JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. STORIES
  2. お客さまも、自分のことも大切にできる職場で働こう|ほけんの窓口【PR】

お客さまも、自分のことも大切にできる職場で働こう|ほけんの窓口【PR】

JOBSHIL編集部
ほけんの窓口日立店

「訪問とか飛び込み営業が大変そう…」
「ノルマがきつそう…」

保険の営業になんとなくそんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

しかし近年、保険は勧められて加入する時代から、複数社の商品を比較し、お客さま自らが選ぶ時代に変わってきています。そんな新しい常識を作り上げたのが、今回ご紹介するほけんの窓口グループ。

「保険営業のマイナスイメージを吹き飛ばしてくれる」
そう語るのは、転職ナビからほけんの窓口に入社したアドバイザーの桑名さんです。

今回は、転職ナビのスタッフが、実際にほけんの窓口でアドバイザーとして活躍している彼女に、入社後の様子やほけんの窓口の魅力を伺ってきました!

ほけんの窓口ってこんな会社

ほけんの窓口グループとは

オリコン顧客満足度2年連続NO.1(2019年現在)の未来型保険ショップを運営する企業。全国に700以上の店舗を展開している。

従来のような訪問営業は行わず、健康や老後などにリスクを感じて自らご来店するお客さまに対し、複数の保険会社の商品からピッタリの保険をご提案するスタイル。

お客さまの満足度が高いことはもちろん、5年連続増益増収と経営面でも右肩上がり。
未来型保険ショップの先駆けとして20年前に創業して以来、100万人以上のお客さまとご契約するなど、その実績は確かなものです。

躍進を続けるほけん窓口グループですが、それは以下のような姿勢あってこそです。

ほけんの窓口の姿勢
  • 保険という商品を通して安心・安全を提供
  • 笑顔が輝く人づくりに取り組む

お客さまへの姿勢も素敵ですが、今回注目したいのは従業員の働きやすさです。

人材育成に力を入れたり、活き活きと働ける環境整備に取り組んだりと、社員が笑顔で前向きにチャレンジできることをほけんの窓口では大切にしています。

ほけんの窓口での働き方

ほけんの窓口の店舗で活躍しているのはアドバイザーコンシェルジュの2職種です。

まずはそれぞれの職種について、詳しくご紹介します。

アドバイザー

お客さまとの相談会を担当し、提案・契約までを行う。40社以上の保険商品から、お客さま一人ひとりに合った保険選びのお手伝いをする。

【主な仕事内容】
・ご相談内容・ご要望のヒアリング
・ライフプラン設計(シュミレーションソフトでライフプランを作成)
・保険商品のご提案
・契約後の保険内容確認・ファイリング

コンシェルジュ

ほけんの窓口の顔であり、受付・事務をメインにを行う。事務職ではあるものの、お客さまと接する機会が多い。

【主な仕事内容】
・来店予約の受付・来客対応(電話やメール)
・お客さまのご案内、お茶出し、お子さまのお世話
・契約書類チェックや各保険会社への書類請求などのアドバイザーサポート
・パンフレットや資料の補充
・データの入力、本社へのデータ送付
※店舗の飾りつけなど、アイデアを活かせる業務も!

アドバイザーは相談会を通じてお客さまに安心を、コンシェルジュはお客さまに気持ちよく過ごしていただける環境を提供するために、日々業務に取り組んでいます。

コンシェルジュはアドバイザーがより働きやすくなるよう資料を準備したり、アドバイザーもコンシェルジュが忙しいときはサポートしたりと、協力し合える環境がほけんの窓口の特徴でもあります。

ちなみに、アドバイザーとコンシェルジュどちらも未経験歓迎で、教育制度もしっかりしているので、安心して入社できます。

今回教えてもらったのは、アドバイザー職についてですが、店舗の雰囲気や福利厚生などコンシェルジュ志望の方にも参考になるお話を聞くことができました。

実際に転職ナビで転職サポートをさせていただいた桑名さんのお話をもとに、ほけんの窓口で働く魅力をイメージしてもらえたら嬉しいです。

登場人物紹介

アドバイザーの桑名さん
アドバイザーの桑名さん
転職ナビから応募し、現在ほけんの窓口で活躍中。2人のお子さんを育てるお母さんで、子供が生まれてからはパートを続けていた。
丹羽祥太
丹羽祥太
転職ナビのほけんの窓口セールス担当。求職者と企業様との素敵なマッチングを生み出すため、日々、企業側のサポートをしている。

桑名さん、本日はよろしくおねがいします!まずは、アドバイザーの1日のお仕事の流れを教えて下さい。
出社後はまず朝礼があり、今日やるべきことをメンバー全員で確認します。その後は、お客さまの対応や、契約に伴う事務作業などを行って1日を過ごします。
ある日の1日の仕事の流れ

【09:30】出社
朝礼を行い、前日の振り返りや当日やることの確認などの情報共有


【10:00】1組目の相談会
ライフプランなどを聴いた上で、一人ひとりに合った保険商品をご案内


【11:45】お昼休憩
休憩時間を、比較的自由なタイミングで取れる


【13:00】2組目の相談会
通常は3~4回の相談会を繰り返した後に、保険商品の契約へ


【15:00】個別勉強会
相談会の後すぐに、先輩社員が時間を取ってアドバイス。業務を進める上で不安に思っていることや疑問点も、この場で解消


【17:00】提案資料作成
2回目以降にご予約頂いているお客さまへの提案資料を準備


【18:30】退社
ほとんど定時で退社できるので、プライベートも充実

お客さまのご都合優先なので、日によってスケジュールは結構変わります。ちなみにご来店頂いたお客さまへは以下のような流れでご対応します。
お客さまへの対応の流れ

ヒアリング
お客さまから保険に対する不安やどのくらいの保障が必要なのかをヒアリング


シミュレーション
ほけんの窓口専用のシミュレーションソフトで具体的な条件をみる


提案
数ある保険の中から、ご希望に合った保険商品をご提案

基本的に1回目のご来店ではヒアリングやシミュレーションを2時間程度で行い、2回目以降で商品提案・比較・申込みなどを行います。
2時間もじっくり相談会をするのですね!ちなみに、1日何組くらいのお客さまを接客するのですか?
今はまだ新人なので一日1組程度ですが、先輩たちは平均2組ほど接客しています。ただし、日によるので、0組の日もあれば、4組くらいご対応して1日が終わることもありますね。

ほけんの窓口のここが素敵

ほけんの窓口でお客様対応をするアドバイザー

少し失礼かもしれませんが、保険の営業と聞くとどうしても大変そうなイメージが…。実際のところはどうなのでしょうか?
たしかにそうですよね。私も初めは「営業職だし、数字に追われるのはちょっと…」と思っていました。でも、ほけんの窓口にはそんなイメージを払拭してくれるポイントがたくさんあるんですよ。とくに、この4つ!これが働いている私が感じている、ほけんの窓口の素敵ポイントなんです!
ほけんの窓口の素敵ポイント

▲クリックで、気になる項目へジャンプ!

なるほど。気になるものだらけですね。では、それぞれについて詳しく教えて下さい!

チーム一丸となって課題に取り組む社風

どうしても保険営業というと個人主義のイメージが強いのですが…
ほけんの窓口は、そのイメージとは正反対ですね。実は、ほけんの窓口に転職を決めた理由の一つが、店舗見学時の先輩社員の雰囲気の良さだったんです。みんな活き活きと仕事をしていて、すごく魅力的な会社だなと思いました。

そのイメージは、入社してからも変わりませんでしたか?
雰囲気はイメージそのままでしたね。カンファレンスというみんなで話し合う制度がありますし、気軽に相談できて、自分が間違った方向に行かないように先輩たちがサポートしてくれることも多いので、本当にありがたいです。
そうなんですね。仕事をする上で悩むこともあると思いますが、そういった場があることで着実に成長していけるのは心強いですね。
そうですね。それから、選考時に面接官をしてくれた本社の方の雰囲気が好印象だったんです。面接は一般的に堅苦しいものですが、ほけんの窓口の面接はフレンドリーで、すごく話しやすかったんです。上に立つ人たちの雰囲気がいいのも、入社の決め手でしたね。
分かります。働きやすい環境って、やっぱり行き着くところは人間関係の良さだったりしますよね。

充実しすぎ!2ヶ月半の研修制度

2ヶ月半の研修ってすごくないですか?!(ちょっと大変そう…)
中途採用なのに2ヶ月半みっちり研修があるのは、私も驚きました。しかも、最初の6日間は温泉がある熱海の研修センター!子育てが一段落したタイミングで、こんな経験ができたのはすごくありがたくて、有意義でした。

ちなみに、研修の具体的な内容はどんなものだったのでしょうか?
熱海研修は、接客マインドの研修がメインで、保険でお客さまをお守りするというほけんの窓口のスタンスを学びました。
その後の分室研修では、相談会プロセスや保険の知識が中心なのですが、ここが一番ストイックでした(笑)医療、死亡、損害など、保険の種類ごとにみっちり学んでいくので、未経験の私でも、店舗できちんとお客さま対応ができるようになりました。
ここ(茨城県)から東京へ通うのは、大変ではなかったですか?
実は都内での研修では、自宅が遠い私のために会社が社宅を用意してくれたんです。
なので、社宅で隣になった女の子と検定の勉強をしたり、ロールプレイングをやってみたりと、なんだか合宿みたいで楽しかったですね。年齢もバラバラですが、同期とは今でも連絡を取り合い、飲みに行ったりしています。

自分に嘘をつかずに仕事ができる

実際に働いてみて、ほけんの窓口でのお仕事内容についてはいかがですか?
ほけんの窓口は、保険を販売するというよりは、お客さまを守る商品をご提案するイメージなんです。しかも、「この保険をプッシュしなさい」とか「これを売ったらボーナスアップ」などは一切ありません。
だから、たくさんの商品からお客さまにとって一番良いと思えるものを選べます
それはいいですね!「この商品、本当は売りたくないのに…」って自分に嘘を付きながら働くって、やっぱり辛いですし…。
アドバイザーもお客さまも、双方が納得して契約を結べるので、押し売り感もありません。だからこそ信用していただけるので、お客さまとの良好な関係も築きやすくなります。
私は、転職前からお客さんの人生に深く関わりたいと思っていたので、ほけんの窓口のシステムはとてもやりがいがありますね。

家庭と両立しやすい休暇制度

福利厚生面についても少し伺いたいなと。入社してみていかがですか?
シフト制なので土日休みではないのですが、土日に休みを取ることもできます。もちろん毎週は難しいですが、土日も含めて希望した部分で休みが取りやすいのはとても助かっています。
お子さんの学校の行事などは平日もあれば土日もありますもんね。
そうなんです。あともう一つ便利なのが、時間有給休暇の制度です。ほけんの窓口は1時間から有給が取れるので、子供の学校の用事で遅れたり、早退して病院に行ったりするのにも有給を使うことができるんです!
会社員でありながら、自分で働きやすいスケジュールに調整できるんですね。
そうなんです。また、一般的な企業にある福利厚生に加えて他にも以下のような制度がもあるようです。
嬉しい福利厚生・制度例
  1. 男性の育児休暇促進の促進
  2. 企業主導型保育園との提携による産休・育休後の復職支援
  3. 介護や育児などのやむを得ない事情で退職した場合のカムバック制度
こんな風に、頑張りたい人の背中を押してくれる、頑張りたいと思える環境整備に力を入れているなと感じながら仕事ができています!
今回お話を伺って、転職ナビのユーザーさんにこのお仕事をお勧めしたい気持ちが、さらに強くなりました!最後に、ほけんの窓口が気になっている方に一言お願いします。
転職って不安も大きくて二の足を踏んでしまうと思います。でも、ほけんの窓口は研修制度もしっかりしていますし、保険営業の悪いイメージを払拭してくれる制度もたくさんあります!
また、お子さんのいる女性で、リーダー職として活躍している方もたくさんいるんです。男女や立場に関係なくチャンスがあるのは、夢があってやる気が出ますよ!

ほけんの窓口グループで一緒に働きませんか?

ほけんの窓口のキャラクター、いいとこどり

営業職に抵抗感を抱いていた方もいるかも知れませんが、今回ご紹介した内容からも分かるように、ほけんの窓口はそういったイメージとは全く違います。

お客さまは保険の相談がしたくて予約してくださった方なので、お客さまを説得して売る営業では、逆にお客さまが引いてしまうことも。

「むしろ、数字や売上など営業意識が高い方より、お客さま一人ひとりとのつながりを大切にできる方のほうが、ほけんの窓口には向いているかもしれませんね。」

取材後に店長さんから聞いたこの言葉が、ほけんの窓口のアドバイザー職をよく表していると感じました。

また、アドバイザーとコンシェルジュ、それぞれ仕事内容は違うものの、「保険を通してお客さまに安心を提供する」という目指すところは変わりません。
困っている人の不安や疑問を聴き出したり、気持ちに寄り添ったりしながら働きたい方にこそ、ほけんの窓口はぴったりな職場だと言えます。

そして、転職ナビ経由でほけんの窓口に応募いただいた方には、専任のキャリアアドバイザーが付き、電話での面接対策などをさせていただきます。

電話サポートを利用したユーザー様の内定率は、使わなかった方の3倍にもなるという結果も!

少しでも興味を持っていただけたら、まずは求人内容からお気軽にチェックしてみてください。

個人ノルマは一切なし!「ほけんの窓口」のアドバイザー

【社員定着率95.8%】の高水準 / 年休120日以上!

業界未経験90%以上!「ほけんの窓口」のコンシェルジュ

充実の研修制度で未経験でも安心 / 年休120日以上!

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU