営業のように決まったお客様と継続した付き合いをする職業もあります。

そのため、自分に合うのはどんな関わり方かを考えていくと、ぴったりの仕事が見つけられそうですね。

あなたのやりたいことを実現できる職場と出会えるように、仕事探しをしていきましょう!

転職ナビでは人と関わる仕事の求人を多数掲載しているので、よろしければチェックしてみてくださいね。
サポートは、私たち転職ナコウドにお任せください!
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU