JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 編集部コラム
  2. 自宅の仕事で報酬もやりがいも手に入れよう!在宅ワークの始め方

自宅の仕事で報酬もやりがいも手に入れよう!在宅ワークの始め方

JOBSHIL編集部
自宅で始める仕事
この記事のポイント
  • 稼げる在宅ワークばかりじゃない
  • それぞれの職種には適性がある
  • 在宅ワーク詐欺防止のチェック項目

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

インターネットの普及で情報のやりとりがスムーズになり、在宅ワークをする人が増えています。

自分が都合の良い時間に働けるということに魅力を感じ、様々な人が在宅ワークを始めています。

また在宅ワークでは、自分の趣味やスキルを活かして報酬を得ることができやすいので、やりがいを感じている人も。

しかし在宅ワークの中には、極端に報酬が少ない案件や、信用できない会社の案件もあります。

そこで今回は、在宅ワークを始める上での注意点を説明した上で、スキル別の職種を在宅ワーク職種をご紹介します。

都合のいい時間に働く方法は、在宅勤務だけではありません。フレックスタイム制や時短勤務などを取り入れる企業も増えているので、よかったら転職ナビで探してみませんか?

転職サイトの転職ナビでは
専任アドバイザーが無料で転職活動をサポート

会員登録はこちら

在宅ワークのメリットとデメリット

在宅ワークのメリットは、毎朝出勤する必要も苦手な社員とやりとりする必要がないことです。

それに、業務の進め方を自分で決められる自由さに魅力を感じる人は少なくありません。

一見良いことばかりに思える在宅ワークにも、デメリットはあります。

例えば、作業時間は長いにも関わらず、ほんの少ししか報酬が得られない案件もあります。

また、自宅で仕事を進めるため、プライベートとの区別が付けにくくなるのもデメリットの一つです。

さらに案件の数次第では、スケジュール管理が難しくなることもあります。

つまり、在宅ワークで成功するためには、自分の適性を見極めてそれに適合した案件を見つけることが重要になるのです。

例えば単純作業がメインの案件は、コツコツと仕事に取り組むことが得意な方が、お小遣い程度の収入を得るのにぴったりの案件だと言えます。

自分の経験やアイディアを活かした案件を見つけられれば、報酬の他にやりがいを得ることもできます。

また、前職の経験を活かした案件であれば、一般的な会社員と同等の収入を得ることも可能です。

次の章では適性やスキルに合った在宅ワークをご紹介しますね。

【適性・スキル別】在宅ワークをご紹介

この章ではこれらの適性やスキルに合った在宅ワークをそれぞれご紹介します。

適性・スキル別・在宅ワーク一覧

コツコツした作業が得意

一つの作業に集中して取り組めるという得意分野を活かせる仕事に文字起こしがあります。

文字起こしは、会議などで録音された音声データを、聞きながら文字に起こす仕事です。

音声データ1分につき90~100円程度の報酬が支払われる出来高制ですが、慣れてくれば業務を効率化することもできます。

またデータ入力の仕事もコツコツ取り組める方が活躍できる仕事です。

文字通り数字などのデータを入力する仕事で、報酬の目安は1文字0.1~1円程度。

的確な内容をスピーディに入力することで高収入が期待できるので、PCでのタイピングの技術はマストです。

この他にもコツコツ進めることが得意な性格の人が活躍する在宅ワークはたくさんあります。

コツコツ頑張れる人向きの仕事
  • 筆耕
    賞状や式辞に毛筆で宛名を書く仕事
  • 名刺入力
    名刺に必要情報(会社名・住所・ 役職)を記入する仕事
  • 商品モニター
    企業の商品を試してアンケートで感想を伝える仕事

人と話すのが好き

初対面の人とも難なく話せる方は、電話を使用した仕事がオススメ。

実は、コールセンターのオペレーター業務を在宅で請け負うことも可能です。

しかし同じオペレーター業務でも、その内容は商品やサービスに関する問い合わせ対応から、クレーム対応まで多岐に渡ります。

また、在宅ワークとはいえシフト制勤務なので、勤務時間の融通が効く方でないと続けるのは困難かもしれません。

しかし難しい仕事だからこそ、時給1,000円以上月収20万円を手にできる案件もあります。

自分に合った案件を見つけるためにも、まずは業務内容をしっかり確認しましょう。

コールセンターのオペレーター業務以外にも、電話での仕事はたくさんあります。

電話があれば始められる仕事
  • モーニングコール
    指定の時間に電話をして依頼主を
    起こす仕事
  • 相談員
    特定の自治体に住む人を対象に
    悩み相談を受ける仕事
  • 在宅秘書
    企業の秘書業務(電話対応)を
    請け負う仕事

自分のセンスを活かしたい

未経験からアイディアを活かした仕事を始めたいなら、在宅で始められるライターの仕事がオススメです。

ライター業には企業から渡されたテーマを元に原稿を書く場合が多く、そのジャンルはニュースコラムやノウハウ記事、ECサイトの商品説明など多岐に渡ります。

まずは幅広い案件を受けながらスキルを磨き、ゆくゆくは自分の得意分野を活かして記事作成をすることも可能です。

報酬はライティングスキルに応じて異なりますが、1記事2,000~30,000円程度と、金額には幅があります。

同じく書き物をする仕事にはシナリオライターという仕事があります。

最近ではゲームのシナリオ執筆の需要が高いので、ゲーム好きの方にとっては趣味を活かせる仕事です。

ライティングの経験がない方は、同人で作るゲームのシナリオ担当から始めることもできます。

研鑽を積んでゲームメーカーに勤務できれば、月収12~15万円を得ることも可能です。

ライティング以外にも、自分のセンスを活かせる仕事はたくさんあります。

例えば手芸が得意なら、手作り商品の販売を始めてみるのも選択肢の一つです。

最近は、手作りのアクセサリーや小さな生活雑貨など、手作り商品を買いたい人と売りたい人をつなぐECサイトが注目を集めています。

これらのサイトを利用すれば「自分の作品を出品したい!」という方も簡単に自分のオンラインショップを持てるようになりました。

また、写真撮影が趣味なら、自分が撮影した写真をストックフォトの会社にオンラインで販売する在宅ワークも。

ストックフォトとは、頻繁に使用されるシーンを想定されて撮影された写真素材のこと。

大手のストックフォト会社では幅広いジャンルの写真を募集しており、カメラマンの経験がない方でも簡単に応募できます。

ストックフォトとして登録されるまでに時間がかかることもありますが、一度登録されれば販売額の30%程度を手にできるので、自分を表現しながら報酬を得たいという方にはぴったりな職業です。

デザインのスキルを活かしたい

PhotoshopIlustratorなど、専門のデザインソフトを使いこなせる方は、イラストレーターとして活躍する選択肢もあります。

イラストを描くだけでなく、企業がサイトで使用するロゴをデザインするなど、仕事内容は多岐に渡ります。

スキルによって報酬は異なりますが、モノクロのイラストで3,000円以上、カラーになると5,000円が相場とのこと。

しかし、実績を積んでスキルを高めれば、報酬アップを目指すことも可能です。

その他にもデザインソフトが使える方には、イラストレーターの他にWebデザイナーとしての活躍の場があります。

メイン業務はWebサイトのデザイン作成ですが、制作物納品後もクライアントから定期的に管理費として報酬が得られるのが魅力です。

htmlやCSSなどコーディングの知識と経験が問われる仕事なので、専門性が高い分だけ需要も高い職業だと言えます。

この他にも、デザインスキルを活かせる仕事はたくさんあります。

デザインソフトを使った仕事
  • DTPオペレーター
    雑誌や書籍などのレイアウトをデザインする仕事
  • LINEスタンプクリエイター
    自分のアイディアを活かしたLINEスタンプをデザインする仕事
  • パターナー
    ファッションデザイナーが作成したデザインを型紙に起こす仕事

教育業界の知識を活かしたい

在宅ワークには学習塾で働いていた経験や教員免許を活かせる仕事がたくさんあります。

例えばネットを介したテレビ電話を利用してオンライン家庭教師をする人も増えているとのこと。

従来の家庭教師と変わらない業務を自宅で進められて、高い時給を手にできるのが魅力です。

また、受験用問題集の構成を考えたり編集を担当する仕事もあります。

問題集を作ったり、分かりやすい解説をするためには各科目の専門知識が必要になるため、高い収入を得ることも可能です。

専門的な経験はないものの教育に携わりたいという方には、テストの採点や作文の添削を行う仕事がオススメ。

採点や添削を行う際には初心者向けマニュアルが用意されているので、教員免許や講師経験がない方でも始められます。

前職・現職のスキルを活かしたい

仕事で専門的なスキルを身に着けているなら、それを活かした在宅ワークを始めるに越したことはありません。

プログラミングを始めとするWebに関する深い知識がある方は、エンジニアプログラマーとして複業を始めるケースも多いそうです。

自分で営業活動を行い案件を獲得する必要がありますが、場合によっては報酬が50万円以上になる案件も。

プログラミングを完成させた後も定期的にメンテナンスを行うので、安定した収入が得られる職業です。

また、既に製図作成ソフトのCADを使いこなせるスキルが充分にあれば、自宅に居ながらCADオペレーターとして活躍できます。

クラウドソーシングで案件を見つけることもできますが、なかには在宅勤務が可能な会社もあるので、始める前にはどんな募集があるのかきちんと調べてみましょう。

また、旅行代理店やホテルで働いた経験添乗員として活躍された経験がある方にオススメなのが、旅行プランナーです。

旅行プランナーは、旅行代理店に代わって旅行プランを企画立案し、その旅行プランが遂行されれば報酬が得られる仕事です。

やってみたい在宅ワークは見つかりましたか?
次の章では、在宅ワークを始める上での注意点をご紹介しますね。

在宅ワークで気をつけること

家で仕事をする人が増える中で、それを利用した在宅ワーク詐欺が存在します。

例えば簡単な作業だけで高収入を得られる!と広告しているものは詐欺の危険性があります。

こんな特徴の在宅ワークを見つけたら、受注を避けておくと安心です。

在宅ワーク詐欺の特徴
  • 実績が乏しい
  • 作業時間が短いのに報酬額が高額
  • 身分証明書のコピーを要求してくる

在宅ワーク詐欺を避けるためには、発注元の企業について調べてみることをオススメします。

インターネットで検索してみてなんだかちょっとあやしいなと感じたら、仕事を受けない方が賢明です。

安心して仕事に打ち込むためにも、信用できる会社を見つけましょう。

また、いざ在宅ワークを始めるとなった時に気をつけるべきことは、得意先と信頼関係を築くこと。

そのために、密なコミュニケーションを取る努力をしましょう。

もらった連絡にすぐ返すことはもちろん、報告・連絡・相談をこまめにすることが大切です。

このような真摯な対応を続けることで、企業から「この人には安心して仕事を依頼できる」と信頼してもらいやすくなります。

企業の信頼を得て継続して仕事をもらえれば、安定した報酬につながりますね。

まとめ

最近では複業元年と言われるくらい本業以外の仕事を持つ複業に従事する人が増えています。

それだけ複数の収入源を持ちたい人や、趣味やスキルを活かして報酬を得たい人が多いということです。

いずれにしても、在宅ワークという新しい仕事に挑戦することは素晴らしいこと。

在宅ワークは、充実した生活を手に入れたり自己表現を実現させるための一歩にもなりますが、そのためには自分に合った案件を見つけることがとても大切です。

まずはあなたがどんな在宅ワークならできるかを考えたら、複業から始めてみるのはいかがでしょうか?

もし子育てとの両立のために在宅ワークを考えている方は、時短勤務やフレックスタイムを導入している企業で働くという手段もあります。仕事復帰の際は、私たち転職ナビにご相談ください。
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU