JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 異業種へ挑戦したいあなたへ!転職成功するための3つのコツ

異業種へ挑戦したいあなたへ!転職成功するための3つのコツ

JOBSHIL編集部
異業種への転職をしようとしている男性
この記事のポイント
  • 異業種転職はやりたいことの明確化を
  • 未経験業種への転職難易度とは?
  • 異業種転職のコツを紹介

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

今の仕事とは違う仕事がしたいと思っても、経験のない業界に飛び込むのは勇気がいりますよね。

「業界が違うと働き方とかもぜんぜん違うかも…馴染めるかな…」
「そもそも中途で未経験って需要あるのかな…」

と不安になる方もいるのではないでしょうか?

とはいえ、実際に異業種に転職した人はたくさんいますし、求人サイトには未経験歓迎の求人も数多く掲載されています。

そこで今回は、異業種転職を目指す際のコツや、どんな業界が未経験でも転職しやすいのかをご紹介します。

転職サイトの転職ナビでは
専任アドバイザーが無料で転職活動をサポート

会員登録はこちら

あなたはどっち?異業種に転職したい人の特徴

今やっている仕事とは全く違う業界に転職したいと思っている人は、大きく2パターンに分けられます。

・やりたい仕事がはっきりしているタイプ
・とにかく今の仕事は辞めたいタイプ

やりたい仕事がはっきりしているなら、それに向かって進んでいきましょう!

しかし、やりたい仕事=向いている仕事とは限らないのが難しいところ。
自分の長所とその仕事に必要なスキルが合致しているのかを、一度冷静に見直してみるとより良い転職ができるかもしれません。

とにかく今の仕事とは別の仕事がしたい!という方は、転職してどんな仕事をしたいのかを考えることからはじめましょう。

とはいえ、どんな仕事がしたいのか具体的には浮かばない方もいると思います。
そんなときは、「これだけはやりたいくない」「こんな働き方はしたくない」「こんな職場はいやだ」といったやりたくないことをまとめてみましょう。

すると、だんだんとやりたいことが絞られてくるはずです。

異業種転職は同業種への転職のとき以上に、「なんとなく」を減らす必要があります。
その理由は後ほどご紹介するので、まずは転職の方向性をしっかり定めていきましょう。

異業種転職って実際どうなの?

やりたいことが見えてきたとはいえ、「そもそも異業種転職って実際どうなの?」という不安から転職に踏み出せない方もいるでしょう。

異業種転職しやすい業界は?

まず気になるのが、そもそも未経験可の求人はどのくらいあるのかだと思います。
転職ナビの求人で調べてみたところ、約半数の求人が未経験可という結果でした。

そして未経験可の求人の中でも特に求人が多い業種についても気になりますよね。
一般的には、IT系やWeb関連、サービス関連などが転職しやすいと聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか?

未経験可の求人数グラフ

※2019年3月22日時点の転職ナビの求人数を元に作成

圧倒的に多かったのはサービス・外食・レジャー系ですが、その他にも、不動産・建築・設備系、最初の予想にもあったIT・Web系などが多い結果になりました。

また、製造系や小売・流通系も比較的多くなっています。

「未経験可の求人数が多い=異業種転職しやすい」というわけではありませんが、求人数が多いということはチャンスはその分多いはずです。

若くないと異業種転職は難しい?

もう一つ気になるのが、異業種転職は若くないと難しいのかということです。

20代のうちはそれほど気にならないかもしれませんが、年令を重ねると同業種から転職してくる人より不利であると感じてしまうこともあるかもしれません。

たしかに、年齢を重ねれば求められることは増えますが、異業種転職だからといっていままでの経験やスキルが役に立たないわけではありません。

マネジメントや後輩を指導した経験などは、どの会社でも年齢を重ねれば必要になってきますし、一番大切なのは前職までの経験をどのように活かせるのか、自分でしっかり把握できているかです。

また異業種であっても、経験を生かして転職する方法もあります。

異業種で今までの経験を活かすには?

年齢が高くなってからの異業種転職はハードルが高くなりがちですが、実は異業種転職には同じ職種のまま異業種へ転職するという方法もあります。

たとえば、不動産の事務からIT系の事務、製造の営業から商社系の営業など、同じような職種への転職であれば異業種転職でも内定の可能性が高くなることも。

前職で培った職種特有のスキルやマネジメント経験など、その職種であればどの企業でも役に立つスキルがあるはずなので、自分のスキルを洗い出しておきましょう。

異業種転職を成功させる3つのコツ

異業種転職は同業種への転職に比べてハードルが少し高いので、その分しっかり準備をして挑まないといけません。
ここからは具体的にどんな対策をしていけばいいのかを詳しくご紹介します。

まず、転職活動を始める前に以下の3つを、自分の中でしっかり整理してまとめておきましょう。

異業種転職を成功させる3つのコツ
  • 目的を明確にしよう
  • これまでの業種と何が違うのか認識しよう
  • 今後のキャリアプランを考えよう

最初の章に異業種転職は同業種への転職のとき以上に、「なんとなく」を減らす必要があるとあったと思いますが、その理由は「なぜ慣れている仕事ではなく、覚えることもたくさんある全く違う業界を選ぶのか」という採用側の疑問に対して、納得のいく答えを提示しなければいけないからです。

転職の目的をはっきりさせず、なんとなくで転職活動を進めてしまうと、退職理由や志望動機、自己PRに一貫性がなくなり、話を聞いている側も「じゃあ何がしたいの?」となってしまいます。

だからこそ、回答に説得力を出すためには、目的を明確にすることが大切であり、さらなる説得力を増すためには今までの仕事と志望する仕事の違いを認識しておくことと、キャリアプランについてしっかり考えておくことも重要です。

「今までの仕事とはここが違う。だから、この業界にチャレンジしたい」
「5年後10年後にはこんな仕事をしたい。そのために今、転職する必要がある」

異業種転職では、自己アピールはもちろんですが、転職をしてどういう自分になりたいかもしっかり語れるようにしておくことで、より採用担当者に熱意が伝わりやすくなります。

選考で採用担当者が見ていること

異業種転職では、同業種への転職で注目されるようなことだけでなく、以下のようなポイントも注目されています。

採用担当者の注目ポイント
  • どの仕事でも活かせるポータブルスキル
  • これまでの経験を異業種でどう活かすか
  • この業界を選んだ理由

まず、異業種転職では専門的なスキルよりも、汎用性の高いポータブルスキルがより注目されます。

ポータブルスキルとは

汎用性が高く、どんな業種や職種でも活用できるスキル。
例えば、情報収集能力や、状況把握、スケジューリングスキル、対人スキルなどが当てはまります。

そして、ポータブルスキルも含め、今まで培ってきた経験を今後の仕事でどう活かすかも、採用担当者が気になる部分の一つです。

今までの経験やスキルの活かし方は、とりあえずスキルだけ伝えて、後は相手にマッチングしてもらうという姿勢はNG

志望先の特色と自分のスキルを自分でしっかりマッチングさせて、どのように活かせるかあなたの言葉で説明することが大切です。

そしていちばん重要なのが、この業界を選んだ理由です。
つまり、業界の志望動機ということなのですが、どんなことを伝えればいいのでしょうか?

異業種転職の志望動機を考える方法

業界の志望動機って、普通の志望動機とは違うんですか?
普通の志望動機は志望企業への志望動機なので、厳密に言えば違います。ただ、どの志望動機を考える場合でも、企業・職種・業界の3つの視点から考えるのが基本なので、考え方は変わりませんよ。

3つの視点から志望動機を考えておくと、「なぜこの業界を志望したのですか?」という質問だけでなく、「会社の志望理由」「同業他社と志望企業の違い」など他の質問にも対応しやすくなるだけでなく、その他の回答にも矛盾が生じにくくなります。

業界の志望動機では以下のような内容を盛り込むのがオススメです。

志望動機に盛り込む内容
  • 何に魅力を感じたのか(強み・伸びしろ・可能性など)
  • 志望するきっかけになったエピソード
  • 自分を採用することのメリット
  • どのような仕事に取り組んでいきたいか

この内容を、効果的に伝えるためには、以下の順番で話すことを意識してみましょう。

志望動機の伝え方
  • この業界を選んだ理由
  • 活かせる経験・スキル
  • 入社後に実現したいこと

ただ単に「この業界に入りたい」では、あなたの気持ちは伝わりません。

「この業界でどう活躍していきたいか」
「自分の力で企業や業界にどんな利益が生み出せるか」

という視点で伝えると、採用担当者も分かりやすいはずです。

まとめ

異業種転職は難しいという印象がありますが、同業種の転職と、やることは実はそんなに変わりません。

大切なのは、転職の目的や仕事をする上での軸となる考えをしっかり持っているか、そして、それを書類や面接で伝えることができるかです。

異業種の場合は、この部分が特に重要になってくるので、まずは自分と向き合ってこれからについてしっかり考えてみることから始めてみてはいかがでしょうか?

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU