JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 転職する勇気を出すために!やってみたい4つの方法

転職する勇気を出すために!やってみたい4つの方法

JOBSHIL編集部
転職する勇気が湧かず悩む男性
この記事のポイント
  • 転職への勇気が出ない原因を知ろう
  • 勇気を出すために試したい4つの方法
  • より良い選択のためのポイントを紹介

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

転職したいと思っているものの、なかなか勇気が出ずに現状維持を続けている人は、意外と多いのではないでしょうか?

現在の環境や仕事など、転職するとなると失うものが多くありますが、転職して得られるものは未確定。

「いい職場に出会えるかもだけど、もしかしたら今より状況が悪くなるかも…」
「転職失敗したらどうしよう…」

そう思うと、勇気が出ないのも無理はありません。

しかし、本当に今のままでいいのか迷っているなら、一歩踏み出す勇気を手に入れてみませんか?
「あのときこうしておけば…」をいう気持ちのわだかまりを残さないために、この記事では転職に踏み出せない理由を知った上で、勇気を出して転職をするためにやるべきことをご紹介します。

転職サイトの転職ナビでは
専任アドバイザーが無料で転職活動をサポート

会員登録はこちら

転職に踏み出せない理由とは?

転職に踏み出すための勇気を持つためには、なぜ転職に踏み出せないのか、その原因を知る必要があります。

代表的な理由としては以下のような理由があります。

転職に踏み出せない原因
  • 次の仕事が見つからなかったら…という不安
  • 現在の仕事を辞める不安
  • 今悩んでいる問題が解決されない可能性に対する不安
  • 家族からの反対
  • お金の不安
  • 自分に自信がない

どれも不安になる気持ちはわかりますが、中にはすぐに解消できる不安や悩みもあるのです。

例えば、「次の不安が見つからなかったら…」「失業中のお金が…」と不安に思っているのなら、働きながら転職活動をすれば新しい職場を見つけてから転職できます。

また、お金が不安だけど退職してから転職活動を行いたい場合には、雇用保険の基本手当などを利用することも可能です。
どのくらいの期間、どの程度の金額をもらえるのかが分かると、具体的な計画を立てやすくなります。

▼失業保険について

もちろん、簡単には解決できない不安や問題もあります。
「大丈夫!」「自信持って!」と誰かに言われたからといって、今の仕事を辞める不安や自分に自信がないことは解決しませんし、「言われてできたら苦労しないよ…」と思いますよね。

転職は失うものが明確な割に、得られるものが不確定なので、簡単に解決できないのは当たり前です。

しかし、転職をしないことで失うものもあることを忘れてはいけません。
それは、時間です。

働ける時間は限られていて、年齢を重ねれば求められるスキルや経験も増えていくものです。

そうすると転職は今よりも難しくなることがほとんどなので、勇気を持てずにズルズルと続けてしまうのはあまり得策とは言えません。

では、どうすればいいのでしょうか?

転職する勇気を出すためにやってみよう

ズルズルと悩んでいるのは良くないとはいえ、どうすれば勇気が湧いてくるのかな…?

言うのは簡単でも実際に勇気を出すのは難しいですが、そんなときは以下のことを考えてみるのがオススメです。

勇気を出すためにやること

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

転職するメリットを考えてみる

転職するデメリットはすぐに思いつくものですが、それだけ考えていては前には進めません。

そこで転職することで得られるメリットを考えてみましょう。

例えば、「志望企業の平均年収は今より高いから、給料は上がりそう」「子供を育てながら働いている人が多い企業なら、仕事も続けやすそう」など、まずは自分の行きたい企業や、行きたい業界などについて調べてみて、いいところをたくさん探してみます。

転職したらありそうないいことを探すだけでも、少し勇気が湧いてきますよ。

10年後の自分を想像してみる

自分の将来について考えてみるのもオススメです。

10年後、今の仕事を続けていたら自分の生活はどうなっているのか、転職したら10年後はどうなっていたいのか。
今の会社で働き続けた自分や転職した自分の10年後を想像してみましょう。

もちろん、プライベートのことを想像してもOKです。

「結婚して子供は二人。でもしっかり働いていたい」
「役職をつけて、年収○○万円くらいは稼ぎたい」

このように理想像を考えてみて、そこにたどり着くまでにやるべきことなどを逆算してみると、今の会社にいてそれが叶うのか、転職したほうがいいのかが見えてくると思います。

転職活動の具体的なスケジュールを考えてみる

転職に勇気がわかないのは、先行きの不透明さも原因かもしれません。

そんなときは、転職活動の具体的なスケジュールを考えてみるのがオススメです。

転職には平均で3か月程度かかると言われていて、大まかには以下のようなスケジュールになっています。

転職のスケジュール

まずはゴールとなる期日を設定して、そこから逆算しながら具体的なスケジュールを考えてみましょう。

転職活動の進め方は、以下の記事に詳しくまとめてありますので、参考にしてみてください。

自分のいいところを探してみる

自分に自信がないという方は、まず自分の長所を探したり持っているスキルの整理から始めてみましょう。
とはいえ、それが簡単にできれば苦労はしませんし、どうすれば見つけられるのか悩みますよね。

だからこそ、まずはこの2つを試してみてください。

長所を探す

いきなり長所はと聞かれると、パッと思いつかないかもしれませんが、そんなときは以下の一覧からと自分にあうものを探してみてください。

長所例一覧
  • 先を考えて行動できる
  • リーダーシップを発揮できる
  • 責任感が強い
  • 人見知りしない
  • 行動力がある
  • 好奇心旺盛
  • ねばり強い
  • 集中力がある
  • 人を楽しませることができる
  • フットワークが軽い
  • 臨機応変に対応できる
  • 誠実
  • 几帳面
  • 素直
  • 穏やかな性格
  • 負けず嫌い
  • 気が利く
  • 協調性がある
  • ポジティブ・前向き
  • 度胸がある
  • 独創性がある
  • 先入観をもたずに物事を見ることができる
  • お金のやりくりが得意
  • 行動力がある
  • 整理整頓が得意
  • いつでも冷静に話をすすめられる
  • 計画性がある

「これって私に当てはまるかも!」という長所を探してみて、見つからないときは自分の短所から長所を探してみます。

ただし、短所から長所を探すときは注意が必要です。
短所と長所は表裏一体とよく言われますが、必ずしも長所=短所というわけではありません。
自分の短所を言い換えるときは、それが自分と他人双方に利を与えているかを考えることも忘れないようにしましょう。

長所の見つけ方は以下の記事にまとめられていますので、チェックしてみてください。

スキルを整理する

スキルを整理するなら、キャリアの棚卸しをしながら自己分析をしてみるのがオススメです。

この方法なら、自分を客観的に見ながら、スキルの整理が行えます

ただし、自己分析をするなら以下のポイントを意識しながら行わないと客観性が失われやすいので、注意が必要です。

自己分析で注意したいポイント
  • 謙遜せず、自分のいいところをしっかり見つける
  • いいことだけでなく、あえて苦戦した経験なども振り返る
  • 人間性だけでなく、社会人としてのスキル面にも目を向ける

自己分析をする際は、以下の記事を参考に行ってみてください。

転職する勇気が湧いたらやりたいこと

ここまでを実践してみて、少し勇気が湧いてきたでしょうか?

転職への一歩を踏み出そうと思ったら次にやってほしいのは、より良い選択をするための下準備です。

転職は絶対に成功するという必勝法があるわけではないので、入社してみたら想像と違ったり、うまくいかなかったりすることもときにはあります。

しかし、事前の準備をしっかりしておくことで、ある程度の選択ミスやミスマッチは減らすことができるのです。

転職をする勇気が湧いたらやりたいこと
  1. 転職したい理由・原因を整理する
  2. 現在の会社で解決できないか今一度考えてみる
  3. 転職活動の計画を立てる
  4. 転職先に求める条件に優先順位をつける
  5. 自己分析・キャリアの棚卸しをする

まず、転職したいと思った原因や理由をはっきりさせます。
ここをはっきりさせておかないと、次の会社も同じような原因で辞めることになるかもしれないからです。

そしてその原因が明確になったら、まずはその原因が今の会社で解決できないかもう一度考えてみましょう。
せっかく転職する勇気が湧いたのになぜと思うかもしれませんが、転職にはリスクが伴うからこそ転職をしないことが最良の選択という可能性もあります

たとえば、上司が原因であれば部署異動が叶うことで悩みが解消されることもあります。
この段階で、まずは転職をすることが自分にとって本当に幸せなのかを考えるのはとても大切なことです。

そして、やっぱり転職しようと決めたのであれば、まずは転職活動の大まかなスケジュールを考えていきます。
一般的に3か月程度かかると言われているので、自分が新しい職場で働きたい時期から逆算してスケジュールを立てていきましょう。

あとは、転職先に求める条件を整理して優先順位をつけたり、自己分析やキャリアの棚卸しを行って自分を見つめ直したりといった作業を行います。

やることが多くて…覚悟はしていてもちょっと気持ちが重たくなりますね。
たしかに、やることは少なくはありません。でも、順を追って一つずつやっていけば大丈夫。以下の記事を見ながら転職活動の準備を始めていきましょう。

みんなの転職体験談

ここでは実際に転職をした方の体験談をご紹介します。

2回の転職を経験したAさん

新卒入社をした会社は良くも悪くもという感じでした。定時では帰れるけれど、先輩たちを見ていると10年後にこの会社にいるビジョンが見えなくて…。

そんなときに前から気になっていた企業が求人募集をしていて、まあ受けるだけ受けてみようという気持ちで応募したら、内定を頂いてしまって…。正直、けっこう辛い業界だとは聞いていたので、今の安定した仕事を手放す勇気がなかなか湧かず、内定の返事を引き伸ばしていました。

そんなときに家族からの後押しがあったり、やっぱり後悔したくない気持ちもあって、勇気を出して転職しました。
まあ結局失敗だったんですけど…(笑)

やっぱり忙しすぎて体がもたず一年で辞めることになりましたが、幸い二回目の転職で良い会社に出会うことができて、今は最初の会社よりも豊かな生活ができています。
正直、一年で辞めてしまったときはもうだめだと思ったんですが、退職理由がしっかりしていれば受け入れてくれる企業は結構たくさんありました。

一回目の転職は失敗でしたが、その失敗があったからこそ今の生活があるなと感じているので、勇気を出して転職をするのもいいのかなと私は思います。

まとめ

転職は大きな選択なので、そう簡単に決断できないのは当たり前のことですが、だからといって無理をしたり、理不尽なことに耐え続けるのが正しいわけではありません。

もしかしたら、失敗してしまうかもしれない。
しかし、それ以上に得るものは大きいかもしれない。

未来は分かりませんが、今回の記事を参考に自分の気持ちを整理してみると、進むべき道が見えてくるかもしれません。

真剣に未来のことを考えた時間が無駄になることはないので、焦らず自分の未来に向き合ってみてください。

転職活動が一人で心細いと思ったら、私たち転職ナコウドにご相談ください。一緒に転職活動を進めていきましょう。
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU